Warning: Declaration of W3TC\DbCache_Wpdb::prepare($query, $args) should be compatible with wpdb::prepare($query, ...$args) in /home/atxsv77/tenshoku-mind.com/public_html/wp-content/plugins/w3-total-cache/DbCache_Wpdb.php on line 8
転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!

最初

転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!

転職活動を始めると、多くの人が最初に頭を悩ます問題があります。

転職活動って何から始めれば良いの?
転職活動の最初にやっておくべきことは?

ここは先に答えを提示させていただきます。

自身の市場価値を知り、内定を獲得できる体制を迅速に整える!

これが転職活動の最初にやるべき極めて重要なことになります。何故これが重要なのかと言うと、これをやらずに転職活動に臨むと「応募しても不採用が続き内定を獲得できない(望みの会社に転職できない)」「不採用が続くので転職活動が長期化する」という事態を招いてしまうからです。

自分が魅力的に感じた会社に入社したいですよね?
可能な限り早く転職活動を終わらせたいですよね?

これに「YES」と回答するならば、「自身の市場価値を知り、内定を獲得できる体制を迅速に整える!」が最初にやるべきことになります。これを行動単位に落とし込むと、以下の3点となります。

  1. 転職市場での価値を知る
  2. 適切なアピールが施された応募書類を完成させる
  3. 面接対策を万全にする

ここではこの3つの重要性をお伝えすると共に、それを実現する方法をご紹介します。

 

 

1.転職市場での価値を知る

今の段階では「?」かもしれませんが、続きを読んでその重要性を知って欲しいと思います。

まず、転職する個々人にはその人が持つ「キャパ」があります。

<個々人が持つキャパ>

  • 今までどんな業界でどんな仕事をしてきたのか ~ 経験
  • その仕事でどんな業績を上げてきたのか ~ 実績(成果)
  • その業績をどんな方法で作り出したのか ~ 能力(スキル)

これら企業が注目するポイントを総じて「キャパ」とさせていただきます。

当たり前のことなんですが、転職では自分のキャパ以上を求める会社から内定は取れません。企業が求めているものを満たしておらず、更にそれを持つ強力なライバルに勝てないからです。

つまり、転職であなたに内定をくれる会社というのは、「あなたのキャパでOKとしてくれる会社」または「求めている基準があなたのキャパよりも低い会社」ということになります。

転職市場はシビアであり、これが現実です。

でも、自分の市場価値を把握していない人は、「どんな会社でも上手くやれば採用されるだろう」と勘違いし、自分のキャパ以上の会社、ライバルが超強力な会社、競争率が高い人気・有名会社に応募を続けます。要は、高望みを繰り返すということ。

結果、不採用が続き、活動が長期化するのです。

自分の市場価値をしっかりと把握しておかないと、転職活動は上手くいきません。自分にどんな価値があり、どんな会社から求められ、どんな会社なら通用するのか! これを把握しておくことは、「企業選び」や「内定獲得」において非常に重要です。

ここに、転職市場での「自分の価値」を知るべき理由があります。

気付き

ここまでは、自分の市場価値を知らないとどうなるのか(負の部分)を見てきましたが、もちろん、知ることでプラスとなる要素(正の部分)もあります。

自分の市場価値を知ることで、新たな可能性を見出すことができる!

あなたが持つ経験・スキル、実は多くの企業が求めている素晴らしいものである。あなたが培ってきた経験、それが自分の想像もしていなかった業界・職種でも通用する。市場価値を知れば、こんなプラスの方向に転じることもあるわけです。

こんな発見ができれば転職の可能性は大いに広がりますよね。つまり、自分を低く見積もって「良い会社に転職したいけど、自分のキャパでは厳しいだろうな」と感じてる人であっても、良い方向に評価が覆ることがあるということです。

自分の市場価値を知るということがどういうことか、何となくでも理解いただけたでしょうか。もっと簡単に分かり易く言うと、「自分の実力を知る」ということです。

転職は「自分の実力を知り、勝てるところで勝負する」というのが鉄則です。

2.応募書類を完成させる

これは単に、「書類を一通り完成させておく」という意味ではありません。ここで言う完成とは、「書類選考で勝負できる適切なアピールが施された応募書類を完成させる!」という意味です。

これができていないと「もったいない不採用」というものが誘発されます。

例えば、あなたが素晴らしい「キャパ」を持っていたとしましょう。応募先企業が求める「キャパ」を十分に満たしています。でも、その素晴らしさを応募書類で適切に伝えることができていないとしたらどうでしょう? そう、本当は通用するのに書類選考で弾かれてしまうんです。

これ、非常にもったいないことだと思いませんか?
こんなことを繰り返して望み通りの会社から内定がもらえますか?

だからこそ、転職活動の初期段階で「勝負できる書類」を完成させておくことが重要なんです。

3.面接対策を万全にする

面接に関しては、前述した応募書類と全く同じ理由です。

採用過程で最重要とされる面接で自分を適切にアピールできない。キャパは問題なし、書類もOK、でも実際に会ってみると・・・これも「もったいない不採用」ですよね。

それ故に、転職活動の初期段階で「応募書類」「面接対策」を万全にし、「もったいない不採用を防ぐ体制(内定を採れる体制)」を迅速に整えることが重要なんです。

転職では、「極めて優秀な人でも10社受けて内定が取れるのは3社」と言われています。つまり、転職は不採用となる確率の方が圧倒的に高く、万全の準備で臨んだとしても内定獲得は容易ではないのです。

もし、体制を整えていないとしたら・・・。
ゾッとしませんか?

そう考えると、この重要性を理解いただけるのではないでしょうか。

 

 

現状はこんな状態・・・そこにチャンス有り!

転職活動の最初に行うべき重要事項として3つの行動をお伝えしました。

ここで一つの実状をお伝えします!
それは「この3つの行動をやらない人が圧的的に多い」というものです。

そもそも、知らない。
この重要性を理解していない。
何とかなるだろうと思っている。
知っても、面倒だからやらない。

これが実状です。

これが事実だからこそ、不採用が続く人は何社応募しても同じ結果が続きます。自分が良かれと思って活動しているので、不採用の原因も特定できません。これ、完全に悪循環であり、活動が長期化する原因なんですね。

逆に、この重要性を理解して迅速に行動する人は、速攻で内定を獲得して活動を終えます。大多数の人がやらないことを迅速にやれる人、大多数の人が面倒くさがってやらないことをやれる人。こういう人は転職でもメチャクチャ強いです。

だからこそ、これを読んでいただいているあなたにはやって欲しい!!!

それだけで、多くの転職希望者(ライバル)と差をつけることができます。企業から他の候補者とは違うと一目置かれます。望みの会社から内定を獲得して速攻で活動を終了できます。

実現する方法

今の現状(自分)を知り、内定を獲得できる体制を迅速に整える!

  1. 転職市場での価値を知る
  2. 応募書類を完成させる
  3. 面接対策を万全にする

これを実現する方法をいくつかご紹介します。

1.転職エージェントを利用する
最もおすすめなのが、「転職エージェント」を利用することです。その理由は、3つ全てを一気に解決できる要素を持っているからです。
 
転職エージェントには「非公開求人を紹介してもらえる」という一般的に知れ渡っている価値があるんですが、実はそれを抜きにしてもとてつもない利用価値があります。
 
これに関しては「転職エージェントがもたらす裏の価値」にて更に詳しく解説しています。全てを手にできる要素を兼ね備えたエージェントに少しでも興味がある方は是非参照下さい。
2.転職サイトのオファー(スカウト)機能を利用する
この方法は「転職市場での価値を知る」のに適したものになります。
 
オファー機能は「良い会社からオファーが来ない」などの悪い印象を持っている人が多く、機能を停止している人もいらっしゃいますが、それは本当にもったいないです。
 
価値の低いオファーが存在するのも事実ですが、その逆もまたしかりです。価値の高い(企業の採用本気度が高い)ものを分析することで、エージェントから紹介された求人と同じように市場価値を測れます。
 
これに関しては、オファー機能が最も優れているリクナビNEXTを例に解説しています。
⇒ 「リクナビネクストのオファーの種類と仕組み!意味があるのはどれ?
どんなオファーに価値があるのかを確認してみて下さい。転職サイトが変わっても、オファー(スカウト)の実態は同じです。
3.転職サイトやハローワークが主催するセミナーに参加する
この方法は「応募書類の完成」「面接対策」に適したものになります。
 
昨今は転職サービスが非常に充実しており、無料で有益なセミナーに参加できます。応募書類の作成や面接は多くの転職希望者が頭を抱える部分ですから、頻繁に開催されています。
 
転職市場で働くプロの意見を聞くことで、独力では気付けない発見が必ずありますし、その気付きは全て書類選考の通過確率を上昇させることに繋がります。これを上手く活用して「もったいない不採用を防ぐ体制」を整えましょう。
 
面接に関しては「リクルートエージェント」が提供する「面接力向上セミナー」の評判がGoodです。エージェントの利用と共に検討するのもアリです。

 
この3つを実現することは独力だと非常に難しいです。だからこそ「他人の力(転職のプロの力)」を積極的に利用して欲しいんですね。全て無料ですから、負担も一切ありません。はっきり言って、使わないと損です。

なんか、面倒くさいな・・・。
そんなことしなくても大丈夫だろう・・・。

こう思いましたか?
もう一度お伝えさせて下さい!

大多数の人がやらないことを迅速にやれる人。
大多数の人が面倒くさがってやらないことをやれる人。
こういう人は転職でも強く、速攻で内定を獲得して活動を終了します。

もし、やらない選択をするのならその他大勢と同じです。
転職で苦労することになるかもしれません。

ここで紹介した方法は確かに面倒くだいです。
でも、よ~~く考えて想像して下さい。
不採用が続いて活動が長期化する方が、余計に面倒で精神的にもきつく地獄だと思いませんか?

大変なことは短期間で一気にやって速攻で終わらせる!
この選択が絶対におすすめです。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 転職会議

    心得, 転職の考え方

    転職会議の信憑性を知ってやってはいけないことを防ごう
  2. 幼稚園

    職業

    幼稚園の先生の「休日・有給休暇」の実態に迫る!
  3. マイナビエージェント

    エージェント

    マイナビエージェントで「面談できない」と断られる理由!
  4. 個性

    面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  5. 現職との違い

    面接

    転職面接「現職(前職)との違い」の質問意図と回答例!
  6. クエスチョンマーク

    面接

    志望動機「興味があった(興味を持った)から」を面接で語ると不採用!?
  7. 職歴短い転職不利有利

    転職の考え方, 面接

    職歴が短い転職は不利、長い場合は有利を採用する側から考える
  8. どうなるのか

    転職の現実

    仕事が嫌いで転職するとどうなるのか?どうすれば良いか?