面接

転職の面接が1回で終了・内定!これってブラック?

面接1回

面接を1回受けただけで内定が出た!

転職の面接は2回以上を設定している企業が多いので、1回で終了となると逆に不安になりますよね。

内定を目指していたにも関わらず、「えっ、もう内定?この会社大丈夫?」なんて感情に襲われたりもします。

  • 面接回数が少ない会社は要注意
  • 面接が1回の会社はブラックの可能性が高い

この種の情報が散見される影響で、内定を得ても素直に喜べないのが実情かと思います。

では、実際のところはどうなんでしょうか?

この疑問に迫っていきましょう!

 

 

面接を複数回行うのは「選定」に過ぎない!

アピール

実は、面接回数が1回だけなのは何もおかしなことではありません!

例えば、面接2回の一般的な事例を見てみましょう。

  1. 一次面接の担当者が「通過者」と「不採用者」を決定する
  2. 最終面接の担当者(採用決定権を持つ人物)が内定者を決定する

何が言いたいのかというと、面接は各段階で各々の人物が「1回」で判断しているということ!

要するに、一発判断は何もおかしなことではないんですね。結局、面接を複数回行うのは、採用決定権を持つ人物に対する選定に過ぎないのです。

社長、役員、重役が決定権を持つことが多いですが、上役に時間を取らせないための配慮みたいなものです。

面接の回数には以下の傾向が見て取れます。

  • 人事部の仕組みが整っている大手企業、応募総数の多い人気企業 ⇒ 選定が必要なので複数回に渡ることが多い
  • 中小零細企業、応募総数が少ない無名企業 ⇒ 採用決定権を持つ人物が最初から面接に参加する場合は1回で終了
  • 緊急を要する求人の場合 ⇒ 早期入社を望んているため1回で終了

これが真なので、面接回数だけで判断するのは早計です。

面接が1回 = きちんと評価していない = 誰でも良い = 人を使い捨てるブラック

この公式は決して成り立ちません。

面接回数が1回だろうが、複数回に渡ろうが、回数に関係なくブラックまがいの会社はいくらでも存在します!

面接の回数がそのまま「企業の実態」を表すなんてことはあり得ません。

  1. 期待して面接を受けに行った
  2. 面接1回で内定が出たので、ブラックだと判断して辞退する
  3. 面接2回で内定が出たので、何も疑わずに入社する

これ、おかしくないですか?

同じ会社ですよ!?

 

 

面接は、「回数」よりも「内容」が重要!

チェックを付ける

面接において重要なのは、「回数」よりも「内容」です!

あなたの受けた「面接」がどんな内容だったかを振り返ってみて下さい。

  • アルバイトレベルの面接
  • 誰でも良さそうな雰囲気(選ぶ意思を感じない)
  • 超短時間で終了

仮に、この種の内容であったのなら注意が必要かもしれません。

この場合は、通年で採用を行っているような「人の出入りが激しい企業(離職率が高い企業)」である可能性があります。

ただし、出入りが激しい会社がブラックだとは限らないので、その場合もしっかりと見極めることが必要です。

  • 完全実力主義で要求やノルマが厳しい
  • 成果を出した人にはしっかりと還元する

世の中には、この種の優良企業がいくらでも存在します。

ただ、厳しさから逃げる人や、ついていけずに辞める人が多いので、この種の会社はどうしても離職率が高くなります。

アイコンびっくり

要は、面接が1回で不安であれば、「徹底的に企業研究を行って見極めることが必要だ!」ということですね。

  • その会社に入社する権利を持っている!
  • 入社するかどうかを判断できる立場にいる!

これって最高の状態ですよね?

だったら、面接回数なんて気にせず、徹底的に調べて判断しましょう。

何故、面接が1回? ⇒ 離職率が高い ⇒ 人が辞める原因は? ⇒ その原因は自分にとってどうなのか?

今であれば、企業の口コミサイトも沢山ありますよね。

複数サイトを利用して多角的に調査すれば、必ず何かが見えてくるはずです。

  • 面接回数だけで判断するのは早計
  • 面接回数よりも「内容」を振り返る
  • 怪しいと感じる場合は、徹底的な企業研究を経て判断する

結局は、面接回数よりも、その企業をより深く知ることが大切なんですね。

面接が1回で怪しいと感じるのは、「もっと企業研究しなさい!」というあなたへの警笛なのかもしれません。

 

20代・若年層向けの特化型エージェント!

第二新卒エージェントneo

第二新卒、既卒、フリーターの転職・就職に特化したエージェント!

一般的なエージェントでは敬遠されがちな「社会的弱者」&「学歴弱者」に強く、親身なサポート(1人あたり平均8時間)を強みにする会社です。

いい就職ドットコム

第二新卒・既卒未就職者・留学帰国者・新卒をメインターゲットとする就職(転職)支援サービスです。

取り扱い求人の「質」にこだわりを持つ会社で、一般的なエージェントとは異なり、事前にある程度の求人の閲覧も可能です。

マイナビジョブ20s

マイナビ唯一の20代専門の転職支援サービスです。

第二新卒・既卒未就職者を中心に、20代の支援に特化しており、この「専門性」にこそ大きな利用価値があります。