嘘情報

転職サイトに「嘘」は当たり前、どう読み解くかが重要!

転職サイトの求人を見続けていると、何だか嫌な気分になってきますよね。

  • この情報は本当?何だか嘘臭い…
  • 良いことばかり書かれていて信憑性が…
  • 本当のことを赤裸々に書いている企業は存在しない?

はい、正解です!
実際の内部事情と異なることは日常茶飯事ですし、会社をより良く見せるために美化された内容でもあります。

つまり、嘘臭いと感じて不信感を抱くのは当然なんですね。「そんなのおかしいじゃないか!!!」と憤りを感じる人もいるかもしれませんが、転職サイトの立場を考えれば、実はおかしなことでもありません。

転職サイトの求人情報に「嘘」や「脚色」があること、実はこれ、当たり前のことなんです!

ここでは、その実態を解説し、それを踏まえてどう読み解くかまでをお伝えしていきます。

 


 

転職サイトは広告である!

まず、転職サイトを利用するにあたって認識しておくべきことが一つあります。

それは、「転職サイトの求人 = 広告」だということです。

転職サイトは企業からお金を貰って求人を掲載しているわけですが、転職サイトにとって求人掲載企業は、TV番組でCMを打つスポンサー的存在です。

そのため、企業に関する悪い情報は皆無で、離職率が高い企業であっても「素晴らしい会社」であるかのように書かれているのが普通です。

というか、離職率が高くて「常に求人を掲載している企業」こそ、転職サイトにとっては最大のお得意様なわけです。求人を見ていると「通年で求人を出しているブラックとして有名な企業」って結構ありますよね。

転職者からすると邪魔な存在ですが、転職サイトにとっては最も大切な存在です。

<転職サイトの目的と真の姿!>
転職サイトの目的は「利益の追求」です。
 
転職希望者に「良い会社」を紹介することを目的としているのではなく、「人材を確保したい企業の求人情報」を転職希望者に提供することを目的としています。
 
つまり悪い言い方をすると、転職希望者がどんな会社に入ろうが、そんなことはどうでも良い訳です。
 
転職サイトは、転職者のことよりも、求人掲載企業のこと「応募が集まっているか」「人材を採用できたか」を気にしています。何故なら、これを実現できないと、他の転職サイトに乗り換えられてしまう(売上が減る)からです。
 
つまり、転職サイトはどちらかと言うと、転職希望者よりもお金を払ってくれる「企業の味方」なんです。

 
これが、転職サイトです。

でも、これは当たり前のこと!
TV番組でもスポンサー企業の商品を悪く言うことはありませんよね。競合他社の商品は番組内で使わないなんて配慮もします。

転職サイトも同じです!
転職サイトを運営する人材紹介会社も「利益なくして成り立たない営利企業」なので、お金を払ってくれる企業の「目的(応募者を募る・人材を確保する)」を妨げる行為は絶対にできません。

つまり、ビジネスの観点で考えると、これは当たり前のことであり、仕方のないことなんです。だからこそ、転職者側は「転職サイト = 広告である」という視点を持っておくことが大切なんですね。

また、全ての企業が内部事情まで赤裸々に書いていたとすると、恐らく「応募したい!」と感じる企業はほぼ見つからないでしょう。

ある意味、それも怖くないですか?

  1. 自社は仕事がきついです
  2. 残業もとてつもなく多いです
  3. ノルマや要求も厳しく生半可な気持ちでは続けられません
  4. 有休の制度は整っていますが、取得できる雰囲気ではありません
  5. 離職率も高めです
  6. だから、求人を募っています

誰が応募したいと思いますか?って話です。

だから、「転職者が応募を躊躇うような情報」は掲載しません。当たり前ですよね、人材を確保するために求人掲載しているんですから。

莫大なお金を使ってTVでCMを流し、自ら購買意欲を損なうような情報を伝える企業はありますか?

この疑問の答えがそのまま転職サイトの求人にも当てはまります。

 


 

あなたは読み解き方を既に知っている!

日常生活を送っていると、実に多くの「広告」を目にするかと思いますが、基本的に広告には肯定的なことが書かれていますよね。広告を出す企業は、自社の商品やサービスを魅力的に見せることが目的なので当たり前のことですよね。

  • あなたはその広告の情報を全て鵜呑みにしますか?
  • 情報を鵜呑みにして何も考えずに購入する!なんてことがありますか?

広告は美化されていると知っているので、決してそんなことはしないはずです。では、普段のあなたならどう行動するでしょうか。

恐らく、「ネットで情報を集める」「口コミを確認する」「実際に店頭でその商品を確認する」などの行動をとり、購入するかどうかをじっくりと吟味するのではないでしょうか。

これは全て、自分にとって本当に必要な商品か(価値のあるものか)を判断する為ですよね。

転職サイトの求人も全く同じです。
転職サイトは広告なので、美化された内容が掲載されています。
掲載企業の「目的(応募を募る)」を妨げる情報も書かれていません。

だから、情報収集(企業研究)をしたり、自分の目で見て判断する必要があるんです。

ネットで情報を集めたり、口コミを確認して、応募するかどうかを吟味する!
実際に面接に行って自分の目で企業を見極める!

これは全て、自分の望みが満たされそうな会社かを確認する為です。

転職サイトは広告である!
広告なので「嘘(美化)」は当たり前!
だから、深い企業研究が必要!

これを疎かにする人が、転職後に「もっと会社の事を調べておけば良かった・・・」と後悔します。

情報過多とも言われる時代です。
調べれば必ず「何か」出てきます!

でも、情報収集にも限界があります。
だから、実際に面接に行って自分の目で見極めるんです。

 


 

それでも転職サイトの利用価値は高い!

転職サイトは、「こんな会社が求人を募っています」を教えてくれているわけで、最初に企業のことを知るのにこれほど便利なものはありません。そのため、たとえ広告であったとしても高い利用価値があります。

更に、転職情報の提供、企業への応募や連絡を行う環境も整えてくれています。転職するのに、こんなにも利用価値の高いものを使わない手はありません。

その際は、以下の3点を意識して利用しましょう。

  1. 広告であることを理解した上で利用する
  2. 興味のある会社を見つけたら、深い企業研究を行って応募を判断する
  3. 面接に行って会社を肌で感じ、そこで働いている人と話し、自分の目で企業を見極める

要は、企業の見極めは、転職サイトに頼ることではなく、転職者自身が行うべきことなんですね。

転職サイトはあくまでも「企業との出会い」をもたらしてくれるだけです。
この事実をしっかりと認識して転職サイトを利用しましょう!

<参考情報>
類似情報として、企業口コミサイトの信憑性を考察したページもご用意しています。興味のある方は合わせてご覧いただければと思います。
 
⇒「転職会議(口コミサイト)の内容に信憑性はあるのか?

 


関連記事


有益な転職サイト