お試し転職

転職の不安を打ち消す方法「お試し転職」とは?

良い意味で、気持ち半分で転職活動してみてはどうでしょう?

転職には様々な不安やリスクが付きまといますし、恐怖心にも打ち勝たなくてはなりません。
転職したいけど、不安があって動けない。
転職したいけど、面接が怖くて一歩が踏み出せない。
結果、転職に踏み切るか否かを迷っている。

こんな思いを抱え悩んでいる方が多くいらっしゃるのが実情ではないでしょうか。そんな時におすすめしたいのが「お試し転職」なんですね。

この方法は、今の会社で働きながらという前提のもと、「転職する・しないに関わらず、実際に活動してみる」という方法です。活動するからこそ見えてくるものがあり、活動して体験するからこそ不安や恐怖心を打ち消せます。

また、転職のリスクを軽減することもできますから、以下の項目に当てはまるならば「お試し転職」を検討することをおすすめします。

  1. 転職活動全般に不安や恐怖心を抱えている
  2. 自分の経歴やキャリアが評価されるか不安
  3. 今の自分の能力やスキルが通用するのか不安
  4. 転職すべきかどうか迷っている
  5. 今の会社の価値が知りたい

転職活動をすることは求職者側に何の不利益もありません。

転職サービス(転職サイト・エージェントなど)は全て無料ですから経済的負担はありません。応募に関しても、何社応募しても良いですし、入社の意思がなくても応募は可能です。

お試し転職はこれらが前提で成り立っており、良い意味で「軽い気持ちで適当に試す」「実験する」ということができるわけですその過程で良い会社を見つけた、上手くやれそうな感触を得た。そしたらそのまま転職を実現させればOKです。

 

転職活動全般の不安を打ち消す

まず、転職活動全般に不安を抱いている方も多くいらっしゃるかと思います。

「転職活動を円滑に進めることができるのか。」
「書類選考を通過する履歴書・職務経歴書が作成できるのか。」

転職するとなった場合、実に多くのことを行わなければならず、辛く大変な作業が待っています。

それが実際に自分にできるのか?
これを実験的に試してみれば良いわけです。

まず、応募書類(履歴書・職務経歴書)の作成について。

応募書類は「書類選考の結果」を大きく左右しますから、転職において重要度の高い作業となります。ここに不安を抱いている人も多いでしょうから、まずはそれが出来るかを試してみましょう。

最初から紙ベースで進める必要はありませんから、PCで電子ファイルで作成したり、転職サイトの職務経歴覧などを利用して作成しましょう。(履歴書データは「転職に使える履歴書(JIS規格準拠型)」ページでもダウンロード可能です。)

もし、この作業が面倒だと感じてしまい、あまりやる気にならない。
このような人は転職を再考すべきかもしれません。

なぜなら、この部分に手を抜く人は書類選考で落とされる可能性が高まり、望んだ会社に入社することが難しくなるからです。要は、「手を抜いたレベルでも通用する会社にしか採用されない」という現実があるからです。

結果、それは後悔する転職に繋がる可能性が高いです。
仕事を続けながらの「お試し転職」であれば、転職活動に対して真剣に取り組めるのかどうかも試すことができるわけです。

自分の評価を知って、転職の可能性を見極める

今の自分の能力・スキル・実績が転職市場で通用するのか?

この点に不安を抱いている人が最も多いかもしれませんね。

お試し転職はそんな悩みを解決するのに最適です。
実際に転職サイトを使ってその可能性を探ることが可能です。

  1. 実際に応募して感触を探る
  2. オファーを使ってどんな会社から求められるのかを探る

 
<1.実際に応募する方法>
とりあえず自分が良いと感じた企業や希望する業種や職種の会社に応募してみましょう。
転職するかを迷っている段階であれば、企業を真剣に選ぶ必要はなく、数が多いことが大切です。

ここで探って欲しいのは「書類選考の通過確率」と「通過する会社の特徴(レベル)」です。
これで、自分の経験・スキル・能力が通用するのか、どんな会社から求められているのかを探ることができます。

実験の結果、書類選考がある程度通過するのであれば、あなたの職歴やキャリアを見て「会ってみたい」と思われているということです。つまり、転職できる可能性が高いことを意味します。(興味の無い会社の書類選考が通過したら、丁寧に面接辞退のメッセージを送れば問題ありません。)

逆に全く通過できなのならば、それは「応募書類に問題がある(魅力的な内容になっていない)」、あるいは「能力・スキルが足りていない」のどちらかです。書類が問題ならば修正して再度実験を行う。能力・スキルの問題ならば、転職市場で評価されるレベルに到達するまで今の会社で頑張る。

この選択をお試し転職で探ります。

 
<2.転職サイトのスカウトを利用する方法>
転職サイトには大抵の場合「スカウト(オファー)機能」が付いています。

転職サイトに登録して「オファーを受け付ける」にチェックを入れておき、どんな企業からオファーが届くのかを確認する方法です。これを試すには業界最大手で圧倒的な求人数を誇る「リクナビNEXT」がおすすめです。(そのリクナビNEXTで「プライベートオファー」が届くのかを確認します。その他のオファーはあまり価値がありません。)

どんな転職サイトであっても、「面接確約」がどれくらい届くのかを見極めて下さい。
面接確約オファーは出す方の企業の本気度が高く、あなたの経験に非常に興味をもっている証です。

あなたの経験やスキルを登録し、面接確約オファーが届くといったサイトも存在します。DODAを運営するパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が手掛ける「ミイダス」という新興転職サイトです。
 

 
転職に役立つ分析ができ、この実験にも最適なサイトとなります。詳しい情報は「MIIDAS評判」を参考にして下さい。

 
転職に迷っている段階の人にとっては少し強引な方法に感じるかもしれません。

でも・・・、

上手く転職活動を進められるかどうか。
現状の自分が転職市場で通用するかどうか。

これは、実際に活動してみなければ分からないというのが実情です。
だからこそ、大変ですが今の会社で仕事を続けながら試してみるというのが重要なんですね。

 

転職活動することで、今の会社が見えてくる

仕事を続けながら、実際に転職活動してみる。

これは、今の会社を再認識する意味でも大切なんですね。

理想を追いかけて転職を果たした。
思っていた会社(仕事)と違った。
状況がさらに悪化した。
前の会社の方が良かった。
転職しなければ良かった。

こんな後悔をする人が実に多い。

だからこそ、転職は今の会社も候補の一つとして検討することが重要なんです。

転職は今の会社の悪いところだけではなく、良いところともお別れするものです。
そして、その良いところは次の会社では手にできないこともあります。

転職は今の会社よりも良い会社に入れるとは限りません。
あなたが転職して入社する会社は「他の誰かが不満を持って辞めた会社」であることがほとんどです。

これが、転職の現実です。

だからこそ「お試し転職」を通して様々な企業を見て欲しいんです。
これは、継続的に一定期間「求人を閲覧するだけ」でもOKです。

この会社で働きたい!と感じるような求人はあるのか。
あなたの転職原因を解決してくれそうな求人はあるのか。
今の会社を辞めてまで移る価値がある会社なのか。

これを見極めて欲しいと思います。
「あれっ!?今いる会社、実は良い会社なんでは?」
会社を辞めて活動していたらこう思っても後の祭りです。

また、求人を見るだけでなく、実際に応募して面接に行ってみるのも良いでしょう。
面接で異業種や他社の人と接したことで「新たな発見ができた」「知見が広がった」「自社を客観的に評価できた」などはよくあることです。

 

まとめ

転職というのは実に様々な要素がありますから、実際に活動してみないと分からないことが多いです。

ですから「仕事を続けながら一度試してみる」といのがリスクを軽減する最も堅実な方法になります。
そのままの勢いで実際に転職しても良いですし、時期を後ろにずらしたり、転職自体を再考することも可能です。

転職するかを迷っているのなら、「知らない世界をのぞいてみる」という感覚で試してみて下さい。

「実際に転職活動してみる」

結局は、これが不安や恐怖心を取り除く最適な方法です。

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. イメージ

    面接

    面接で「会社のイメージ(印象)」を聞かれた場合の回答例
  2. 転職して後悔する

    初めての転職, 転職の考え方

    転職して後悔する人の5つの特徴と考え方
  3. 掛け持ち

    エージェント

    転職エージェントの「掛け持ち」を推奨する3つの理由!
  4. ホワイト企業

    企業選び, 転職の考え方

    転職でホワイト企業の求人が見つけられない3つの理由
  5. 損失

    転職の考え方

    転職エージェントは信用できない・・・は「損」な考え方!
  6. 未経験OK

    転職サイト

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  7. 年間休日

    転職サイト

    転職サイトの「年間休日〇〇日」は本当か?その実態に迫る!
  8. 相談

    転職の悩み

    転職すべきか悩んだ時は有料のキャリア相談を使うのもアリ!