年間休日

転職サイトの「年間休日〇〇日」は本当か?その実態に迫る!

昨今の転職サイトには「年間休日〇〇日」や「残業は月〇〇時間以内」など、労働条件をアピールしている求人が数多く見受けられます。

その理由は、企業側に不利な求人倍率の状況下において、労働条件もアピールしないと応募者を募れないからです。有名企業ならまだしも、無名企業においては特にこの傾向が顕著です。

ただ、転職サイトというのは「こんな企業が求人を募っていますよ」を知らせる広告なので、より多くの応募者を募るために美化された内容であることも多いです。

そのため、求職者からすると、「年間休日〇〇日は本当か?」という真偽は気になります。そこで、ここでは、求人情報に記載された休日の実態についてお伝えしていきます。

 


 

実態1.求人情報に記載された年間休日は最大値

年間休日に関しては、以下の認識を持っておきましょう。

記載されている日数は”最大値”であって、そこから減ることはあっても、増えることは絶対にない!

仮に「年間休日120日」と書かれていればそれがMAX値であり、「会社の規定通り問題なく休めたら」という前提の基での日数です。「入社してみたら、想定よりも休みが多かった」なんてことはまずありません。

特に、年中無休で会社が動いているようなサービス業は注意が必要です。あなたが休みであっても、会社で問題が起きたり、人員不足などが発生すると、休日を削ってでも出勤が求められるからです。

逆に、土日祝日は会社全体(全従業員)が休みの場合は信憑性が高いです。転職の求人にはこうした会社は少ないのが実情ですが…。

これが、転職サイトの年間休日の実態です。

実態2.有休・特別休暇は特に注意が必要

休日の繋がりということで「有休・特別休暇」についても触れておきます。

有休・特別休暇(1年に1回〇日の連続休暇可能など)は注意が必要です。それは、会社の規定としては定められているが、実際に取得できるかどうかは別の話だからです。

有休が規定で定められていない企業はほぼ存在しません。つまり、全ての企業の求人情報に「有給休暇有り」と記載されています。でも、実際に有休が使えるかどうかは入社してみないと分かりません。

これは、会社(部署)の雰囲気、今までの取得実績、どんな業態なのかによってまちまちです。特別休暇に関しても同じです。

私のこれまでの経験から言うと、IT業界で働いていた時は使えました。その後、転職してサービス業に従事してからは全く使えませんでした。使える時は、辞める時…みたいな感じです。

これが実態ですから、有休や特別休暇に関しては求人情報を鵜呑みにしない方がよいでしょう。

 


 

真偽の見分け方

年間休日に関しては、求人情報からその真偽を見分けることは困難です。ここは、転職会議、キャリコネ、会社の評判などの「企業の口コミサイト」を利用しましょう。

これら「口コミサイト」の情報も全ては鵜呑みにはできませんが、休日に関しては書いている人が多くデータも豊富なので、実態を大まかに把握することが可能です。

賢く利用して、その実態を掴みましょう!

口コミサイトにも信憑性を求めるのであれば、「キャリコネ」をおすすめします。登録の必要がありますが、その手間があるため、アルバイトレベルの内容の薄い口コミが少なく、一定の信頼がおけます。

また、求人サイトとしても利用できるので、登録しておいて損はありません。

最後に

転職サイトの求人の休日の実態についてお伝えしてきましたが、結局、転職サイトは広告です。求職者にとって有益な情報は誇張して書かれますが、マイナスなことは記載されずに隠されます。

求職者からすると憤りすら感じる部分ですが、転職サイトが求人掲載企業からの掲載料金で成り立っている以上は仕方ありません。だからこそ、しっかりと自分の目で見極めることが大切です。

情報過多の時代ですから、大抵の企業は情報を探せば何かしらは出てきます。徹底した情報収集と面接での感覚で会社を見極めましょう。

転職サイトの実態や読み解き方を解説した関連ページもご用意しています。
 
⇒「転職サイトに嘘は当たり前!どう読み解くかが重要!
 
興味のある方はご参照下さい。

 


 


関連記事


有益な転職サイト