通勤時間

面接質問「通勤時間が長くなりそうですが、大丈夫ですか?」の回答例と意図

転職の面接では、会社(勤務地)と居住地が離れてる人に限定して問われる質問があります。

  • 遠方にお住まいのようですが、通勤は大丈夫ですか?
  • 通勤時間が長くなりそうですが、問題ありませんか?
  • ご自宅が遠いようですが、大丈夫ですか?

大都市圏であれば2時間以内がギリギリの通勤圏、それ以上となると問われる可能性が高くなります。一見すると、ただ単純に「長時間の通勤に問題がないか?」を問う質問に感じられます。

しかし、この質問には別の意図も隠されています。企業はこの質問から何を探ろうとしているのでしょうか、そして、応募者はどんな回答をするのが適切なんでしょうか。

この疑問を解決するため、企業の質問意図、OK・NG例文を交えて解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

採用側の企業としては、通勤疲れで業務に支障をきたされてはたまりませんし、経費となる「通勤手当」も極力減らしたいところです。高い交通費を払うくらいなら同レベルの別の応募者を採用するのは当然です。

実は、遠方に住んでいるというのは、転職においてハンデになるんですね。

<企業の質問意図>

  • 長時間の通勤にめげることなく、通い続けることができるのか?
  • 通勤に疲れて業務に支障をきたすことはないのか?
  • 睡眠時間が短くなるが、業務を問題なくこなせるのか?
  • 残業などに対応できるのか?
  • 通勤交通費の負担はどれくらいになるか?

実はこれだけ多くの意図が隠されており、この手の質問を受けること自体、多くの懸念を抱かれている証拠なんですね。そのため、あなたは回答で企業側が抱く疑念を払拭しなければなりません。

採用するにあたっては「大丈夫です」が大前提で、そう言い切れる理由を具体的に語る必要があります!

これまでの経験則、疲れないための工夫、通勤時間の使い方など、根性論とは違う根拠のある回答を示さなければなりません。

企業側が抱く疑念を払拭できなければ、こんな質問で不採用になってしまうこともあります。その意味で、簡単そうに見えて実は油断できない怖い質問なんです。

 


 

回答例文(NG編)

実際の面接でよくある「NG」回答について取り挙げておきます。

「実際に通勤してみないことには何とも言えません…」
 
「通勤時間が長くどんなに辛くても、根性で乗り切って頑張ります!」
 
「可能であれば、私の家から近い店舗に配属していただければ幸いです。」

まぁ、本音を言えばこんな感じになるとは思います。事実、実際に通勤してみないと分かりませんし、辛くても頑張らないといけないのが仕事ですからね。

ただ、ここは採用面接の場、前述した企業の質問意図を考えれば、この類の回答はNGであることが分かるはずです。

回答例文(OK編)

例文から、どんな回答が適切なのか探ってみましょう。

<求職者>
「はい、全く問題ありません。実際に通勤時間を計ってみたのですが、ドアツードアでジャスト2時間でした。前職の通勤時間よりも少し長くなってしまいますが、長い通勤時間は経験がありますし、最寄が始発駅ですので座って通勤できます。また、出勤時の通勤は睡眠に充てているので、業務に支障をきたすようなこともありません。」
 
<面接官>
「遅くまで残業をお願いすることもあると思いますが?」
 
<求職者>
「通常21時くらいまでなら問題ありません。それ以降も必要な場合はもちろん対応いたします。入社後の状況を見て、もし残業が重なるようなら、近くに転居することも考慮しています」
 

これまでの経験や通勤時間の使い方から、長時間の通勤も問題がないことを明確にアピールできています。また、残業に対しても考慮されてるので、この内容なら企業側に不安を抱かせることはないでしょう。

企業の質問意図を踏まえた上で、このレベルの回答を用意できれば何も問題ありません。「どんな点に疑念を抱かれているのか?」を意識してあなたなりの回答を準備しておきましょう。

 


 


関連記事


有益な転職サイト