なぜ

WEB応募と同時に、履歴書・職務経歴書の送付を求められる理由

転職サイト経由のWEB応募の場合、一次選考(書類選考)はWEB上のデータで行われるのが一般的ですが、応募と同時に「紙ベースの履歴書・職務経歴書の送付」を求める企業も増えています。

これ、応募者側からすると本当に面倒くさいですよね。

  • WEBからの応募に経歴も添付しているのに、何故、書類の送付が必要なの?
  • 応募書類の作成・送付には時間とお金が掛かる!WEBデータから判断してよ!

こんな感情が沸き上がってくるかと思います。そこで、ここでは「書類の送付が求められる理由」と「捉え方」について解説していきます。

 

応募者の本気度を見極める為

履歴書・職務経歴書の送付が求められる最大の理由は、「応募者の本気度を見極める」というものです。応募過多となった時なんかによく使われる手法ですね。

転職サイト経由のWEB応募は、志望動機(又は自己PR)さえ用意すれば、後はワンクリックで応募可能なので実に簡単です。そのため、応募者の中には本気度はそれほど高くはないものの、「取りあえず応募しておいて、面接に呼ばれたら真剣に考えよう!」ってな感じの人が結構います。

これは採用側も十分に理解しているので、「本気度の低い人」「取りあえず応募して通ればラッキー的な考えの人
」をバッサリと切りたい時に応募書類の送付を求めるんです。

応募書類の作成は楽ではないですし、手間もかかり、写真と送付にお金も掛かります。だから、送付を求めると「応募者の半分以上」が書類を送ってきません。そのため、書類の送付が「本気度を見極める有効な手段」となっているわけです。

採用側からすると「本気で自社に入社したいのなら、これくらいできますよね!?」ってな感覚です。WEB応募であるが故の弊害が、WEB応募の利点を潰しているのです。

採用側の一方的な都合の為

次に、書類の送付は「採用側の一方的な都合」で行われることもあります。

たとえば、「電子データだと比較検討がしにくい」「合格・不合格者を管理しにくい」「応募者の人柄が見えてこない」といった選考の不便さを解消するためですね。

応募者からすると「それくらいやってくれよ!」と思う部分ですが、紙ベースの書類の方が圧倒的に管理しやすく、より人柄を理解しやすいのも事実です。特に、多くの応募が集まった時なんかはそれが顕著です。

だから、書類の送付を求める。
これも理由の一つです。

応募書類送付に対する捉え方

応募者にとっては何のメリットもなさそうな応募書類の送付ですが、該当企業の選考に参加したいのであれば従うしかありません。

その際は、以下のポイントを意識して書類作成を行いましょう。

  • ビジネスマナーをわきまえた文書であること
  • WEB応募では伝えきれなかったアピールを追加すること
  • 送付依頼後、速攻で作成して送付すること

これらのポイントを満たした書類を作成できるかどうかが合否を分けます。手を抜いた書類では意味がありませんし、ライバルにも勝てません。時間と労力とお金を掛けて書類を送付するんですから、是が非でも面接を勝ち取りたいところです。

そして、書類送付を求められたら、以下のように考えることです。

書類送付だけでライバルが減ってラッキー!

このようにプラスに捉えれば、実は書類の送付にもメリットがあります。転職では、面倒くさいことに対して手を抜かずに全力で事に当たれる人が、早期に内定を獲得して活動から解放されていきます。

 


 


関連記事


転職サイトランキング