ポイント

面接で「年下の上司でも大丈夫ですか?」と聞かれる理由とNG・OK回答例

中途採用の現場においては、新しい会社に入社することによる「立場の変化」に対応できる人物かどうかも採用基準となり、その確認に用いられるのが表題に代表される「年齢に関する質問」です。

転職するということは、あなたの年齢に関わらず転職先では新入社員です!

そのため、年齢に関係なく「新人」であることを自覚し、「一から仕事を吸収していこうとする謙虚な姿勢」や「新しいやり方を取り入れる柔軟な姿勢」を持っているかどうか…これが面接で探られるんですね。

特に「平均年齢の若い会社」や「求職者が配属予定部署の上司の年齢を上回っている」といったケースでは問われる可能性が高いです。

  • 上司が年下でも気になりませんか?
  • 職場には年齢差の大きい同僚もいますが問題ありませんか?
  • 職場での年齢ギャップは気になりませんか?
  • 当社は若い社員が多いですがやっていけますか?

言葉こそ違えど、全てあなたの「柔軟性・対応力・姿勢」を見極める質問です。ここに疑念を抱かれると不採用確率が高まるので、質問意図を理解した適切な回答を準備しておく必要があります。

 


 

企業の質問意図 ~企業はここが知りたい~

大まかな質問意図は前述した通りですが、具体的な企業の懸念事項は以下の通りです。この質問の本質的な部分なので、しっかりと把握しておきましょう。

<企業はここを気にしている!>

  • 若年層の既存社員と良好な人間関係を構築できるのか
  • 年齢を言い訳にせず、前向きに仕事に取り組めるのか
  • 自社の状況や求められる役割を理解しているのか
  • 若い社員との関わり方について考えているか
  • 新入社員としてスタートする覚悟を持っているか
  • 自社で新たにスタートする気持ちで応募しているか

職場で年齢を気にするような人材は、どの企業であっても敬遠します。あくまでも「仕事の場」ですから、年上、年下の区別なく円滑に人間関係を構築できることをアピールする必要があります。

特に管理職経験者の場合は、若い(年下)社員に対して少し「上から目線」になりがちなので注意が必要です。ここは、経験やプライドを捨て、一から仕事に取り組むという謙虚な姿勢を伝えることに注視しましょう。

また、この質問の答えとして求められているのは「肯定的な回答」オンリーなので、はっきりと「問題ない」「大丈夫」と言い切ることが大切です。その際のポイントは、過去の経験を踏まえた上での理由を語ることです。

 


 

年齢に関する質問の回答例
質問:当社は若い社員が多いですがやっていけますか?
 
<NG>
若い社員の方々が多いようですが、私は30代中盤に差し掛かるので若干の不安はあります。正直、体力や記憶力は以前より衰えてきているように感じますが、厳しい雇用情勢ですのでそんなことも言ってられません。なるべく年齢は気にしないようにして、若い社員の方々と意見が合わなかったとしても、何とか業務を遂行していきたいと思います。
 
<OK>
年齢に関しては全く気になりません。前職でも20代の社員を中心としたチームで業務を行ってきました。むしろ、同年代や年齢の高い社員以上に、打ち解けて仕事ができたと思います。年齢に関わらず、御社に入社できましたら新入社員ですので、一日でも早く社員の皆様から信頼を得られるよう積極的に溶け込んでいき、これまでの経験を生かして御社に貢献したいと考えています。

自ら不安を口にするような人物は、採用リスクを考えると怖くて雇えません。OK回答例のように、経験則による「問題なし」を語ると同時に、新入社員としての自覚と、積極的に馴染もうとする「柔軟な姿勢」をアピールする必要があります。

 

質問:上司が年下でも気になりませんか?
 
<OK1>
もちろん気になりません。組織で働く上で年齢の上下は関係がなく、年下でも年上でも、上司の指示に従って円滑に仕事を進めていくことが大切だと考えています。実際に前の職場でも年下の同僚や上司はいましたし、しっかりとコミュニケーションを取って業務を遂行してきた経験もあるので問題ありません。
 
<OK2>
業務を進める上で年齢は関係がないと考えているので、上司が自分より年下かどうかは全く気にしていません。また、年齢に関係なく他の人から学べることは多くあります。実際に前職では、若い新入社員から学ばされることもたくさんありました。御社に入社できましたら、年齢に関係なく、良いことはどんどん取り入れて貢献していきたいと思います。

両者共に、「会社組織で働く上で年齢は関係がない」という観点から切り込んでいる回答です。経験に裏付けされた内容も含んでるため、十分に通用する内容です。

OK例文を参考に、適切な回答を準備しておきましょう。

 


 


関連記事


有益な転職サイト