給料が安い転職理由

給料が安いことが転職理由である場合に考えるべき4つのこと

給料が安いことを改善するために転職することは何も間違っていません。

お金を得る為に仕事をしているわけで、より良い給料を求めるのは当然のことでもあります。ただ、その際に考えて欲しいことが4つあります。

  1. 給料が安い理由を考える
  2. 給料が安い条件で働いていないかを考える
  3. 給料と引き換えに犠牲にするものがあることを理解しているかを考える
  4. 給料を高める為にアピールできているかを考える

いずれかに該当することがあれば、転職を熟考して欲しいと思います。

 


 

1.給料が安い理由を考える

給料が安いのにはいくつかの理由が考えられます。

  1. 会社の還元率が低い
  2. 高い成果を出しても給料に反映されない(昇給制度が整っていない)
  3. 地位が低い
  4. 成果を出していない

「1」「2」は会社の問題で、「3」「4」は自分自身の問題です。注意したいのは「3」「4」に代表される自分自身の問題であるにも関わらず「給料が安い」と嘆いて転職を考えている場合です。

  • 会社の中で最も地位が低いにも関わらず、給料が安いと嘆いている
  • 昇給や昇進するような成果を出していないのにも関わらず、給料が安いと嘆いている

このパターンに該当する状態で転職しても、給料を上げることはできません。何故なら、あなたの給料が安いのは当たり前のことであり、「高い給料を払ってでも雇いたい」と企業が考える証拠を提示できないからです。

給料が安いことを転職理由として掲げられるのは、「高い成果を出して昇進したにも関わらず給料が増えない」or「高い成果を出しているにも関わらず評価されない」など、採用側が納得する実績やキャリアを提示できる場合だけです。

つまり、給料アップを実現するには以下の条件が整っている必要があるのです。

  • 〇〇万円の給料が欲しい!と言えるだけの根拠(経験・スキル・実績)を持っている
  • 採用側が根拠に納得し、高い給料を払ってでも採用したい人物である

転職すれば給料がアップするなんて情報も散見されますが、あんなのは転職ビジネスで利益を得ている人達によって作られた嘘っぱちで、給料アップを実現するのは簡単ではありません。

あなたの「給料が安い」が3、4に該当していないか確認して下さい。

2.給料が安い条件で働いていないかを考える

今の仕事内容から「給料が低いのは当然だ」と思われるケースもあります。

  1. 特にスキルが求められず、一度流れを覚えれば後は惰性でこなせるような仕事
  2. 数字など具体的な成果が求められない仕事
  3. 簡単に代用が可能な仕事

これらに該当する仕事は、総じて給料が安く、昇給もほぼありません。何故なら、会社側からすると「高い給料を払う要素」や「給料を上げる要素」がないからです。

あなたが会社の経営者だとしたら、これらの仕事をしている従業員に高い給料を支払いますか。長く働いているという理由だけで昇給させますか。決してそうはしないはずです。

もし、あなたの仕事がこれらに該当するのならば、「給料が低いから」を転職理由として語ることは避けた方が無難です。これも、「給料が低いのは当然だ」と思われて終了だからです。

会社に所属する従業員は、「総合職」と「一般職」に分類されることが多いですが、この要素に多く該当する「一般職」の給料が上がりにくい理由がここにあります。

 


 

3.給料と引き換えに犠牲にするものがあることを理解しているかを考える

結局のところ、給料は仕事の成果に対する対価です。

楽な仕事なのに納得できる給料が貰えたり、所属しているだけで継続的に昇給していくような会社は存在しません。年功序列の要素が強い会社であっても、成果を出して昇進していく人だけが継続的な給料UPを実現できます。

一般的に、給料の良い会社はそれ相応の業務量や成果が求められます。それ故に、給料を求めれば、今よりも勤務時間が増え、休日も減る可能性が高い。会社からの要求レベルも高まり、数字やノルマからのプレッシャーも増えます。

つまり、給料を求めるのならば、これらの要素を「受け入れる覚悟」を持っておく必要があるのです。給料が高い会社(仕事)には、給料が高い理由が存在し、給料が高いが故の厳しさがあります。

何かを望むなら、何かを犠牲にしなくてはならない!

これが非常によく当てはまります。

また、人は欲張りですから「無いものねだり」をします。給料が安くて楽な仕事をしていると、残業があっても良いからもっと給料が欲しいと感じます。逆に、激務で給料が高い仕事をしていると、給料は下がっても良いから、もっと人間らしい生活がしたいと感じます。

もちろん、より良い人生を設計するためにお金があるに越したことはないんですが、「自分自身がどちらに重点を置く人間なのか」をよく考えて行動する必要があります。

4.給料を高める為にアピールできているかを考える

会社組織で働く中で「〇〇を達成すれば、昇進(昇給)できる」と明確な基準が定められていれば良いですが、これが曖昧、あるいは存在しない企業が多いのが実状です。

そして、利益を出しているようで、実はそうでもない企業が多いのも現代社会の特徴です。つまり、会社側からすると可能な限り人件費は削りたいわけです。

つまり、あなたが何もアピールしなければ、給料が横ばいであることも実際には結構あります。「言ったもの勝ち」ではないですが、自分でアピールしないと給料が上がらない世の中であることも理解しておいた方が良いでしょう。

特に中小企業はこの傾向が強いです!

自分自身の考え(昇進・昇給意思)を伝えることで、初めて会社はそれを考えてくれます。その結果、昇給を実現してくれたり、実現する為にクリアすべきことを提示してくれたりもします。

これからの時代は、給料に限らず「受け身の姿勢だと損をしていく時代」に向かうことは間違いありません。今のあなたの状況を振り返り、給料アップを会社にアピールできているかを考えてみて下さい。

転職だけが給料アップを実現する手段ではありません。

 

 


関連記事


有益な転職サイト