職務経歴書

職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。

嘘

転職では過去の「経験」や「実績」を問われるのが普通ですが、実績は高いほうが良いに決まっています。

バカ正直に「目標未達」「前年比85%」「同期の中で営業成績が下位」と書くことは、「私は能力が低いです」と自ら言っているようなものですからね。

ゆえに、実績を「嘘」で脚色することに問題はなく、本音と建前が入り乱れた転職活動ではむしろ当たり前です!

但し、以下の事実を頭に入れておく必要があります。

  • 採用側は実績が盛られていることを知っている!
  • 採用側は書かれた実績を素直に受け取らない!
  • 実績も重要だが、そのプロセスがもっと重要!

この事実を理解せず、ただ単に高い実績を並べ立てても意味はありません。

実は、「職務経歴書の実績に嘘を書く・書かない」「嘘がばれる・ばれない」なんてことは指して重要ではないのです。

これが意味するところを詳しく解説していきます。

 

 

実績に対する「採用側の視点」を理解しておこう!

解説

職務経歴書は転職おいて重要なアピール媒体となるので、自分をより良く見せるために脚色するのは間違っていません。

ただ、その想いが強すぎるあまり、「こんな経験がある」「こんな実績を挙げた」をひたすらに並べ立てる人がいます。

でも、どれだけ優秀な実績が羅列されていようと、採用側は「あなたが以前の職場で出した結果 = 自社でも出せる結果」と素直に受け取ってくれません。

アイコンびっくり

書いた実績が素直に評価されるなら、書いた者勝ちになってしまいますからね。

職務経歴書に書かれた実績はあくまで「結果」であって、「やった」と「できる」は切り分けて考えられています。

もっと言うと、採用側は職務経歴書に書かれた実績を鼻から疑っています。

  • 会社の「看板」のおかげでは?
  • 会社の仕組みが優れていただけでは?
  • チームのメンバーが優れていたのでは?
  • 運よく優良顧客を担当できたのでは?
  • 実績を脚色しているだけでは?

要は、これらの疑いを晴らす(真偽を確かめる)ために面接を実施するわけです!

ゆえに、求職者は「実績」を書いてアピールすることに加え、ある要素がプラスアルファとして必要になります。

ある要素...

それが、再現性を証明することです!

 

 

実績を再現できることを証明しよう!

サクセス

職務経歴書に記載した実績を、応募先でも実現できること(再現性)を証明する!

これがあなたがやるべきことです。

企業は以下のポイントに注目しているので、再現性がないことには高い実績を並べてもプラスに働きません。

  1. どのような方法で実現したのか?
  2. その方法をノウハウとして確立できているのか?
  3. 自社でも再現できるのか?

これらの疑問を解決する答えを提示し、採用側を納得させる必要があります。

その結果、採用側の思考を以下のように誘導できればベストです。

<実績が評価されるまでの思考の動き>

  1. 応募書類を見る限り、この候補者は優秀な実績を持っているようだ...
  2. どんな方法(プロセス)でこの実績を出したんだろう?(面接で確かめる)
  3. なるほど、その方法なら記載された実績もうなずける!
  4. 応募者はそれをノウハウ(スキル)として身に付けているようだ!
  5. この方法なら自社でも再現できるだろう!
  6. この候補者は自社でも同様の実績をあげてくれるだろう!

ここまで到達して初めて、職務経歴書に記載した「実績」が効力を発揮します。

嘘で脚色した優秀な実績をいくら羅列しようが、面接で証明できなければ意味がない!

これが冒頭でお伝えした、「嘘を書く・書かないは重要でない」が意味するところです。

結局、あなたの答えを聞いて納得できなければ、採用側は「この候補者が記載している実績は嘘だろう」と判断して不採用の烙印を押すだけですから。

 

 

職務経歴書に記載する「実績」に対する責任について!

ビジネス

職務経歴書の実績を盛る、嘘で塗り固める、構いません!

ですが、面接ではその実績に対して「どんな方法(プロセス)で実現したのか?」が問われます。

もちろん、実績が優秀であればあるほど、それに見合った回答が求められます。

要は、実績をいくら盛ろうが構わないが、「書いた実績には責任を持たなければならない!」ということ!

 

嘘で採用される怖さを理解していますか?

仮に、大きな脚色が功を奏して採用となった場合、以下のことを理解しておかなければなりません。

入社後は職務経歴書に記載したレベルの成果が求められる!

当然です、それを期待して採用したんですから。

問題ありませんか?

あなたの入社前に、転職先の職場では、「すごい奴が入ってくる」なんて噂になっているかもしれません。このプレッシャーは相当なものですよ。

結局、経歴書に記載した実績は、良い意味でも悪い意味でも、後に自分自身に返ってくるということです。

  1. 嘘を書く
  2. 再現性を証明する必要がある
  3. 採用側を納得させられなければ不採用
  4. 語る内容から嘘がバレると不採用
  5. 仮に上手くいっても、転職先ではそのレベルが求められる
  6. 期待外れに終わった場合、白い目で見られて居づらくなる可能性がある

この事実をしっかりと見つめ、記載する「実績」を決定して下さい。

私的な考えを述べさせてもらうと、「多少盛る程度なら積極的に行うべきだが、大きく盛るのは慎重を期すべき」といった感じでしょうか。

一つ絶対に避けるべきは、アリもしない実績を創作することです。

要は、「0を1にする嘘」ですね。

これで採用までいってしまうと、転職後に大きな後悔となって返ってくるからです。

この点は注意して下さい。

 

類似の参考情報

実績に対する多少の脚色は問題がないとお伝えしましたが、転職活動においては「絶対についてはいけない嘘」というのも存在します。

興味のある方は、以下のページも参照いただければと思います。

嘘本当
参考転職の面接で付いて良い嘘と付いてはいけない嘘

続きを見る