指示

転職の面接で「落ちる人」の特徴と不採用確定の嫌われるタイプ!

転職は適材適所の限られた人数しか採用されないため、企業のニーズを満たした人物であっても、強力なライバルがいれば落ちます。また、人間性や社風とのマッチングも重視されるため、優秀だからといって必ずしも採用されるわけではありません。

要するに、転職の面接には「落ちても仕方がない(求職者に原因がない)ケース」が存在するということ。ただ、ここまで到達できている人であれば、いずれマッチする会社と出会えて内定を獲得できます。

逆に、落ちても仕方がない状態まで至っておらず、面接に落ち続ける人もいます。「そりゃ、落ちるはずだ…」という状態ですね。そして、能力云々は関係なしに、面接官に嫌悪感を抱かれて落とされるタイプの人もいます。

面接で「受かる人」になるため、「落ちる人」の特徴とタイプを把握しておきましょう。

 


 

転職面接で落ちる人に共通する特徴!

転職の面接で落ち続ける人に共通する特徴、それは「転職面接が何たるかを理解しいない」という点に集約されます。

転職面接は「商談」に近いので、「求人情報や企業研究から企業のニーズ(求める人物像)を読み解き、自分がその人物像にマッチしていることをアピールする」ということが求められます。

要するに、「私は御社の求める経験・スキルを有しているので、私を雇ってくれれば御社に貢献できますよ」という採用メリットを伝える必要があるということ。

でも、落ちる人はこれを理解していないので、自分よがりの無意味なアピールを続けます。

<落ちる人の面接に対する姿勢>

  • 新卒採用時と同じように頑張った・やる気・資格をアピールする
  • 企業ニーズを把握することなく、全ての応募企業で同じアピールを続ける
  • 企業の質問意図を理解せず、ロボットのごとく模範解答を繰り返す
  • 面接の質問に対してスムーズに回答することに注視する
  • 仕事で結果を出してこその給料・条件であるにも関わらず、会社が何を与えてくれるかに注視する

これでは面接で落ちてしまうのも当然です。

転職では「過去の経験から具体的に何ができるのか?」が問われるので、「意気込み」や「資格取得」をアピールしても意味はありません。アピールポイントが応募企業で活かせないものなら、それがどれだけ優れていようと効力はゼロです。

面接の質問には意図があるので、その意図を理解した上で、過去の経験に基づいた自身の考えが入った答えを返す必要があります。また、面接は口頭試問ではないので、質問にスムーズに回答できても意味はありません。

企業に採用メリットを与えていないにも関わらず、「給料はいくらくれるの?」「どんな条件で雇ってくれるの?」では商談は成立しません。

転職の面接に臨むにあたっては、「転職面接が何たるか」をしっかりと理解しておく必要があります。これができれば、準備が変わり、アピールポイントが変わり、結果が変わります。

 


 

不採用確定の嫌われるタイプ

面接官が不快に感じて不採用を確定する求職者には、いくつかの決まったタイプがあります。

なぜ、不採用にされるのかと言うと、「一緒に働きたくない」との印象を与えるからです。次のような印象を与える人は能力云々を抜きに不採用となるので注意しましょう。

笑顔がなく暗い人

真面目そうだが自信がなさそうで活気がない。また、ひどくあがっていてずっと緊張している人も採用しづらい。

軽くて馴れ馴れしい人

社会人として最低限の敬語も使えない。緊張をほぐそうと気さくに話しかけたら、馴れ馴れしい態度、友達口調で話してくる。不真面目な印象で、仕事にも真面目に向き合えるとは思えない。

くどくて話が長い人

質問に対する答えがいちいち長くて、結論もないままくどくど話し続ける。暗記した原稿を読んでいるような口調。自己PRを延々と続ける。

偉そうな人

経歴に自信があるのか、態度が偉そうで横柄な人。

前職の悪口を言う人

「たいへんでしたね」など、同情する言葉をかけた途端に、前の会社や上司の不満が次から次へと口をついて出てくる人。

気付き

あなたもこんな人とは一緒に働きたくないですよね?

それは面接官も同じで、この種の印象を抱かれると確実に落ちます。「採用すると配属先でも問題となりそうだ」と判断されるという理由もあります。

転職では「人間性」も重要視されることを理解しておきましょう。

 


 


関連記事


有益な転職サイト