情報源

面接前に調べておくべき極めて重要な3つの情報源!

面接に臨むにあたっては、「応募企業の情報量が合否を分ける!」ということを知っておいて欲しいと思います。これは、全く持って大袈裟な表現ではありません。

企業は「多くの情報を調べてきている人 = 入社意欲の高い人」と見なす傾向があります。もちろん、応募者が持つ経験や能力も重要ですが、企業は「入社する意欲が高い人を採用したい」と考えています。

そのため、面接で「入社意欲」を示すということは重要で、その一つの判断基準に「情報量」があります。

また、応募企業の情報を多く持っていれば、面接官が投げかけてくる質問の意図を理解しやすく、適切な回答を示すことができます。更に、想定外(準備していない)の質問にも対処しやすくなります。

つまり、情報量が多いことは面接の通過率を高める意味でも重要で、強いてはそれが合否を分けることに繋がるんですね。

ここでは、面接前に調べておくべき3つの情報源と、そこから何を読み解くべきかをお伝えします。

  1. 求人情報
  2. 企業ホームページ
  3. WEB上にはないリアル情報

求人情報・企業HPの情報は全て把握しておく!

まず、面接に臨むにあたっては「求人情報」と「企業HP」の情報は全て頭に叩き込んでおきましょう。

これに目を通さずに面接に臨む人はいないでしょうが、一通りパッと目を通すだけではなく、その全てを叩き込んでおくことが重要です。

採用側は「求人情報・企業HPの情報」に関しては、「本当に自社に入社したいのであれば、情報を把握しているのは当たり前だ!」と考えています。

当然、求人情報・企業HPレベルの内容は質問として飛んでくるので、スムーズに回答できないと「入社意欲」を疑われることになります。

気付き

求人情報からは、仕事内容、給料、福利厚生などを把握しておくことはもちろん、最重要事項として「求めている人物像(経験・能力込)」を読み解いておくことが大切です。要は、「今回の採用でどんな人物を求めているのか?」を把握しておくということですね。

あとは面接にて「あなたがその人物にマッチすること」を伝えればOKです。このマッチングなくして内定獲得はあり得ないので、見当違いの無駄なアピールをしないためにも重要です。

次に、企業HPからは会社の「基本情報」を一通り頭に入れておきます。社長の名前、従業員数、拠点数、沿革、理念、業績、現在の取り組みなど、一般に公開されている情報は全てです。

業績(財務状況)については、「現在上向きなのか、それとも下降気味なのか」は最低限。大企業であればHPに「IR情報」が公開されているので簡単に調べられますし、上場企業であれば「Ullet(ユーレット)」というサイトで調べることも可能です。

また、最新情報を入手する上で、企業SNSを閲覧するのも手です。リアルタイムの情報を得ることができ、一般社員が投稿していることが多いので、どんな人が働いているのかを知るのにも役立ちます。

 


 

WEB上にはないリアル情報で差をつける

求人情報・企業HPからの情報把握に関しては、程度の差こそあれ面接に臨む全ての人がやっています。

だからこそ、WEBからは得られない「リアルな情報」を持っているか、これがライバルと差を付けるためのカギとなります。

要は、あなたが実際に行動したことによって得られた情報ですね。例えば、実店舗の見学、OB・OG訪問、会社説明会、セミナー参加、商品利用などから得た情報がこれに当たります。

  • 実際に御社の店舗を複数回ってみたら、こういったものに力を入れていることが分かった!
  • 御社の社員を訪問して、こういった話を聞いた!
  • 業界セミナーでアナリストが、御社の成長戦略をこのように話していた!
  • 御社の商品を使っているが、こんな点に工夫を感じる!

面接でこの種の話ができれば、あなたの「入社意欲」を存分にアピールできます。それが、ライバルとの大きな差になることは言うまでもありません。

インフォメーション

特に、一般消費者に直接的に商品やサービスを展開している「B to C」の業態であるならば、実店舗をいくつか訪問(見学)する、商品を購入してみる、サービスを享受してみる…これは絶対にやっておかなければなりません。

実店舗を展開している企業の面接では、高い確率で「自社の店舗を利用したことがありますか?」と問われますからね。この行動が見られないようなら、入社意欲や志望動機の信憑性が強く疑われるのは言うまでもありません。

まとめ

面接前に調べておくべき3つの「情報源」についてお伝えしてきましたが、別段珍しくも何ともない情報だったかと思います。つまり、面接に臨むにあたっては当たり前のことだということ。

でも、皆がこれをしっかりやっているかと言うと、やっていない!

  • 一通り企業HPに目を通しておけば大丈夫だろう
  • 店舗はあるが行くのが面倒だし何とかなるだろう
  • 何社も応募しているので、全ての情報を頭に入れるの厳しい

これが実状です。

確かに3つ情報源を徹底的に洗うのは大変ですし、リアル情報を得るために行動するのも面倒です。でも、面接に臨むにあたっては絶対にやっておくべきことなんです。

当たり前のことを、当たり前にやれる人…こんな人は転職(就職)でも強いです!

是非、徹底した情報収集を行って面接に臨んで下さい。それだけでライバルとの差を付けることができ、良い結果を得る可能性が高まります。

 


 


関連記事


有益な転職サイト