圧力

仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。

仕事をしていると本当に色々なプレッシャーに襲われますよね。

「目標(ノルマ)からのプレッシャー」
「上司・同僚からのプレッシャー」
「昇進・昇格によるプレッシャー」
「会社の期待によるプレッシャー」

社会人として会社に属して働いている人であるならば、誰しもが何らかのプレッシャーを感じたことがあるかと思います。

時にそれは、自分自身を鼓舞してくれる重要な要素なんですが、度が過ぎると「仕事が辛い」「会社に行くのが憂鬱」「上司と顔も合わせたくない」「吐き気がする」「動悸が発生する」などのマイナス要素となって自分自身に襲いかかってきます。

これらマイナス要素が発生すると私生活にまで悪影響を及ぼすので、決して良い状態とはいえません。人間はマイナス要素が発生すると、「それを回避しなさい!」という信号が脳から発せられます。それが故に、上記で挙げたような症状が表面化するんですね。

その結果、大抵の人は以下のように「逃げてプレッシャーを回避すること」を考えます。

  • 今の現状から逃げ出す方法を探す
  • プレッシャーのない仕事をしたいと転職を決意する
  • 会社を辞めることを正当化する理由を探す
  • こんな会社は辞めるべきだと自分を誘導する

でも、ここで考えて欲しいことは、プレッシャーを回避する方法は「逃げる」だけではないということです。そう、それを「乗り越える」という方法も存在するわけです。

両者ともに「プレッシャーを回避する」という同じ結果を生むわけですが、これからの社会人人生においては全く異なった結果を生み出します。だから、私は「逃げる」というプレッシャーの回避方法はおすすめしません。

ここでは、その理由と共に仕事とプレッシャーに関する考え方(向き合い方)をお伝えしていきます。

ここでお伝えすることは、私自身がプレッシャーに押しつぶされ、軽い欝状態に陥り、逃げるように会社を辞めた結果から得た教訓です。

 

仕事をしている限り、プレッシャーは発生し続ける!

まず、プレッシャーを考える上で知っておいて欲しいことは、「どんな仕事にも必ず何かしらのプレッシャーが存在する!」ということです。私は転職を3度経験し、計4社で働いた経験がありますが、これはどんな業界・職種・会社でもそうでした。

つまり、仕事を辞めることで一時的にプレッシャーを回避しても、あなたが別の会社で「仕事」をするのであれば「再び向き合わなければならない時が必ずやって来る!」ということなんです。

仮に仕事をしつつプレッシャーを回避したいのなら、全てを諦めるしかありません。

  • 昇進・昇給を諦めて、プレッシャーの原因である目標やノルマを無視する
  • 会社の仲間から「仕事ができない人間」と思われることを覚悟して、プレッシャーの掛からない範囲で仕事する
  • クビや扱いの悪さを覚悟して、自分本位で仕事を続ける
  • プレッシャーのない非正規(アルバイト)として生きていく

あなたはこんな社会人生活を望んでいますか?
あんたはこんな人生を望んでいますか?

恐らく、望んでいないでしょうし、余程の変人でもない限りこんな割り切った働き方ができる人もいないでしょう。そもそも、それができる人であればこのページは見ていないですよね。

つまり、働いている限りは昇進・昇給していきたい、良い人間関係の中で働きたい、少なからず会社に貢献したい、と考えている人ならばプレッシャーは必ず発生します。

誰でもプレッシャーは感じている!

仕事でプレッシャーを感じているのは、決してあなただけではありません。一見、プレッシャーを感じていないような「同僚」や「上司」であっても、必ず何かしらのプレッシャーと戦っています。

ただ、プレッシャーに怯えている姿というのは、普通、他人に見せたくないものですから、皆がそれを悟られまいと隠して働いているだけです。安心して下さい、決してあなただけではありません。

むしろ、プレッシャーを感じているというのは、仕事に真剣に取り組んでいるからであり、与えられた職務を何とか遂行したいと考えているからです。だから、プレッシャーを感じている状態というのは正常である証です。

あなたが感じているプレッシャーは、過去に「上司」や「先輩」も経験していることがほとんどです。そして、それを乗り越えて来たからこそ、少々のプレッシャーには動じません。だから、あなたから見るとプレッシャーが無いように見えます。

この事実を上手く利用する手もあります。
それは、思い切って相談して「どう乗り越えたのかを教えてもらう」ということです。

上司や先輩からすると、部下が悩みを打ち明けてくれるのは嬉しいことですし、仕事に対して真剣に考えていると捉えますから、意外なほどに親身に対応してくれるものです。

 

乗り越える経験を積まないと、再び同じ壁にぶつかる!

前述した通り、仕事を続けていく限りプレッシャーは発生するので、乗り越える経験を積み重ねていかないと、同じレベルのプレッシャーで一生悩まされ続けます

だから、「逃げる」ではなく「乗り越える」でプレッシャーを回避していくことが重要なんですね。

あなたが「今」やるべきことは、プレッシャーから逃げる方法を考えることでもなければ、会社を辞めることを正当化する理由を探すことでもありません。これをしていると、思考がマイナスとなるので余計に上手くいかなくなります。

仮に、目標(ノルマ)や上司から「成果に対するプレッシャー」を受けているのなら、「どうすれば達成できるのか?」を考えることに頭を使いましょう。昇進によるプレッシャーを受けているのなら、当たって砕けろ精神で自分なりにやってみることです。

何でもそうですが、最初から完璧を目指す必要はありません。あなたに期待してその地位を与えた人も、最初から全てが上手くとは考えていません。「地位が人を作る」「人は慣れる動物である」も結構当てはまります。経験値を積んでいけばプレッシャーは次第に小さくなっていきます。

自分なりに考えて行動する中で「力不足」を感じる点が見つかれば、その点を徐々に強化して少しずつ成果を上げていけばいいんです。悩みが出てきたら、信頼できる同僚や上司に思い切って相談しましょう。

こんな風に少しずつでも成長していけば、いつの間にかプレッシャーは消えていきます。

結果、今のプレッシャーを乗り越えることができれば、あなたに「乗り越えた経験」がプラスされます。すると、次に同じレベルのプレッシャーに出会っても動じなくなります。何故なら、あなたはそれを乗り越える方法を知っているからです。

順々に襲ってくるレベルの高いプレッシャーを乗り越えて成長していく!

ある意味、仕事は一生これの繰り返しです。

給料が増えていかないケースが多い!

プレッシャーから逃げて転職すると必ず給料は下がります。目標を達成して成果を出せる人間にならないと、昇進できず給料も増えていきません。昇進すると責任やプレッシャーが増えますが、それを乗り越えないと更なるUPは望めません。

実は、プレッシャーを乗り越えることは「昇給」と結びついていることが多いんですね。

プレッシャーを乗り越えて成果を出せるということは、あなたが成長したことを意味します。その成長は会社にとって「貢献度UP」を意味しますから、その対価としての給料UPなわけです。

逃げると給料は上がらない!
逃げ続けて転職を繰り返すと、給料は減っていく!

これは紛れもない一つの事実なんですね。

これからの人生設計を考えた時、「今よりも多くの収入が必要になる!(結婚・子供など)」「仕事をする限り、昇給を実現していきたい」と考えているのなら、プレッシャーを乗り越えていく必要があるということです。

最後に

プレッシャーで本当に辛い状況に陥っている方にとっては、非常に厳しい内容であったかもしれません。

ただ、ここでお伝えしたことは「プレッシャー」に関する一つの真実なので、頭の片隅にでも置いて今後の対応を決定して欲しいと思います。

ただ、現実をしっかりと理解しているのなら、人生、時には逃げても構わないと思います。一度プレッシャーで潰されてしまうと、同じ環境で復活することは難しいですからね。

何を隠そう、私自身もプレッシャーから逃げるために仕事を辞めたことがあります。

それでも、今、その経験を糧に生きていますから!

ただ、経験則から一つだけ言わせて下さい。
逃げ続けることだけは絶対にやめましょう!
やっぱりマイナス方向にしか進みません。

これが、最も伝えたかったことです。

 


 


関連記事


有益な転職サイト