嘘

職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。

職務経歴書の実績を「嘘」で盛って書いても構わない!

転職はこれまでの経験や実績を問われることが多く、実績は高いほうが良いに決まっています。バカ正直に「目標未達」「前年比85%」「同期の中で営業成績が下位」と書くことは、「私は能力が低いですよ」「不採用にして下さい」と自ら言っているようなものです。

実績を「嘘」で脚色することはむしろ当たり前のことであり、それがバレることもありません。求職者が過去に在籍していた会社に連絡し、「〇〇さんのこの実績は本当ですか?」と問い合わせる企業もありません。

ただし・・・、ここからが重要なんですが、以下を頭に入れておく必要があります。

採用側は実績が盛られていることを知っている!
採用側は書かれた実績を素直に受け取らない!
実績も重要だが、そのプロセスがもっと重要!

この事実を理解せず、ただ単に高い実績を並べ立てても意味はありません。実は、「職務経歴書の実績に嘘を書く・書かない」「嘘がばれる・ばれない」なんてことは指して重要ではないのです。

この意味するところを詳しく解説していきます。

 


 

実績に対する「採用側の視点」を理解しておこう!

職務経歴書は転職おいて重要なアピール媒体となるので、自分をより良く見せる為に脚色することは間違いではありません。ただ、その想いが強すぎるあまり、「こんなことを経験した」「こんな実績を挙げた」をひたすらに並べ立てる人がいます。

でも、どれだけ優秀な実績が羅列されていようと、採用側は「あなたが以前の職場で出した結果 = 自社でも出せる結果」と素直に受け取ってはくれません。書いた実績が素直に評価されるなら、書いた者勝ちになってしまいます。

職務経歴書に書かれた実績はあくまで「結果」であって、「やった」と「できる」は切り分けて考えられているんですね。更に言うと、採用側というのは職務経歴書に書かれた実績を疑っています。

  • 会社の「看板」のおかげでは?
  • 会社の仕組みが優れていただけでは?
  • チームのメンバーが優れていたのでは?
  • 運よく優良顧客を担当できたのでは?
  • 実績を脚色しているだけでは?

要するに、これらの疑いを晴らす(真偽を確かめる)ために面接を実施するわけです! そのため、転職者側には「実績」を書いてアピールすることに加えて「ある要素」がプラスアルファとして必要になります。

ある要素…それは「再現性を証明すること」です。

実績を再現できることを証明しよう!

記載した実績を応募先でも挙げられること(再現性)を証明する!

これが転職者のあなたがやるべきことです。
そして、企業は以下のポイントに注目しています。

  1. どのような方法で実現したのか?
  2. その方法をノウハウとして確立できているのか?
  3. 自社でも再現できるのか?

これらの疑問を解決する答えを準備することで、採用側の思考を以下のように誘導できればベストです。

<実績が評価されるまでの思考の動き>

  1. 応募書類を見る限り、この候補者は優秀な実績を持っているようだ…
  2. どんな方法(プロセス)でこの実績を出したんだろう?(面接で確かめる)
  3. なるほど、その方法なら記載通りの実績も出せるだろう!
  4. 応募者はそれをノウハウ(スキル)として身に付けているようだ!
  5. この方法なら自社でも再現できるだろう!
  6. この候補者は自社でも優秀な実績を挙げてくるだろう!

 
ここまで来てはじめて職務経歴書に記載した「実績」が効力を発揮するんですね。

つまり、嘘で固めた優秀な実績をいくら羅列しようが、面接で証明できなければ意味はないということです。あなたの答えを聞いて納得できなければ、採用側は「この候補者が記載している実績は嘘(脚色)だろう」と判断して不採用の烙印を押すだけです。

 


 

職務経歴書に記載する「実績」について

職務経歴書の実績に「嘘を書く・書かない」なんてことは指して重要ではない…とするところの意味が少しは理解いただけたでしょうか。実績を「嘘」で盛りたければ盛ればいいし、その真偽を前職場に確認されることもありません。

ただし、記載されている実績に関しては、「どんな方法(プロセス)で実現したのか?」が絶対に問われます。実績が優秀であればあるほど、それに見合った回答が求められることは言うまでもありません。

つまり、実績をいくら盛ろうが構わないが、「書いた実績には責任を持たなければならない!」ということです。

採用側が納得する答えを提示できないと、「会社の知名度のおかげ」「環境が良かっただけ」「運が良かっただけ」「嘘で盛っている」と判断されるだけです。

また、大きな脚色をしたことで採用となった場合、入社後は記載したレベルの結果を求められます。その点も問題ありませんか? あなたの入社前に「すごい奴が入ってくる」なんて噂になっていたら、プレッシャーは相当なものですよ。ここにも、「記載した実績に対する責任」があるのです。

職務経歴書の実績に対する脚色…多少は許容範囲でしょうが、「ただ単に実績を並べ立てるだけでは意味がない」ということを理解しておいて下さい。そして、経歴書に記載した実績は、後に自分自身に返ってくるんだということも忘れてはいけません。

採用側を納得させることができる、実績を実現した方法(ノウハウ)を面接で語れるか?

この疑問を自分自身に問うて記載する「実績」を決定して下さい。

また、職務経歴書を記載する際は、単に実績を羅列するだけでなく、自己PR欄などを別枠で設け「実現した方法(ノウハウ)」を強みとして簡単に記載することをオススメします。そして、面接にて詳細と再現性を語ることができればOKです。

【類似の参考情報】
 
実績に対する多少の脚色は問題がないとお伝えしましたが、転職活動においては「絶対についてはいけない嘘」というのも存在します。
 
これに関しては「転職の面接で付いて良い嘘と付いてはいけない嘘」にて解説しています。興味のある方は、あわせてご覧下さい。

 


 

関連記事

有益な転職サイト