給料

面接で給料を聞かれない場合は不採用決定?その真実に迫る!

転職の面接では「給料(年収)希望額」を問われるのが一般的です。

求人情報においても「希望額を考慮します」なんて文言が書いてあることが多いので、「聞かれない場合は不採用?」と不安になってしまいますよね。

この気持ちは非常によく分かりますし、「不採用だから聞く必要もないのか?」なんて猜疑心を抱くこともあるかと思います。

実際のところはどうなんでしょう。
給料(年収)の質問有無は合否に関係があるのでしょうか?

この真実に迫りたいと思います。

 


 

質問有無は合否に関係がない!?

ここは先に結論をお伝えします。

安心して下さい、聞かれなくても不採用決定ではありません!

こう結論付ける3つの理由をお伝えしていきます。

 

1.給料(年収)希望額を問うタイミングは企業ごとに異なる!

給料(年収)希望額をどの段階で聞くかは企業によってまちまちで、一次面接で聞く企業もあれば、最終面接で聞く企業もあります。その為、一次、二次面接の段階で聞かれていないからといって「不採用決定」とはなりません。

最終まで終了したが、一度も聞かれなかった・・・。
こんな方もいるでしょうが、それでも不採用決定ではありません。

後述しています。

 

2.給料(年収)は採用側の判断のみで決定されることもある!

応募者の経験・スキルから判断して、採用側が独自に決定することもあります。つまり、希望給料額を問わないケースというのも存在するんですね。

求人情報で「応募者の経験・スキルを考慮して決定」という文言を見たことがあるかと思いますが、企業によっては「こちらで判断させてもらいます」という意味合いの場合もあります。

このケースに該当する場合は、合格者であっても聞かれることはありません。内定通知書と共に給料が提示されるので、その額を見てどう判断するかはあなた次第です。

 

3.最初から最低額を提示するつもりの企業も存在する!

企業は採用リスクを軽減したいと考えているので、本当の実力が分からない段階で高い給料を支払うことを避ける傾向にあります。

基本的にこれはどんな企業にも当てはまることで、営利企業であれば最大経費となる人件費を抑えようとすることは当然のことです。

余程の人物でない限り、中途採用者は一律同額スタートを想定している!

こうした考えの企業も存在するので、聞かれなかったからといって不採用とは限りません。特に、「社会人経験が浅く経験・実績が乏しい若年層」や「未経験職への応募」の場合は基本的に最低額スタートです。

要するに、「給料は入社後の仕事で成果を示し、自分の力で勝ち取って下さい!」というスタンスの企業ですね。

 

最後に!

面接で給料(年収)希望額を聞かれない3つの理由をお伝えしてきましたが、これが転職面接の実態であり「希望給料額を聞かれない = 不採用」は成り立ちません。

事実、私は希望額を聞かれずに内定をもらったことがあります。その時は未経験職種への応募だったので、求人情報に記載された最低額の提示でしたが・・・。

転職の面接や採用に対する考え方は企業によって全く違います。また、採用においてデリケートな部分である合否が、面接の質問有無で簡単に表に出ることはありません。

結果が気になるのは分かりますが、合否は待っていれば必ず届きます。だから、質問有無で右往左往するのはやまましょう。

給料希望額を聞かれても落ちる時は落ちます!
給料希望額を聞かれなくても受かる時は受かります!

転職の面接とはそういうものです。

 


 


関連記事


有益な転職サイト