選択肢

転職(退職)理由として「会社の方針」を伝える難しさと成功事例!

転職理由の一つに「会社への不満」がありますが、その代表的なものに「会社の方針に納得できない」「会社の経営方針に合わない」などといった方針との不一致があります。

もちろん、自分自身の考え方と会社の方針が一致している職場で働けるとしたら、それは素晴らしいことです。モチベーションのアップにも繋がるかもしれません。転職理由としても間違ってはいません。

しかし、その事実をありのまま「応募書類」や「面接」で伝えるのは非常にリスキーです!

現職へのストレートな不満や愚痴は、採用側の企業に確実にネガティブな印象を与えます。そしてあなたの語る程度によっては、「会社組織で働くことの本質を理解していない」と判断されて一発不採用です。

それだけ「会社の方針」や「経営方針」との不一致を転職理由として掲げるのは難しいことなのです。だからこそ、どう伝えるべきか、どのレベルなら通用するのか、を理解しておく必要があります。

転職活動において、転職理由「会社の方針」を伝える際の参考にしていただければと思います。

 


 

転職(退職)理由として「会社の方針」を伝える厳しさ

転職理由として「会社の方針」を伝えるのであれば、まずはそれがどれだけ厳しく難しいことであるかを知っておいて下さい。

企業が採用する際に「転職理由」を聞くワケ、それは「応募者の前職への不満は納得できるレベルのものか」and「自社への転職で不満が解決できるかどうか」を確認するためです。

つまり、あなたが転職理由として語る「会社の方針との不一致」が通用するのは、「応募先の企業が納得できるレベルであり」かつ「応募企業であれば解決できる(起こりえない)問題である」という二つの条件が成立している必要があるのです。

逆に、この条件を成立させられなかったとしたら、あなたがどんなに優れた人物であろうと採用は見送られます。だから、あなたは企業選びにおいて、「同じ不満が絶対に起こり得ない会社」「自分自身の考えと一致する方針を掲げる会社」を見つけ出さなければなりません。

問題ありませんか?
見つけられますか?

同じ業界・職種を選択するのなら、同じような方針を掲げている会社は多いです。この事実を把握していますか。「あぁ、うちの会社でも起こり得るな…」と判断されれば、あなたの能力と関係なしに不採用です。

厳しいですが、これが現実です。

 

会社組織で働くことの本質を理解していない…と判断されるリスクもある

あなたは、「なぜ会社には方針というものが存在するのか?」を考えたことがあるでしょうか。

会社というのは、考え方の違う人間が集まって形成されています。人それぞれ考え方は違うので、従業員の数だけ考え方は存在すると言えるでしょう。そして、会社の存在意義は「利益の追求」にあります。利益なくして従業員に給料は払えませんし、会社を存続することもできません。

この現実がある中で、従業員が自分勝手に思いのまま働いていたとしたらどうでしょう。

<自由気ままな従業員のいる会社>

  • 俺はこの方針には納得できないのでこの仕事はしない!
  • 私はこの方針とは合わないので別のやり方でやる!
  • この経営方針は間違っているので従わない!

こんな状態で経営が成り立ちますか?
絶対に成り立ちませんよね。
誰にでも分かることです!

こんな状態で利益が出せますか?
絶対に出せません!
間違いなく潰れるでしょう!

もう何が言いたいのがお分かりですよね。そう、会社の方針というのは、考え方の違う者同士の方向性を一致させ、会社全体として同じ方向を見つめ、利益を最大化させるためにあるということ。

つまり、ここに盾を突くということは、「会社組織で働くことの本質を理解していない」と捉えられる危険性があるんですね。このリスクは絶対に除去できず、どんなに真っ当な理由を語ろうと、表面化した時は不採用確定です。

もちろん、企業や面接官にもよりますが、「なに甘いこと言ってんだ!」「自分の思い通り働きたければどうぞ起業して下さい!」「この人は納得できないことがあると逃げるんだ!」で終わりなわけです。

厳しいですよね。
2つの条件の成立とこのリスク!

これが、転職(退職)理由として「会社の方針」を伝えるということです。

 


 

会社の方針との不一致が通用するケースとは?

実際の面接においてどんな内容なら通用するのか、OK・NG回答からそのポイントを確認してみましょう。

<会社の方針との不一致が通用するケース>
 
<求職者>
「某大手企業との吸収合併により、勤務先の経営方針が180度変わりました。新たな体制ではハイリスクな商品が主力となり、私が顧客に勧めてきた資産運用とは大きなズレが生じたことが転職を決意した理由です。」
 
<面接官>
「あなたがローリスクの商品を販売してけばいいのでは?」
 
<求職者>
「顧客に合わせた資産形成を提案する私のスタイルは、現勤務先では推奨されていません。御社の方向性なら、私の理想とする営業が思う存分にでき、強みも活かせると考え志望しました。」
 
<面接官の感想>
理由が明確で説得力があるな。確かに我が社の営業方針の元でなら、この人の経験をうまく役立たせることができるかもしれない。
 

自身の望むスタイルや得意分野が、吸収合併というやむを得ない事情によって失われた…この経緯があるので、採用側が納得できる内容であり、単なるわがままや浅はかな考えからではないことが伺えます。

また、自身の望む方向性と、応募企業の方針が一致しており、企業選びの視点も間違っていないので、採用に値する人物とみなされるはずです。

何となくでも見えてきたでしょうか。会社の方針への不満を転職理由として掲げて採用選考上に留まるには、このレベルが必要なんですね。後は求職者の能力と他の候補者との兼ね合いです。

 

<会社の方針との不一致が通用しないケース>
 
<求職者>
「アフターサービスの体制を充実しようとせず、顧客の満足度を目標にしないことに疑問を覚えました。売上ばかりを追求する会社の方針に納得いかず、転職を決意しました。」
 
<面接官>
「あなたは社内で改善を図る行動を起こしましたか?」
 
<求職者>
「個人の提案が通るような社風でなかったので、具体的な行動は起こしていません。さりげなく上司に話したこともありますが、真剣に取り上げてもらえなかったので…」
 
<面接官の感想>
会社や上司に対する不満だけか。自分で問題点を改善する意欲が感じられないし、仕事への姿勢が後ろ向きだな。自社に入社しても何か不満があると辞めることになりそうだ…。
 

売上を追求しない企業は存在しないので、語る内容に説得力がなく、改善への行動も見られないため、企業が納得できるレベルに到達していません。

こうした場合、企業は「売上を追求する = 厳しい目標やノルマがある」という体制から逃げただけで、顧客満足云々はただのいい訳だろう…と推測して不採用にします。

会社の方針に限らず、何らかの不満を語る場合は、「上手く言い回しを変え、不満を自分が実現したいことやビジョンへと繋げる」ということが必要不可欠です。

自身の語る内容が、採用側の視点で聞いた時に納得できるレベルにあるのか?

この視点で持って回答内容を見直し、採用選考上に残る答えを準備しましょう。

 


 


関連記事


有益な転職サイト