お試し転職

転職の不安を打ち消す方法「お試し転職」とは?

良い意味で、気持ち半分で転職活動してみる!

転職には様々な不安やリスクが付きまといますし、面接などの恐怖心にも打ち勝たなくてはなりません。

  • 転職したいけど、不安があって動けない
  • 転職したいけど、面接が怖くて一歩が踏み出せない
  • 転職したいけど、上手くいくか不安

この種の思いを抱えて悩んでいるのが実情ではないでしょうか。そんな時におすすめしたいのが「お試し転職」なんですね。

この方法は、今の会社で働きながらという前提のもと、転職する・しないに関わらず、実際に活動してみるという方法です。実際に活動するからこそ見えてくるものがあり、不安や恐怖心も和らいでいきます。

また、転職のリスクの軽減にも繋がるので、以下の項目に当てはまる人は是非とも「お試し転職」を検討して下さい。

  1. 転職活動全般に不安や恐怖心を抱いている
  2. 自分の経歴やキャリアが評価されるか不安
  3. 今の自分の能力やスキルが通用するのか不安
  4. 転職すべきかどうか迷っている
  5. 今の会社の本当の価値が知りたい

転職活動をすることは求職者側に何の不利益もありません。

転職サービス(転職サイト・エージェントなど)は全て無料なので経済的負担はゼロです。応募に関しても制約はないですし、入社の意思に関わらず応募可能です。

お試し転職はこれらの要素が前提で成り立っており、良い意味で「軽い気持ちで適当に試す」「実験する」ということができます。この過程で不安が和らいできた、上手くやれそうな感触を得た、そしたらそのまま転職を実現させればOKです。

 


 

転職活動全般の不安を打ち消す

転職活動全般に不安を抱いている方も多くいらっしゃるかと思います。

  • 転職活動を円滑に進めることができるのか?
  • 書類選考を通過するレベルの履歴書・職務経歴書が作成できるのか?

転職するとなった場合、実に多くのことを行わなければならず、辛く大変な作業が待っています。その最初の関門が「応募書類(履歴書・職務経歴書)」の作成です。

応募書類は「書類選考の結果」を大きく左右するので、重要度の高い作業となります。ここに不安を抱いている人も多いでしょうから、まずはそれが出来るかを試してみましょう。

履歴書の電子ファイルは、「転職に使える履歴書(JIS規格準拠型)」ページにご用意しています。

仮に、応募書類の作成が面倒でやる気にならない、という人は転職を再考すべきかもしれません。

なぜなら、この部分に手を抜く人は書類選考で落とされる可能性が高く、望んだ会社に入社することが難しくなるからです。結果、「手を抜いたレベルでも通用する会社にしか採用されない」という現実に直面します。

仕事を続けながらのお試し転職は、「転職活動に対して真剣に取り組めるのかどうか」も試すことができます。

自分の評価を知って、転職の可能性を見極める

今の自分の能力・スキル・実績は転職市場で通用するのか?

この点に不安を抱いている人が最も多いのではないでしょうか。お試し転職はそんな悩みを解決するのにも最適で、転職サイトを使ってその可能性を探ります。

  1. 実際に応募して市場価値を探る
  2. オファー機能を利用して市場価値を探る

 
<1.実際に応募する方法>
まずは、自分が良いと感じた企業や希望する業種・職種の会社に応募してみましょう。転職するかどうかを迷っている段階であれば、企業を真剣に選ぶ必要はなく、数を打つことが大切です。

ここで探って欲しいのは、「書類選考の通過確率」と「通過する会社の特徴(レベル)」です。これで、自分の経験・スキル・能力が通用するのか、どんな会社から求められているのかを探ることができます。

実験の結果、書類選考がある程度通過するのであれば、あなたの職歴やキャリアに見るべきところがあるということです。つまり、望み通りの転職を実現できる可能性は十分にあります。(興味の無い会社の書類選考を通過した場合は、丁寧に面接辞退のメッセージを送れば問題ありません)

逆に全く通過できなのならば、それは「応募書類に問題がある」or「市場価値に問題がある」のどちらかです。書類が問題ならば修正して再度実験を行います。能力・スキルの問題ならば、転職市場で評価されるレベルに達するまで今の会社で頑張ります。

このように、お試し転職は選択肢を持つことも可能としてくれます。

 
<2.転職サイトのスカウトを利用する方法>
転職サイトには大抵の場合「スカウト(オファー)機能」が実装されています。

転職サイトに登録して「オファーを受け付ける」にチェックを入れておき、どんな企業からオファーが届くのかを確認する方法です。これを試すには業界最大手で圧倒的な求人数を誇る「リクナビNEXT」がおすすめです。

リクナビNEXTのオファー機能を利用し、面接確約の「プライベートオファー」が届くかどうかを確認します。その他のオファーはあまり価値がないので参考程度に留めます。

あなたにある程度の「プライベートオファー」が届くとしたら、あなたの経験は十分に通用します。

あなたの経験やスキルを登録し、面接確約オファーが届くといったサイトも存在します。DODAを運営するパーソルキャリアが手掛ける「ミイダス」という新興転職サイトです。
 

 
転職活動にめちゃくちゃ役立つので、是非とも利用を検討して下さい。詳しい情報をご希望の方は「MIIDASの評判」ページを参照して下さい。

 
転職に迷っている段階の人にとっては少し強引な方法に感じるかもしれませんが、「上手く転職活動を進められるかどうか」「現状の自分が転職市場で通用するかどうか」は、実際に活動してみないことには計り知れません。

 


 

転職活動することで、今の会社の本当の価値が見えてくる

仕事を続けながら、実際に転職活動してみる。

これは、今の会社を再認識する意味でも大切です。

  1. 理想を追いかけて転職を果たした
  2. 想像していた会社(仕事)ではなかった
  3. 転職前よりも状況が悪化した
  4. 前の会社の方が良かった
  5. 転職しなければよかった

こんな後悔をする人が実に多い! だからこそ、転職は今の会社も候補の一つとして検討することが重要なんですね。

転職は今の会社の悪い部分だけではなく、良い部分とも手を切ることを意味します。そして、その良い部分は次の会社では手にできないこともあります。

また、転職しても今の会社より良い会社に入れるとは限りません。あなたが転職して入社する会社は「赤の他人が不満を持って辞めた会社」であることがほとんどです。

これが、転職の現実です。

だからこそ「お試し転職」を通して様々な企業を見て欲しいのです。これは、継続的に一定期間「求人を閲覧するだけ」でもOKです。

魅力的に感じる求人は存在するのか、あなたの転職原因を解決してくれそうな求人は見つかるのか、今の会社を辞めてまで移る価値のある会社は存在するのか。これをお試し期間で見極めて欲しいと思います。

あれっ!?
今いる会社、実は良い会社では?

こんな風に感じても、会社を辞めて活動していたら後の祭りです。

 


 


関連記事


転職サイトランキング