面接

面接での「違和感」は正しいことが多く、信じるべき感情だ!

違和感

違和感はあなたに危険を知らせる信号である!

面接は応募企業に直接足を運んで行うので、そこで初めて「生の会社」に触れることになります。

会社の雰囲気、担当者の人柄、面接での会話を通して会社を体感するわけです。

そのファーストインプレッションで「違和感」を感じた...。

  • 想像と違う
  • 何かヤバそうだ
  • 自分には合わなさそう
  • 上手く表現できないけど危険な香りがする

この違和感を信じるべきか、それとも、思い過ごしだと判断して無視するか?

これは頭を悩ます問題ですよね。

ただ、私はこう考えます。

自分が感じた違和感は信じるべきだ!

何故なら、違和感とは「自分の想像(理想)とズレている」「自分の望みが満たされていない」という感情をあなたに伝える信号であり、正しいことが多いからです。

アイコンびっくり

仮に、面接を通してプラスの感情を抱いたとすると、違和感が発生することはありません。

むしろ、「この会社で働きたい!」という想いが強まるはずです。

つまり、違和感が発生しているということは、「その会社を避けるべき」を暗に示していると言えるんですね。

正真正銘、違和感はあなたの中から生まれた感情です。

あなたは自分自身の「感情」を信用しないのですか?

 

 

普通、人は「違和感」が発生すると回避行動に出るが...

ビジネス教え

普段のあなたは「違和感」を感じたらどんな行動を取りますか?

恐らく、一度立ち止まって冷静に考え、回避する方向に動くのではないでしょうか。

違和感は自分自身に危険(何かおかしい)を伝える信号なので、当然と言えば当然です。

でも、こと転職(就職)になると「違和感」を信じて行動するのは簡単ではありません。何故なら、違和感を信じて回避することは、選考の辞退を意味するからです。

転職(就職)活動は、体力的にも精神的にも相当な労力を要すので、これはある意味仕方ありません。

一早く活動を終えたいのが全ての人に共通する想いですからね。

その結果、「この違和感は思い過ごしだ」といった考えで無理やり自分を納得させ、違和感を無きものにしようとするのです。

自分の中から発生した感情にも関わらずです。

 

 

違和感の無視は後悔に繋がる可能性も!

転職して後悔する

今、あなたは以下のような感情に支配されていないでしょうか。

  • 内定のチャンスを無駄にしたくない!
  • 違和感が思い過ごしだったら勿体ない!
  • 一日でも早く転職(就職)活動を終わらせたい!

そして、これらの感情が違和感を無きものにしようとする「原因」となっていないでしょうか。

もう一度言います。

違和感はあなたに「危険」を伝えてくれる信号です!

今一度冷静になって考えて下さい。

アイコン鉛筆

ぶっちゃけ、違和感を無視して入社すると、それが現実となった時に100%後悔します。

「あぁ、あの時自分が感じた違和感を信じて辞退しておけば良かった」

でも、入社後に嘆いても後の祭りです。

転職(就職)してどんな会社で働いていくのか!

これ、人生に関わる重大事項ですよね。

だからこそ、人生のほんの一瞬の出来事に過ぎない「内定」という快楽を求め、自分の感情を無視することはおすすめしません。

 

 

私が実際に感じた違和感!

選択肢

私自身、転職を3度経験しているので、数多くの企業で面接を受けてきました。

その際、面接での「違和感」が原因で選考を辞退したことが2度あります。

一つ例に挙げると、ある企業での一次面接時のことです。

面接の内容

面接官が現場担当者だったことで、一般的な面接よりも詳細に仕事内容を聞くことができました。

また、面接の雰囲気も良く、私のことも評価して下さり、面接自体は非常に有意義なものでした。

ただ、面接後に感じたことは「この会社で働きたい!」という熱い想いではなく、仕事内容に対する違和感でした。

私の感じた違和感

この会社に入社すると、前職と同じような負の感情を抱えて働く予感がする...。

要は、前職と同じような「匂い」を感じたんですね。

私が想像していた仕事とは少し異なっており、「何か違う」というのが本音でした。

会社の雰囲気、面接担当者、待遇面に問題は無く、内定も取れそうな手応えもあったので迷いましたが、ここは自分の感情を信じて辞退しました。

正直、当時はそこまで深く考えていませんでしたが、今となっては「内定を得たいがために、人生をも左右する転職で自分の気持ちを偽らなくて良かった」と感じています。

本当はどうだったかは分かりません。もしかすると、辞退しない未来の方が今よりも幸せだったかもしれません。

でも、私は今現在、その時の選択に一切の後悔はありません。

  • 違和感(自分の感情)を信じての辞退は後悔に繋がらない!
  • 違和感を無視することは、後に後悔する可能性がある!

私はこのように考えています。

もちろん、ここでの見解が100%正しいとは言えません。

でも、一つ確かなのは、違和感は自分自身の感情なので正しいことが多いということ。

この事実を踏まえ、熟考していただければと思います。

最後まで進むのも手!

選考辞退の判断ができない場合は、結果が出るまで進んでみるのも一つです。「もう一度面接に足を運び、それでも違和感が消えないなら辞退する」など、自分なりの線引きを設けるのも良いかもしれません。

最終面接後である場合は、会社の口コミサイトなどを徹底的に洗うなど、深い情報収集を行って判断しましょう。