テスト

転職で「契約社員からスタート」に迷った時のベストな判断基準!

基本、転職をする上では「正社員」を前提として活動している人が大半かと思います。ましてや前職が「正社員」であるならば、その可能性は極めて高いはずです。

しかし、企業によっては「中途採用者は契約社員から」と決めていたり、正社員採用を前提に活動している企業であっても、個別に「契約社員スタート」を打診することもあります。

当然、こうしたケースに該当した場合、正社員を前提として活動している求職者は迷います。

  • 契約社員スタートにはリスクがあるのだろうか?
  • 正社員でスタートできる会社を選ぶべきだろうか?
  • 契約社員からスタートしたとして、本当に正社員に昇格できるのだろうか?
  • 志望度の高い会社であっても蹴るべきだろうか?

そこで、ここでは、企業が契約社員スタートを選択(打診)する理由をお伝えするとともに、この実状から導き出した一つの判断基準をお伝えします。

転職活動における「契約社員問題」で悩んでいる方のヒントになりましたら幸いです。

企業が契約社員スタートを選択(打診)する理由

契約社員スタートを判断する上で、企業の意図を理解しておくことは必要不可欠です。「なぜ、企業は契約社員でのスタートを選択(打診)するのか?」といった部分ですね。

企業の考えや思惑は色々とありますが、全ての企業に共通する理由、それは「採用リスクの軽減」にあります。

企業からすると、書類選考や面接を経て優秀に思える人を選んでも、実際に入社して働いてみないことには「採用者の本当の価値(仕事ができるのかどうか)」は計り知れません。求職者の「入社してみないことには会社は分からない」と同じですね。

企業として最悪なのが、「雇ったはいいけど、仕事ができない人材だった」というもの。でも、ここで正社員として雇っていたとすると、その人が規定通りに出社して仕事をする限り、給料は払わないといけないし、クビにもできません。

要するに企業は、正社員契約する前に、その人物の実力を見極めたいんですね。契約社員であれば、「契約を更新しない」という選択が可能であるため、採用リスクを大きく軽減できます。

一昔前のバブル全盛の時代であれば、人を雇えば雇うほど利益は右肩上がりで推移していました。でも、今はそんな時代ではないですよね。そのため、企業は採用リスクをできるだけ軽減する方向に動き、それが「契約社員」という形で表れているんですね。

 


 

契約社員スタートに対する判断基準

前述した企業の意図から考えると、実は「契約社員スタート」に対する判断基準は一つしかありません。

あなたが仕事で成果を出す自信があり、会社にとって必要な人材となれるのであれば、契約社員スタートでも全く構わない!

契約社員スタートはリスクだ、デメリットが多い、避けるべきだ…なんて情報も散見されますが、はっきり言ってここにしか判断基準はないように思います。また、これらの情報を全てのケースに当てはめていては、大きなチャンスを棒に振ることにもなり兼ねません。

基本的に会社というのは、貢献度が高い人材に対しては、何も危惧するところなく「正社員契約」を結びます。優秀な人は逃したくないですし、その人に抜けられると、またリスクを抱えながら採用活動しなければなりません。

もちろん、契約社員から正社員への登用実績があり、その基準が明確な企業であることが前提ですが、この点を満たしているのなら、この基準を用いて判断することをオススメします。

契約社員スタート、一見するとマイナスに感じるかもしれませんが、その会社で働くことのできる機会を得ることを意味します。志望度が高い会社であるならば、前向きに検討すべきではないでしょうか。

  • 魅力的な企業だが、契約社員スタートだから応募もしない
  • 志望度の高い企業だったが、契約社員を打診されたから内定を蹴る

これは非常にもったいないことですし、後に後悔する可能性があります。

特に未経験職への転職では、契約社員を打診されることも多いのですが、これは企業が「異業種出身者だが可能性を感じるので見てみたい」と感じている証拠です。このチャンスを「契約社員スタートだから」という理由で簡単に手放すのはどうなんでしょう。

<契約社員スタートを前向きに検討すべき条件>

  1. 契約社員から正社員への登用実績がある
  2. 契約変更の基準が明確
  3. 仕事で成果を出せる自信がある

この3つの条件が成立している場合(「3」は絶対条件)は、契約社員スタートでも前向きに検討すべきです。「1」「2」に関しては会社に問い合わせたり、情報を拾って調べます。面接時に打診されたのであれば、その場で確認して下さい。

逆に、この条件が成立していない場合や、その会社自体がいまいち信用できない…といった場合は「契約社員スタート」は蹴りましょう。

 


 

契約社員スタートを選択した際は

私の過去の経験を少し交えさせていただきますが、私自身、IT系から販売サービス業への異職種転職の際に「契約社員スタート」を打診されたことがあります。

大手企業の「新規事業」の募集であり、その点に強く魅力を感じていたので、「契約社員スタート」ではありましたが受け入れました。その際の状況を、3つの条件に当てはめると以下のようになります。

  1. 契約社員から正社員への登用実績あり
  2. 店長へ昇格すれば、100%正社員契約に変更
  3. 未経験分野であったが、仕事に真摯に向き合えばやれるはずだ

会社自体の信用度が高かったですし、何よりも正社員への基準が「超明確」だったのが最大の決め手だったと思います。仕事に関しては「まぁ何とかなるだろう」といった感じでしたね。

新規事業の募集であったため、同時期に50名ほど採用されましたが、契約社員であったのは4名だけでした。同期の正社員と同じ仕事をするわけですが、給料は少し低く、ボーナスは半分ほど。

この点は悔しかったですが、逆に私はこの契約社員というのを「同期の中で絶対に上位の評価を勝ち取る」というモチベーションにしていました。その結果、最初の昇級試験で合格でき、無事に「正社員」に任用替えされました。

私自身はリスクを取れる性格だと思っていますが、れでも「契約社員」というは多少の怖さがありました。給料面でも劣る部分があるので、納得いかないこともあります。ただ、ここにめげずに懸命に仕事をすることで、道は開けるということを学びました。

だから、契約社員スタートを選択する人は、恐怖心や悔しさをモチベーションに、正社員よりも仕事をして下さい。そうすればより成果が出しやすいですし、「こいつを正社員にしないわけにはいかない」と思わせることができます。

そして、契約社員として懸命に仕事をした経験は、その後の社会人人生でもプラスに作用します。

 


 


関連記事


有益な転職サイト