転職の悩み

転職スキル一覧!あなたは「スキルがない」と思い込んでいるだけ!

スキル

基本的に転職は、以下の条件が成立して初めて採用が考えられます。

企業が求める経験・スキル ≦ あなたが持つ経験・スキル

これは、転職において常識的なことですが、だからこそ、以下のような悩みを抱えてしまいます。

  • 転職したいけどスキルがない
  • 応募先で活かせそうなスキルを持っていない
  • 募集職種と直接関連するスキルを持っていない
  • 未経験分野に挑戦したいけど、何をアピールすればよいか分からない

ただ、転職市場には、同じような悩みを持ちつつ転職を成功させている人たちがいます。

そうした人たちが何をアピールしているかというと、業界・職種を問わず活かせるスキルなんですね。

このスキルは「アピール力がないと判断して除外している」or「持っているのに気付いていない」という人が非常に多い。

つまり、あなたは「アピールするスキルがない」と思い込んでいるだけで、実は持っている可能性があるのです。

それが、以下の3つのスキルです。

  1. ヒューマンスキル
  2. セルフコントロールスキル
  3. タスクマネジメントスキル

転職市場では、これらのスキルを上手くアピールすることで十分に勝負できます。

諦める必要はありません!

 

 

ヒューマンスキル

他者との関係を正しく良好に構築していくスキル!

スキル能力
主張力意見や考えを伝える能力
否定力意見や提言を否定できる能力
説得力他者を納得させる能力
統率力集団を監督・指示する能力
受容力要求を聞き入れる能力
支援力人や集団をサポートする能力
協調性人や集団と力を合わせる能力

 

セルフコントロールスキル

自分自身をマネジメントするスキル!

スキル能力
慎重力注意深く行動する能力
自制力自分の欲求を抑える能力
忍耐力苦しみや怒りに耐える能力
規律力秩序通り事を進める能力
冒険力危険を恐れず行動する能力
高揚力自分のやる気を高める能力
柔軟性変化に対応する能力

 

タスクマネジメントスキル

仕事を遂行する上で必要な思考や行動スキル!

スキル能力
持続力一定状態を継続する能力
推進力物事を前に進める能力
機動力素早く状況に対応する能力
創造力考えを発想・発展させる能力
瞬発力集中的に力を発揮する能力
変革力物事を新しく変える能力
確動力確実に物事を実行する能力
分析力物事の仕組みを解明する能力

転職しても「組織に属して仕事をする」という本質に変化はないので、これらのスキルでも十分にアピール可能です。

まずは、自分に備わっている能力をいくつかピックアップしましょう。

すぐにピンと来ない場合は、以下の疑問を自分自身に問いかけて考えます。

  • 仕事をする上で意識していることは何だろう?
  • 成果が出せた要因は何だろう?
  • 何故あの仕事は上手くいったんだろう?
  • 仕事での困難をどう乗り越えてきたんだろう?

上手くいった、好結果が出た、壁を乗り越えた、ここには絶対に何らかの「力」が働いているはずです。

その「力」こそが、あなたが転職でアピールできるスキルとなります。

スキルをピックアップできれば第一段階は完了ですが、それを「どう伝えるか」がより重要になります。

 

 

スキルを適切にアピールする方法!

準備

スキルのピックアップが完了したら、次は「スキルの適切なアピール方法」を考えなければなりません。

ただ単純に「私には〇〇力があります」と語っても意味はなく、何のアピールにもなりません。

また、アピールするスキルが応募先で必要とされているか(活用できるか)も考える必要があります。

  1. 応募先の仕事内容を深く研究する
  2. アピールすべきスキルを決定する
  3. 説得力の高い内容に仕上げる

まずは、応募先の仕事内容を深く研究し、どんな「スキル」が必要かを考えます。

そして、自分が持つ能力と一致するものを抽出し、アピールするスキルを最終決定します。

どんなに素晴らしいスキルを持っていても、応募先で使えなければ意味がない!

この点は本当に重要なので、しっかりと時間を割いて決定して下さい。

スキル活用

例えば、Jリーグチームの面接で、「私は長打力に自信があって、ホームランを年間50本打てます」とアピールしても意味がないということ。何故なら、サッカーではボールを打つことはせず、長打力は必要がないからです。

次に、話す内容については、「そのスキルが過去の会社(仕事)でどう活かされ、どんな結果を生んだのか」を交えた内容にして下さい。

体験談を交えず、単に「〇〇力があります」と語っても信じてもらえません。

特に、未経験職への転職で「募集職種に直接関係するスキル」を持っていない場合は、この伝え方が最も重要となります。

最終的にあなたが目指すべき所は、企業側に「この人は未経験だが、自社でも活かせる〇〇力を持っているので、未経験でも活躍しくてれるだろう」と連想させることです。

この点を意識してアピールするスキルを準備しましょう。