個性

面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?

昨今の面接において、採用担当者は以下のような感想を抱くことが多いそうです。

「あぁ、またか・・・。」

なぜこのような感想を抱くのかというと、書籍やネットの情報を参考に回答を準備し、模範回答の一部を変更しただけの当たり障りのない回答をする人があまりにも多いからです。

要するに、内容が似たり寄ったりの「つまらない回答(没個性)」ばかり聞かされた採用担当者が、「あぁ、またか…」と途方に暮れているんですね。

あなたも、日常生活や仕事上で「何度も同じような話を聞かされてうんざりした」といった経験をお持ちではないでしょうか。採用担当者もまさにこれと同じ状態に陥っています。

この実状を理解している人、他者との差別化を図りたいと考える求職者は、「だったら個性的な回答を示すべきでは?」と考えます。この疑問に対しては先に結論をお伝えしますが、これは正しい認識です。(理由は後述しています)

ここでは、そもそも論としての「個性的な回答とは、具体的にどんな回答を指すのか?」に言及すると共に、個性的な回答が必要な2つの理由をお伝えします。

個性的な回答が何たるかを理解し、適切な準備で面接に臨みましょう。

 


 

面接で求められる個性的な回答とは?

求職者の中には、「突拍子のないことを言って目立つ」「誰も言わないようなことを語る」「面白いことを語る」といったことを個性的な回答だと勘違いしている人がいます。

しかし、面接で求められている「個性」とはこういった類のものではありません。そんなことを語っては、「は?何言ってるの」「面接という場を勘違いしているのでは?」と思われて不採用になるだけです。

面接における個性的な回答とは、自分自身の考えが反映された回答のことです!

更にプラスアルファとして、あなたの過去の経験に基づいた明確な理由が添えられていることが重要で、この要素が満たされてはじめて「個性的な回答」というものが出来上がります。

志望動機を例に見ていきましょう。

<没個性の志望動機>
「御社の〇〇という企業理念に共感し、是非御社で働きたいと思い志望しました。」
 
<個性的な志望動機>
「私は△△の経験を通して、常々〇〇が働く上で重要だと考えておりました。そんな折、御社の〇〇という企業理念を目にし~」

 
両者共に「〇〇という企業理念」を志望動機に用いているわけですが、内容が異なっていることが分かるかと思います。当然、下の例文の方がアピール力が高く、相手を納得させられる内容です。

自分自身の経験から得た「自分なりの考え」が添えられているので個性的であるわけです。面接で求められている「個性」とはこのことなんですね。

志望動機を聞かれているのだから、突拍子のないことを語るのは間違っています。誰も言わないようなことを語る必要もなく、同じ内容でも「個性」は出せます。お笑い芸人の採用試験ではないので、面白いことを言う必要もありません。

この認識を念頭に、個性的な回答が必要な理由について見ていきましょう。

 


 

個性的な回答が必要な2つの理由!

個性的な回答が必要なのには理由があり、それは面接を突破できるかどうかの重要なポイントになります。

 

1.個性的な回答は説得力が格段に高くなる!

個性的な回答には「過去の経験に基づいた明確な理由」が添えられているため、説得力の高い内容に仕上がります。そのため、適切な個性が入った回答を聞いた面接官は「なるほど!」と納得します。

これが、個性的な回答が必要な最大の理由です。

また、あなたの「考え方」や「モノの見方」が相手に伝わるので、採用側も「求めている人物像と一致するか」を想像しやすくなります。そして最終的に「この人なら自社の社風にもマッチするだろう」と思わせることができれば採用に近づきます。

転職(就職)は能力や経験だけでなく、「あなたがどんな人物なのか」も非常に重要で、企業が求める人物像とマッチして初めて採用となります。個性的な回答は、この判断材料を相手に提供できるという利点も兼ね備えているのです。

 

2.没個性の回答は突っ込まれてボロが出る!

没個性の回答は「あなたの過去の経験に基づいた明確な理由」が添えられていないので、面接官は聞き終わると「何で?」「理由は?」との疑問が頭に浮かびます。だから、その疑問を解決すべく突っ込んで質問します。

前述の志望動機を例にすると、「なぜ、〇〇という企業理念に共感したんですか?」と突っ込まれるわけです。ここで、明確な理由を示すことができなければ、語った内容の信憑性を疑われ、最悪の場合は「嘘」と判断されます。

結果、評価を落として高い確率で不採用となるわけです。

実は、面接で突っ込まれた質問をされるのは、回答内容に個性がないことが原因なんですね。面接に臨むにあたっては誰もが「突っ込んだ質問をされたらどうしよう」と心配すると思いますが、自ら答えに窮する質問を招いているのです。

冒頭でもお伝えしましたが、マニュアルをそのままなぞったような優等生的な受け応えをする人、当たり障りのない一般論しか出てこない人。こんな人は採用側からすると、つい突っ込みたくなるんです。

面接官の立場に立って考えると、この理屈は理解できるかと思います。企業からすると、何の個性も感じられない人(どんな人物か分からない人)は怖くて採用できませんからね。

没個性の回答に対して、イレギュラーな質問でその人の「本当の部分(個性)」を引き出そうとするのが面接です。突っ込んで聞いてくれる企業はまだましですが、応募者の多い人気企業なんかだと何も突っ込まれずに終了です。

面接後に「何の問題もなくスムーズに受け応えはできた!」といった手ごたえを得ても、不採用となるのはこのためです。面接は、質問に対してスムーズな回答を示す場ではありません。

答えに窮する突っ込んだ質問を回避するという意味でも、個性的な回答は必要です。

 

まとめ

個性的な回答が必要な理由についてお伝えしてきましたが、納得いただけたでしょうか。

ネット上に散見される、「突拍子のない回答」「機転の利いた回答」「誰も言わないような回答」「面白い回答」は個性的な回答とは言えません。

一部例外的に面接官の興味を引いて内定を獲得できた…という事例は存在するでしょうが、これは単純にそれ以外の部分が優れていただけの話です。この種の回答だけが内定の決め手となることは通常有り得ません。

あなたも、面接を勝ち抜くために「適切な個性ある回答」を示すことを意識して下さい。

 


 


関連記事


有益な転職サイト