キャリア形成

長所「記憶力」は自己PRとして通用するのか?例文付き解説!

はてな虫眼鏡

就活、転職に限らず、採用試験を突破して内定を獲得するには、自分自身のウリをアピールしなければなりません。

  • あなたの長所は何ですか?
  • 人に負けない強みは何ですか?
  • 自己PRをお願いします!

この種の質問を通して、あなたの「採用メリット」が探られます。

その際、長所(自己PR)として記憶力をアピールしたい人もいるかと思います。

もちろん、記憶力が良いのは素晴らしい能力ですが、採用試験で通用しなければ意味がありません。

実際はどうなんでしょうか、自己PR(記憶力)について考えていきましょう。

 

 

記憶力は長所(自己PR)として使えるの?

はてな

就活や転職において、「記憶力」は長所として十分に通用します。

  • 記憶力ってどうなの?
  • 記憶力にアピール力なんてあるの?
  • 転職で記憶力なんてアピールして良いのだろうか?

この種の疑問をお持ちの方もいるかと思いますが、履歴書(職務経歴書)や面接で自信を持ってアピールして下さい。

記憶力は素晴らしい能力です、何も卑屈になることはありません。

但し、記憶力をアピールに使うには、ある条件を満たしている必要があります。

 

長所(自己PR)として使うなら!

長所(自己PR)として記憶力を用いるのなら、以下の条件を満たしている必要があります。

応募企業の募集職種で「記憶力」が有効に作用する必要がある!

要するに、記憶力が応募企業の業務上でプラスに作用し、強いてはそれが「売上」や「利益」の向上に繋がる必要があるということ。

この点を満たしていないと、どんなに凄い記憶力のエピソードを語っても、「へぇ凄いね~」で終わりです。

あなたの評価を高めることにはなりません。

長所・自己PR ⇒ 応募企業で必要がないものならアピール力はゼロ

例えば、サッカークラブの面接で「私はホームランが打てます」とアピールしても意味がないですよね。

至極当たり前のことなんですが、就活や転職でこれをやってしまっている人が結構いらっしゃいます。

 

 

 

もちろん、記憶力が「仕事の覚えが早い」や「一度教わったことは忘れない」に繋がれば全ての職種においてプラスです。

例えば、新卒採用の場であれば、この事実をアルバイト経験になぞらえて語り、アピールできれば十分だと思います。

アルバイトで記憶力が活きたエピソード + 御社の〇〇の仕事する上でこの記憶力は必要かつ強い武器となるはずです。入社が叶いましたら~

しかし、社会人経験を持つ人物を採用する転職においては、それだけでは弱いです。

転職の場合は、過去の職場で記憶力の良さが有効に作用したエピソードにプラスして、応募企業への貢献と連動している必要があります。

例文で、面接で長所「記憶力」が評価されるまでの流れを見てみましょう。

 

面接官
あなたの長所を教えていただけますか?
はい、私は記憶力に自信があり、これを接客に取り入れています。具体的に言いますと、初めて来店されたお客様のお名前を伺い、次に来店された時にはお名前を呼びながら接客するようにしています。

これは、私がマッサージ店に行った際に、担当の方から名前で呼ばれ、お得意様としてもてなされている印象を受けたためです。

転職者
面接官
それで何か変化はありましたか?
はい、1年間でリピート率と売上が2割アップしました。

お客様をお名前で呼ぶうちに、お客様も私のことを名前で呼んで下さるようになり、良い関係が築けたことも要因の一つだと考えています。

転職者
面接官
(面接官の感想)

この応募者の長所である「記憶力」は接客レベルの向上をもたらしてるようだ。それが売上にも繋がっているようだし、同じ業態の自社でも長所を活かして貢献してくれそうだ。

 

例文の如く、この流れが成立して初めてプラス評価に転じます。

逆に、この長所が活かせない会社だと、面接官の評価は「う~ん、素晴らしいんだけど、うちの会社ではちょっと...」となるわけです。

  • 長所として「記憶力」は十分に通用する
  • 応募企業の募集職種でどう有効に作用するかを考える
  • 利益貢献まで繋げることができればベスト

この点を意識して上手く「記憶力」をアピールして下さい。

これができれば、あなたの「記憶力」は内定獲得への強い武器となるはずです。

 

 

アピール可能な能力!

記憶力以外にも長所としてアピールできるものはたくさんあります!

様々な業態の会社への応募を実現するためにも、いくつかピックアップしておくと便利かもしれません。

スキル
参考転職スキル一覧!あなたは「スキルがない」と思い込んでいるだけ!

続きを見る