面接

面接で「正社員にならなかった理由」を聞く企業の意図と回答例

正社員理由

これまで、派遣や契約社員、アルバイトとして働いてきた人にとって鬼門となる質問があります。

  • これまで正社員にならなかったのは何故ですか?
  • 今まで派遣や契約の雇用形態で働いてきた理由はなんですか?

今回の転職(就職)で正社員を目指す場合、極めて高い確率で問われます。

どう答えるべきか、非常に頭を悩ます質問ですよね。

ここは、適切な回答を準備するため、企業の質問意図と、回答例からポイントを学びましょう。

 

 

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

まずは、この質問を投げかける「企業の質問意図」を把握しておきましょう。

質問意図

  • 正社員になれなかった言い訳がましい内容は求めていない
  • 事実を素直に語ってもらった上で、正社員で働くことに対する意欲や想いを聞かせて欲しい
  • 求職者の能力云々を探る意図も含んでいる

正社員にならなかった(なれなかった)事実は変えようがありません!

仮にあなたに正社員として働く上で十分な能力があったとしても、正社員にならなかった理由が必ずあるはずです。

採用側が聞きたいのはその理由なので、「反論」や「言い訳」は質問に答えていないことになります。

例えば、「正社員登用制度があるにはあったが、適用が厳格で、実質は誰もなれなかった」という事実があるならば、それを伝えることも間違いではありません。

但し、企業はそれが本当かどうかを確かめるすべがないので、実力不足と捉えられる可能性は否めません。

ぶっちゃけた話をすると、採用側は「本当に仕事のできる人であれば正社員として登用されるはず」と思っている節があります。

ゆえに、指摘を素直に受け入れ、今までの経緯を素直に語った上で「正社員で働きたい」という想いを熱く伝えるのがベターです!

  • 安定しているから
  • 待遇が良いから
  • 同じ仕事をしているのに給料が安くて納得できないから

こうした待遇面や不満の裏返し的な動機ではなく、正社員でしか叶えられない仕事へのやりがい、ステップアップの可能性など、仕事に関する部分で自分なりの考えを伝えましょう。

 

 

NG回答例

ngビジネスマン

実際の面接の場でよくある「NG回答」について取り挙げておきます。

NG例①

正社員と同じ仕事をしており、スキル・経験は正社員と同等なので問題ありません。

いくら反論しても、正社員にならなかった(なれなかった)事実は覆りません。

話の中に「正社員と同等の仕事をしていた事実」を織り交ぜるのは問題ありませんが、質問に対して反論だけで片付けるのは良くありません。

NG例②

正社員になるための登用試験に何度か挑戦しましたが駄目でした。

いくら素直に語るべきとは言っても、能力を疑われるような回答(登用試験を突破できなかったなど)も避けるべきです。

 

 

OK回答例

OKビジネス

OK例から回答のポイントを探ってみましょう。

OK例

就活当時は就職氷河期ということもあり、在学中には進路が決まらず、アルバイトをしながら就活浪人をしていました。しかし、それでも良い結果を出せずにいました。

一方、アルバイトは時間の経過と共に任される仕事も多くなり、2年目以降は、アルバイトリーダーとして総勢15名のスタッフを管理しておりました。ズルズルとここまで来てしまったのは、私の仕事に対する認識が甘すぎたことが一番の原因であり、今はそれを猛省しています。

正社員で働くということは、これまでとは責任の重さが全く異なると理解していますが、その分、今までには体験できなかったやりがいを得られるのではないかと思っています。御社への入社が叶いましたら、甘い考えは捨て去り、新卒時より正社員として働いている方々に一日でも早く追いつけるよう、全力で仕事に臨む所存です。

これまでの経過を通じて、自身の反省や振り返りを素直に述べた上で、正社員で働くことに対する想いも交えて語っています。

このレベルの回答であれば採用側も納得してくれるでしょう。

一つ理解しておいて欲しいのは、企業はあなたに期待する部分があるからこそ、面接に呼んでいるということ。

つまり、正社員経験の有無に関係なく、採用する心づもりは持っているんですね。

だからこそ、正社員として働いてこなかった理由が、以下の負の理由でないことを確認したいのです。

  • 責任を負いたくないから
  • 楽に働きたかったから
  • 働くこと自体が嫌だったから

ゆえに、正社員にならなかった理由よりも、「正社員として働くことがどういうことかを理解していること」を示すのが重要なんですね。

非正規として働いてきた理由を素直に話し、正社員として働くことの意欲、想い、責任の重さを交えて語る!

このポイントを意識して回答を準備しましょう。