検索ビジネス

転職サイトはブラックばかり!と感じる人が知っておくべき3つの真実

転職先を検討する上で「転職サイト」は無視できな存在ですが、求人を閲覧しても「ブラックばかり」「魅力的な会社が見つからない」「応募したい求人がない」というのはよくあることです。

私も過去に3度の転職経験がありますが、同じような感情を抱いた覚えがあるので、この気持ちは非常によく分かります。ここでお話ししたいことは、そんな人に贈る転職市場の3つの真実です。

  1. ブラックばかり!と感じる感覚は間違っていない
  2. ブラック要素を持つ会社にも優良企業はいくらでも存在する
  3. 良質な求人(ブラックと感じない求人)は隠れている

転職ってどうなの?と感じる内容も含みますが、転職する上でしっかりと知っておいて欲しいと思います。

 


 

ブラックばかりと感じる感覚は間違っていない!

何故、転職サイトの求人に対し、「ブラックばかり」「魅力がない」と感じてしまうかというと、実際にそういった企業の求人が多いからです。

ブラックとまでは言わないものの、「何かしらの問題を抱えている企業」の求人が大部分を占めています。そんな求人の集まりを見せられて「負の感情」を抱かないはずがありません。

要するに、以下の流れで求人を掲載している企業が多いのです。

  1. 何かしらの問題を抱えてる(人が辞める要素を持っている)
  2. 多くの人が辞める
  3. 離職率が高くなる
  4. 中途採用で人員を確保する必要に迫られる
  5. 転職サイトに求人を掲載する

結局、人が流動的な世の中になり、何か不都合があると「辞める」という決断をする人が多い。だから、「人が辞めるような何か」を持っている会社は、定期的に求人を出して人員を募る必要があります。

その結果、転職サイトには「離職率が高い(ブラックと感じるような)会社」が集まってしまうのです。

人が辞めるような何かを持った会社群の中で人材が循環している!

これが転職市場の実態であり、転職しても満足感を得る人が少ない理由です。「転職しても変わらない」「転職を後悔している」という人が多い理由でもあります。この循環で利益を得ているのは、転職をビジネスとしている会社だけです。

実際、満足度の高い会社の求人は本当に少ないです。その理由は、こうした会社は人が辞めない(離職率が低い)ので、中途採用で人員を募る必要がないからです。大手なんかで言えば、「新卒採用だけで事足りる」ということですね。

そのため、転職サイトの求人に対して「ブラックが多い」「応募したい求人がない」「魅力がない」と感じるのはある意味当たり前のことなんですね。

逆に、「この会社は完全なホワイトだ」「是非、応募したい」「なんて魅力的なんだ」といった求人で溢れているとしたら、全ての社会人が転職するはずです。

結局、赤の他人が不満を持って辞めた会社に入社するのが転職であり、転職市場の求人の大部分は、赤の他人が不満を持って辞めた会社の集まりです。

転職すれば、素晴らしい会社に入社でき、今抱えている問題が解決され、全てが上手くいく、なんては夢物語です。もちろん、これは転職の一つの側面に過ぎませんが、確実に存在する側面です。

 


 

ブラック要素を持つ会社にも優良企業はいくらでも存在する

転職活動において求人を探す際は、「世間でブラックと言われている会社」「離職率が高い会社」の中にも、高い利益率や社員還元率を誇る優良企業が数多く存在することを理解しておく必要があります。

一般的に離職率が高いとブラックなんて言われ方をしますが、そもそも離職率が高い理由は様々で、「無賃労働を強要される」「セクハラ・パワハラが横行している」「休みが無い」などの要素だけがその原因ではありません。

例えば、実力主義であったり、会社からの要求が厳しいといったことも原因の一つです。これらの会社の離職率が高い理由は、実力主義や会社からの要求ついていけずに辞める人が多いからです。

要するに、一流が故の厳しさが存在するということですね。

一見するとブラック要素に感じる「離職率の高さ」ですが、その会社で成果を出し、高い給料や待遇を手に入れ、充実して働いている人もいるわけです。

ある人にはブラックでも、もう一方の人にはホワイトなのです。

気付き

ここで一つ私の例をご紹介させて下さい。

私はアパレル最大手の超有名グループ企業で働いていた経験があります。どんな会社だったかというと、実力主義でかつ会社からの要求レベルも極めて高い。毎年新入社員の〇〇%は辞めるなどと言われ、ブラックと呼ばれることもある会社です。

ただ、給料(ボーナス)は業界随一で高く、福利厚生は充実しており、休暇などの制度も徹底されていました。会社の業績も良好で、本当に優良企業であったわけです。要は、そこに「一流企業が故の厳しさが存在した」ということですね。

この厳しさは「多くの人が辞めることを選択するレベル」であり、実際に辞めていく人が多く、離職率は高かったと思います。しかしその反面、その厳しさを勝ち抜き、充実して働き続けている人も数多くいました。

何故なら、給料も高く、会社としては非常に優良企業だったからです!
これが社会の実態です。

世間で言われるところの「ブラック」が、ただ単純に「悪い会社」を表しているわけではありません。そのため、「自分が興味を持った会社にも関わらず、他人の評価が悪いから検討もしない」というのは可能性を狭める行為でしかありません。

企業選びで重要なのは、「ブラックと言われている理由」「離職率が高い理由」が自分にとってどうなのかという点です。他人がブラックと感じる部分が、あなたにとって問題ないのであれば、あなたにとってその会社はブラックではありません

また、「ブラック」というこの言葉、仕事ができな人間が「会社を辞める言い訳」として使うことが多々あります。この事実も知っておいて下さい。「ブラックだから辞めた!」「辞めて当然だ!」と、自身の転職を正当化する為に使うのです。

 

良質な求人(ブラックと感じない求人)は隠れている!?

転職市場は「ブラック」「魅力がない」と感じる求人で溢れている!とお伝えしましたが、良質な求人が存在しないわけではありません。どんな会社であっても、「優秀な人材(自社の利益となる人材)」は常に求めているからです。

ただ、緊急性を要していないので、表だって大々的に求人を出していないんですね。このような会社がどんなスタンスで求人を募っているのかというと、「優秀な人材(自社の利益となる人材)がいたら紹介して下さい」というスタンスを取っています。

要は、非公開求人というスタンスなんですね。

非公開求人、転職活動していると必ず目にする文言かと思いますが、これを保有しているのが人材紹介会社(エージェント)です。それ故に、少しでも良質な会社を望むのならば、エージェントの利用も検討すべきです。

エージェントは「個々の市場価値」で紹介される求人が大きく変化するので、あなたの望むような会社が紹介される保証はありません。ただ、そこには表だって求人を出す必要のない「良質な会社」が如実に存在します。

あなたがより良きを望むなら利用しない手はありません。

もちろん、転職サイト、求人誌、ハローワークなどに「良質な求人は存在しない」ということではないですし、エージェントの保有する求人が全て良質である、というわけでもありません。

ただ、一般に公開されていない会社の求人も存在するので、転職サイトの求人が「ブラックばかり」と感じているのならば、利用を検討して欲しいと思います。

 


関連記事


有益な転職サイト