残業

面接「残業がありますが大丈夫ですか?」の回答例と質問意図

社会問題の一つとして「残業時間」が取り上げられ始めた影響で、昨今は企業側から「残業」に関して問うケースが増えています。

  • 当社は残業がありますが大丈夫ですか?
  • 当社は残業が多いですが問題はありませんか?
  • 当社は月平均で〇〇時間残業がありますが問題ありませんか?

入社後のギャップを減らす意味でこの種の質問をしてもらえるのは有り難いことですが、企業はこの質問から何を探ろうとしているのでしょうか。応募者からすると「大丈夫ですと答えるしかないだろう!」ってな質問ですが、実際はどうなんでしょうか。

これらの疑問を解決する為、企業の質問意図、OK・NG例文を交えて解説していきます。

企業の質問意図

適切な回答を準備するため、まずは企業側の質問意図を知っておきましょう。

<企業の質問意図>
採用するにあたって「大丈夫です」「問題ありません」が大前提ではあるが、「何時間でも働きます!」「24時間フル稼働で働きます!」というのも白々しい。ここは、残業の多さに対する自身の認識や対処法をエピソードを絡めて具体的に聞かせて欲しい。

 
この質問は、残業の多さについて「どう捉え」「どう対処しているのか」を具体的に説明することが求められています。要するに、「大丈夫です」「問題ありません」を前提に、何故そう言えるのかを教えて欲しいということですね。

そのため、「何時間でも働きます!」「24時間フル稼働で働きます!」などは無責任すぎて回答としては適切ではありません。また、「残業が多いことは覚悟しています。前職でも残業は日常茶飯事で、難なくこなしてきました」といった覚悟や経験を語るだけでも言葉足らずです。

これに続けて「但し、ダラダラとした長時間残業は効率や人件費の面でマイナスですから、常に、もっと業務を効率的に進められないかといった視点を持ち、生産性を向上させるための継続的な努力が必要だと考えます」などの残業に対する対処法まで述べることが大切です。

 


 

回答例文(NG編)

実際の面接でよくある「NG」回答について取り挙げておきます。

「対応できるかどうかは、その時の状況によります。」
 
「私は夜間に〇〇に通っていますので、火曜日と金曜日以外なら大丈夫です。」
 
「100時間以内であれば(度を超えたレベルでなければ)問題ありません。」

その時の状況による!というのは正論ではあるんですが、「個人の都合で対応できない日もあるんだ」とマイナスに連想される可能性が高いのでNGです。また、曜日を指定するなど、ここまで詳しく「残業できない日」を語ってしまうと、業務に支障が出るレベルと判断されてしまいます。

最後の例文のように、時間や限度を回答として示すのならば、その理由も合わせて語る必要があります。

たとえば、「前職では月に100時間以上の残業を何度かこなしましたが、業務効率が悪く、健康衛生上も良くないので、この勤務は長く続かないと実感しました。その為、それ以上の残業となると対応するのは難しいです」というように、面接官が納得できる理由を添える必要があります。

この回答でどう判断されるかは企業によりますが、あなたが「〇〇時間以上は対応できない」という考えをお持ちであるならば、本心を理由付で語ることに問題はありません。

内定獲得だけを優先して嘘をついて入社しても、結局は残業の多さが嫌になって辞めることになるからです。ただ、40、50時間程度のレベルでは話が小さすぎて受け入れてもらえないでしょう。

回答例文(OK編)

例文から、どんな回答が適切なのか探ってみましょう。

はい、残業が多いことについては問題ありません。
前職では今回の募集職種と同じウェブデザイナー職に就いていましたので、常に長時間勤務、長時間残業をこなしてきました。

この職業は、クライアントに認められる作品を創出しなければ、労働時間そのものは評価の対象になりません。また、高度な専門性を要する業務ですので、すぐに代わりの人が見つかるわけでもありません。自らが最後まで責任を持って担当した業務を完遂する必要があります。

よって、家庭の事情など、どうしてもやむを得ない場合はともかく、長時間残業に対応できないのであれば、この世界で働く資格はないと考えています。

 
これまでの経験や仕事観から、「残業については覚悟ができていること」を適切に説明できています。内定を得たいが為に、「勢いだけで言っているのではない」ということが確実に伝わるでしょう。

この質問のポイントは2つ!

  1. 回答としては「大丈夫です」「問題ありません」が前提
  2. 大丈夫だと言える根拠を、過去の経験やエピソードを交えて具体的に語る

この点を意識して適切な回答を準備しましょう。

残業に関して企業から問うてくるということは、それなりの残業があるこを意味しています。また、過去に残業の多さで辞めてた社員がいることも考えられます。この事実をしっかりと認識しつつ、覚悟を持ってあなたの意思を伝えましょう。

 


 


関連記事


転職サイトランキング