面接

中途採用の最終面接は顔合わせの場ではない!勝ち抜くための4つの施策!

転職(中途採用)の最終面接を、以下のように勘違いしているとしたら危険です。

  • 最終面接は単なる顔合わせだろう!
  • 余程のことがない限り落とされることはないだろう!
  • 最終まで来れたんだから、新たな対策は不要だろう!

はっきり言って、この考えは相当甘く、経験者を募る中途採用では全く当てはまりません。

実際、最終面接まで進んだ人の内定確率は約30%と言われています。

つまり、不採用となる確率の方が圧倒的に高い!

アイコンびっくり

学生時代の就活と同じ認識で最終面接に臨んではいけません。

新卒採用の場合、企業は一気に何十名、何百名を採用するので、最終まで進んだ人の多くが内定を獲得します。ゆえに、顔合わせの側面が少なからず存在します。

逆に、中途採用は適材適所の極限られた人数しか採用しません。採用人数は1~2名なんて会社が圧倒的多数を占めます。

転職(中途採用)の最終面接は、顔合わせではなく「選考の場」である!

この事実をしっかりと頭に叩き込んで面接に臨みましょう。

ここでは、そんな最終面接を勝ち抜くための4つの施策をお伝えします。

  1. これまでの面接と同様に緊張感を持って臨む
  2. これまでの面接とは雰囲気が異なることを想定しておく
  3. 最終面接担当者の視点を理解しておく
  4. 最終面接担当者に則した逆質問を行う

内定を勝ち取るための参考にしていただければと思います。

 

 

これまでの面接と同様に緊張感を持って臨む

少し精神論的な話になりますが、最もやってはいけないのが「油断」です。

人間とは不思議なもので、油断しているとそれが行動や言動に出てしまうんですね。つい軽はずみな発言をしてしまい、その一言が原因で不採用なんてことはよくあります。

前述の通り、最終面接は「選考の場」であることをしっかりと認識し、気を引き締めて面接に臨んで下さい。

  • 最終面接は単なる顔合わせだから問題ないだろう!
  • 大きな失敗さえしなければ内定をもらえるだろう!
  • これまでの担当者に気に入られているから大丈夫だろう!

こんな油断があなたを不採用に導きます。

また、最終面接に駒を進めたのはあなただけではありません。あなたと同等、またはそれ以上のライバルがいることを忘れないで下さい。

  • 油断して対策不十分で面接に臨んだあなた
  • 油断せず万全の準備をもって面接に臨んだ強力なライバル

どちらが採用される可能性が高いのか?

考えるまでもありませんよね。

正解不正解

これまでの感触が良かろうが、そんなことは忘れて下さい!

これまでの感触は合否に一切関係ありません。

これまでの面接担当者に気に入られてようが、それも忘れて下さい!

採用決定権は持っていません。

重要なのは、最終面接で「採用決定権を持った重役(社長)」にそれを示すことです。

 

これまでの面接とは雰囲気が異なることを想定しておく

ビジネス教え

基本的に最終面接は、採用決定権を持った重役が担当します。

  • 社長
  • 経営者
  • 役員

ゆえに、これまでの面接とは雰囲気が異なることが多く、最終選考の場であることも相まって「これまで以上に雰囲気がピリっとしている」ということがほとんどです。

この事実を事前に認識しておかないと、その雰囲気に呑まれてしまい、いつもの自分が出せないことも。

  • 雰囲気が張り詰めていて、緊張で上手く話せない
  • 頭が真っ白になる
  • 重役の険しい顔に怖気づいてしまう

実は、この雰囲気の違いで自分が出せず、不完全燃焼で面接を終えてしまう人が意外に多いのです。

最終面接はこれまで以上に緊迫感のある雰囲気の中で行われる!

これを面接前から想定しておけば、いざそのような状況に陥っても落ち着いて対処できるはず。

これまでの面接が比較的フレンドリーだった場合は特に注意したいですね。

 

 

最終面接担当者の視点を理解しておく

転職の面接では、一次・二次面接は人事・現場担当者、最終面接は社長・役員が担うのが一般的です。

その際、両者は求職者に対する視点が異なるため、質問の内容や質が変化します。

この事実を理解せず、「新たな対策は不要だろう」と高を括っていると下手をこく可能性が!

最終まで進んだということは、以下の項目は採用基準を満たしていると考えられます。

  • 社会人としてのビジネスマナー
  • 企業文化とのマッチング
  • 経験・実績・スキル・即戦力性など

では、最終面接の担当者はどんな点に注目しているか?

それは、ビジョン(将来性)です!

会社の経営陣である社長(役員)の使命は、会社を永続的に成長・存続させていくことなので、長期的な貢献が期待できる人物に入社してほしいと考えています。

人事や現場担当者のように、直近の配属先や即戦力性だけを見ているわけではありません。

アイコン鉛筆

そのため、この視点の違いを考慮しての対策が必要なんですね。

実際、最終面接では以下のような「ビジョン(将来性)」に関する質問が多く飛んできます。

  • 当社を志望した理由を教えていただけますか?
  • 当社に入社したらどういった仕事をしていきたいですか?
  • 今後のキャリアビジョンについて教えて下さい
  • あなたは〇〇年後、どうなっていたいですか?
  • 今後の業界の見通しについてどう思われますか?
  • あなたから見た当社の課題は何だと思いますか?
  • あなたが当社の社長だったら何をしますか?

志望動機は事前の面接でも問われますが、最終面接では、高い入社意思を示すと共に「将来的にどう貢献していきたいか」まで語ることが大切です。

キャリアビジョンを持っておくことも重要で、3年後、5年後、10年後は最低でも想定しておきたいですね。

更に、「業界全体を捉える視点」「経営的な視点」を持ち併せているかも探られます。

ビジョンに関する一例!

社長
面接「あなたが社長だったら何をしますか?」の回答例文と意図!

続きを見る

要するに、これまでの面接と比較すると「より将来を意識した回答」が求められるということ!

一次面接の段階で対策できていれば問題ありませんが、「ビジョン(将来性)」が薄いと感じるならば、最終面接前にしっかりと準備しておきましょう。

 

最終面接担当者に則した逆質問を行う

指示

最終面接でも大抵は「逆質問の場」が設けられます。

ここにも落とし穴があって、社長や役員に対して聞くべきでない質問が存在します。

  • 細かな人事制度
  • 配属部署の仕事の進め方
  • 給料・福利厚生

これらは、最終面接までに解決しておくべきことで、経営陣に聞くことではありません。

最終面接の逆質問は「経営戦略」や「将来ビジョン」にまつわる質問を行うのが無難!

もちろん、入社意欲を疑われかねない「特にありません」もご法度です。

私は最終面接で「一次面接で聞きたいことは全て聞いたので、特にありません」と回答したことがあります。

これが直接の原因かどうかは分かりませんが、不採用という結果に終わりました。

面接後に非常に後悔したので、同じ過ちは犯さないよう気を付けて下さい。

 

 

最後に!

中途採用の最終面接を勝ち抜くための4つの施策をお伝えしてきました。

  • 最終面接は何がどう転ぼうが選考の場である!
  • 油断することなく万全の体制で臨まないと、内定(30%)は掴み取れない!

もちろん、万全を期したとしても競争相手がいるので落ちる時は落ちます。

ただ、万全を期して臨まずに落ちた時は「後悔」が生まれます。これだけは避けたいですよね。

最終まで頑張って辿り着いたんです、あと一踏ん張りして内定獲得を目指しましょう!

最後にもう一度お伝えします。

顔合わせではありません、選考の場です!