ビジネス

転職面接で「3年後、5年後のビジョン」を問われた時の適切な答え方!

転職に臨むにあたっては、3年後、5年後、更には10年後までのビジョンを持っておく必要があります。「3年後、5年後に自分はどんな仕事をしていたいのか」「どんな力を身に付けていたいのか」を考えておくのです。

なぜなら、企業は基本的に「長期的な貢献が期待できる人物」を採用したいと考えているからです。間近の条件面だけを求めて応募してくる人は求めていません。この両者をふるい分けるために、ビジョン(未来)を問う質問がなされます。

特に、最終面接を担当する経営陣は「ビジョン」を最重要視しており、一次・二次面接を担当する人とは視点が異なります。なぜかいつも最終面接で落ちてしまう…なんて人はビジョンが見えないことが原因である可能性が高いです。

<ビジョンに関する質問の一般例>

  • 3年後、5年後(10年後)のビジョンを教えて下さい!
  • 3年後にはどんな人材になっていたいですか?
  • あなたは5年後、どうなっていたいですか?
  • 当社に入社した後のビジョンを聞かせて下さい!
  • 将来的にどのような役職に就きたいと考えていますか?

言葉こそ違えど、全てあなたのビジョンを問う質問です!

ここは、3年後、5年後、10年後を時系列で具体的に語れるようにしておきたいですね。10年後に関しては、社会人経験が浅い人は難しいかと思いますが、漠然とでもいいので10年後までを想定しておきましょう。

考え方としては、まず10年後の理想像を描き、「そのためには5年後にはこの段階まで、それには3年後にはここまで、1年後には…」といった形で逆算し、期限ごとの目標を立てていくのがおすすめです。

 


 

企業がビジョンを問う意図とは?

面接の質問には必ず意図があり、このビジョンにおいてもそれは同じです。適切な回答を導くため、企業の質問意図を把握しておきましょう。

<企業がビジョンを問うことで確認していること>

  • 期間を区切った上でのビジョンを確立できているか <将来性>
  • 自社の方向性とズレていないか <マッチング>
  • 自社の仕事を理解しているのか <マッチング>
  • 目標達成意欲(向上心)はあるか <将来性>
  • 自社への入社意欲(志望動機)は本物か <本気度>

 
これらの質問意図から考えると、回答のポイントは「応募企業で実現できるものであること」「志望動機と一貫性があること」「仕事上でのビジョンであること」の3点です。

あなたがいくら「5年後は〇〇になりたい」と熱く語っても、応募企業でそれが実現不可能であれば、非マッチングとなって不採用です。これらビジョンに関する質問は、あくまでも「応募企業に入社して〇年後にどうなっていたいのか」を答える必要があります。

また、あなたの語る内容が「志望動機」と一貫性があることも重要で、これが実現できれば説得力が格段に増します。この点も十分に意識して回答を準備しましょう。そして、転職の面接ですから、ビジョンを問われてプライベートなことを語るのはもちろんNGです。

応募企業や募集職種のことを詳しく調べていないと「適切な答え」が提示できない…企業からすると、将来性・マッチング度・本気度を一度に見極められる良問です。

でも、逆の捉え方をすると、ここでビシッと適切な回答をしめすことができれば、あなたの評価は間違いなく高まります。つまり、求職者からしてもライバルとの差を付けられる良問なんです。

 


 

ビジョンに対する質問の回答モデル!

ビジョン

ビジョンに対する質問への適切な回答を知るため、OK・NG回答例を見ておきましょう。

あなたは5年後、どうなっていたいですか?
 
<OK>
カスタマーサポートとして実績を積んだうえで、5年後はリーダーシップを発揮し、御社でカスタマーサポート部門のマネジメントを担う人材になっていたいと考えています。
 
また、カスタマーサポートの仕事は、担当者の能力が売上を大きく左右すると考えているので、人材育成にも力を注ぎます。そのためにも、お客様のご要望を的確にとらえ、他社に負けないサポート体制を構築して売上を伸ばしていきます。
 
 
<NG>
カスタマーサポート部門の部長を目指します。無理だと思われるかもしれませんが、やるからには大きな目標を持って取り組みたいと思います。目標が低ければそこまでしか到達できないと考えているので、人がやる2倍以上働き、高い志を持って働いていきます。
 

OK回答例は、求人情報から求められている人物像を読み解き、目標を達成するまでの道のりを具体的に語ることができています。このレベルの回答であれば、「この人は分かっているな」という評価がもらえるはずです。

一方、NG回答例は、非現実なことを語るだけで「具体的な方策」は一切ありません。転職においては、精神論だけで面接官を納得させることはできません。

 

当社に入社した後のビジョンを聞かせて下さい!
 
<OK>
まずは御社での仕事を覚え、一人前のエンジニアとして自立することを3年以内に実現します。そして、5年後には私も32歳になり、社会人経験が10年を超えることになるので、自分の仕事だけでなく、部下や後輩にも気を配り、チーム全体の業績を担う立場に就いていたいと考えています。
 
具体的には、前職では10年前後の経験者が15名前後のメンバーを率いるリーダー職に就いていましたので、御社におけるプロジェクトリーダー職に就いていたいと思います。
 
そして、自分の業績とチームの業績の両方に責任持ち、目標を達成し、次のステップであるマネジメント職への足掛かりを掴めればと考えています。

3年後、5年後、その先のビジョンを時系列で具体的に語ることができています。入社後のステップアップの構想がイメージできるので、面接官も応募者の見立てに共感してくれるはずです。

ビジョンに関する質問は、決して生易しいものではありません。しかし、質問の意味をしっかりと理解した上での「入念に準備された回答」は、必ずやあなたにプラスとなって返ってくるはずです。

 


 


関連記事


有益な転職サイト