長所

転職面接「長所」の回答例と企業が知りたいポイント

転職面接における頻出の質問の一つに「長所」があります。

この「長所」は自分をよく理解していないと答えられません。そのため、企業側からすると「応募者の本質」を知るのに最適で、更に自社の社風・職場の雰囲気・配属予定部署と馴染めるのかも見極め可能な良問です。

ここでは、そんな重要項目である「長所」について、企業の質問意図、OK・NG例文を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

企業は「長所」の回答から何を探ろうとしているのでしょうか。適切な回答を準備するため、まずは、企業の質問意図を把握しましょう。

<企業の質問意図>
応募者の長所が、当社の社風のマッチしているか、仕事上でも活かせるのかを探っている。何の根拠もない自画自賛や受ける印象とかけ離れた長所をアピールされても困る。

この質問には全ての応募者が肯定的な回答を行うので、面接官は言葉通り素直に受け取ることはせず、「本当にそうなのか」「なぜそう言えるのか」という視点で聞いています。

例えば、「明朗活発」を長所として挙げているにも関わらず、面接での印象が暗かったとしたらどうでしょう。面接官からすると、「ん!?この人は本当に明朗快活なのか?」となりますよね。そのため、印象面の長所を語る場合は、面接での印象と一致していることが重要です。

また、根拠のない話は信憑性を疑われる原因になるので、語る長所が本当であることを裏付ける「エピソード」や「数値」を交えて具体的に語る必要があります

また、長所が当社の職場環境で上手く機能するかも探られているので、応募企業に合った長所であることがベストです。ただ、嘘を付いてまで無理に合わせる必要はないので、仕事に活かせる長所であれば問題ありません。

 


 

長所のNG回答例

実際の面接でありがちなNG例をご紹介しておきます。

「私は何事にも慎重を期す性格です。これは短所でもあり、長所でもあるんですが~」
 
「私の長所ですが、周りの人からはよく気が利く人だと言われます。私は自覚していないのですが~」
 
「特にこれといった長所はないんですが~」

 
この質問は「長所」が問われているので、長所だけを全面に出してアピールすべきです。

自信を持って「これが私の長所だ!」と話さないと、これもまた信憑性を疑われる原因になります。日本人の性格上、へりくだって回答してしまう人も多いのですが、遠慮はマイナスにしか作用しません。

また、周りから言われるなど、自分が自覚していない長所も語るべきではありません。あなたのことを聞かれているのであって、他人からの評価を語るのは間違っています。

絶対にやってはいけないのが、「長所がない」という類いの回答を示すことです。企業の立場で考えると、「何の長所も持たない人」を雇いたいとは思いません。せっかくのアピールチャンスを棒に振ることは避けましょう。

長所のOK回答例

OK例文から回答のポイントを探りましょう。

私の長所は明朗活発さで、どんな場面でも明るさを持って取り組めるところです。
 
これまで2社で勤務経験がありますが、どの職場でも明朗活発を意識して業務に取り組んでまいりました。その結果、どの職場、どのプロジェクトでも、上司・部下と早期に良好な関係を築くことができ、仕事をスムーズに進めることができました。
 
〇〇という仕事柄、職場の仲間との連携は不可欠で、人間関係をスムーズに構築して業務を進めることは非常に大切です。それを実現できる明朗活発さは幼少のころから両親に「常に明るく」と意識付けされてきたこともあり、今ではしっかりと自身に根付いています。
 
この明朗活発は私自身を表す最大の長所となり、仕事を円滑に進める上での武器となっています。

この例文では、過去の職場でのエピソードを交えて具体性を持たせ、更に幼少の頃から意識付けされて自身に根付いていることを話すことで、明朗活発がどこでも発揮できることを印象付けています。

このように具体性を交えて回答することで、信憑性と再現性を伝えることができます。

そして、この「明朗活発」を面接の場でも感じさせることができれば、「この人は本当にそうなんだ」と思ってもらえます。仮に、配属予定部署がコミュニケ―ンが必須であったり、少し人間関係が難しい部署であっても、「この人なら大丈夫だ」となるはずです。

この「長所」に関する質問には、エピソード、数値実績など「具体性」を交えて話し、信憑性を高めることを意識して回答して下さい。これを実現できれば、あなたの長所がプラス評価となることは間違いありません。

 


 


関連記事


有益な転職サイト