面接

面接「今日は仕事をお休みされたのですか?」の質問意図と回答モデル

転職の面接において、在職中の応募者に限定される質問です。

求人企業の多くは、在職中であることを告げると面接時間についても考慮してくれますが、ケースによってはそうした対応が難しいこともあります。いずれにしても、面接担当者としては「応募者が勤務時間中にどう時間を捻出してきたのか」は気になります。

この質問は、面接冒頭の挨拶がてら「今日は仕事が休みなんですか?」とさりげなく聞かれることもありますが、実は応募者の勤務姿勢が浮かび上がる質問であり、求職者としては油断できません。

ここで知っておいて欲しいことは、「ハロー効果」というもの。これは、面接担当者が選考評価を行う上でのよくあるエラーの一つで、最初に応募者から受けたインパクトが、後の評価に大きな影響を及ぼすというもの。

その意味でも、面接の導入時に問われるこの質問はあなどれません。

まず、この質問で絶対に避けるべきなのが「仕事を中抜けしてきました」「体調不良を装って会社を休みました」といったもの。これは間違いなく秒殺(即不採用)されるので注意して下さい。

<質問意図>

  • 誠実な勤務姿勢を持つ人物か?
  • 現職の会社(仕事)に配慮のできる人物か?
  • 現職との調整はどのように行っているのか?

企業の質問意図はここにあるので、社会人としての信用を損なうような回答は絶対にNGです。

特に、外勤の営業職をはじめ、社外業務があって時間にある程度の融通が利く職種の場合、曖昧な答え方をすると「勤務時間中に無断で抜け出して活動しているのだろう」と誤解されやすいので注意して下さい。

 


 

今日は仕事をお休みされたのですか?に対する回答モデル

社会人としての適切な回答がどういうものか、回答モデルからポイントを探りましょう。

<回答モデル1>
はい、本日の面接は15時スタートでしたので、午前中はきちんと仕事をし、午後は半休を取得して参りました。(軽い投げかけ程度なら、この一言でOK)
 
面接の日時が決まったのが1週間前でしたので、すぐに会社に申請し、本日、半日休むことを前提に仕事を進めてきました。業務上支障が出ないよう調整済みなので、万全を期して面接に臨んでいる次第です。
 
<回答モデル2>
はい、この時期は休むのが難しいため、上司と相談して半日の有休を取得しました。職場に迷惑をかけての活動はできないので、先日は面接日時の調整で無理を申し上げてしまい失礼致しました。ご心配をかけてしまったようで申し訳ありません。
 

このレベルで丁寧に説明しておけば、あなたの「入社後の仕事に対する姿勢」に面接官が不安を覚えることはないでしょう。

この質問の回答ポイントは、「疑念を抱かれる可能性のある表現を避け、誠実な勤務姿勢をアピールすること」に尽きます。

このポイントを満たした回答を準備して面接に臨みましょう。

 


 


関連記事


有益な転職サイト