エージェント

転職エージェントがもたらしてくれる3つの裏の価値!

転職を実現する一つの方法として「転職エージェン」の存在があります。

非公開求人を紹介してもらえる!
転職サポートが受けられる!

これも大きな利用メリットではあるんですが、まぁ誰でも知っている部分でもあるかと思います。ここでお伝えしたいのは、その裏に隠れた利用価値なんですね。

  1. 転職市場での自分の価値を知ることができる
  2. 適切なアピールが施された応募書類を作成することができる
  3. 面接で適切なアピールをすることができる

この3つ、何故重要かというと「内定を採れる体制を整える」「もったいない不採用を防ぐ」という効果があり、転職活動に臨むにあたって絶対にやっておくべきことだからです。

詳しくは「転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動」にて解説しています。

この極めて重要なことを一度に実現してくれるのが転職エージェントであり、裏に隠れた利用価値なんです。

転職市場での自分の価値を知ることができる

転職エージェントというのは非常にシビアです。

あなたの希望を考慮した上で「あなたでも内定を獲得できるだろう企業」しか紹介してくれません。これは、転職希望者が内定を獲得し、その会社に入社してもらうことで初めて売上が発生するビジネスモデルだからです。

つまり、転職希望者の価値(経験・スキル・キャリアなど)がもろに紹介される求人に表れるわけです。

あなたの価値が高ければ、より多くの、より良い企業を紹介してもらえます。あなたの価値が低ければ、紹介される求人が少なく、企業の質も低いです。最悪の場合、「紹介できる求人はありません」と利用を断られることすらあります。

それ故に、今の自分の市場価値を知るのに最適なんですね。

  • 今の自分は、どれくらいの企業から求められているのだろう?
  • 今の自分は、どんな企業から求められているのだろう?
  • 今の自分は、どんな企業なら通用する(内定をえられる)のだろう?

これらの疑問を解決できます。
良い意味でも、悪い意味でも、現実を知ることができるんですね。これが転職に臨むにあたって非常に重要なことなんです。

自分の市場価値を知らなければ、どんな企業に応募すれば内定を獲得できるか判断できません。つまり、適切な企業選びができないことになります。自分の市場価値を知らなければ、無謀な挑戦を繰り返すことになります。結果、不採用が連続し、活動が長期化します。

自分の市場価値を知れば、新たな可能性を見出すことができます。結果、転職の可能性が大いに広がることになります。

自分に合った適切な企業を選び、勝てるところで勝負する!

これが転職で早期に内定を獲得するのに不可欠な要素となります。

もしかしたら、厳しい現実を知ることになるかもしれません。そんな時でも、転職時期を先延ばしにして「今の会社で経験・スキルを積み直す選択」をすることもできます。これも、今の自分の市場価値を知るからこそできる選択なんですね。

この裏の価値が「転職エージェント」の利用には存在します。

適切なアピールが施された応募書類を作成することができる

転職エージェントは応募することが決まると、内定を獲得してもらおうと必死にサポートしてくれます。

その一つに、応募書類の添削があります。独力で作成した応募書類に問題がないかを「プロの目」で見てくれるわけです。添削でいくつかの指摘を貰い応募書類に修正を加えた。それはつまり、応募書類のレベルが上がったことを意味します。

これ、たとえエージェント経由で転職先が決まらなかったとしても、今後の活動に活かすことができますよね。書類選考の通過確率を上げてくれるレベルアップなわけです。

応募書類の不備が原因(適切なアピールができていない)で選考で弾かれる人が実に多い!

これが採用過程の実状なんですね。
本当は企業が求める価値を持っているにも関わらずです。

こんな不採用、もの凄くもったいないと思いませんか?

これを防ぐ為にも、一度プロの目線で添削してもらうことが大切なんですね。基本的に、転職は何度もやるものではないので、皆が転職素人です。

素人ですから、応募書類の何が正解で何が不正解なのかも分からないし、知らないんです。じゃ、その道でずっと働いている「プロの力」を借りた方が得策ですよね。

これが結果的に「内定を採れる体制を整える」「もったいない不採用を防ぐ」に繋がります。

面接で適切なアピールをすることができる

面接に関しても、前述した応募書類と全く同じ理由です。

企業が求める価値を有している。応募書類も魅力的で一度会って話してみたいと思わせることができている。でも、面接で実際にあってみると・・・。

これでは内定を獲得できませんよね。
つまり、これも「もったいない不採用」であり、「内定を採れる体制」が整っていないことになります。

だからこそ、これも「プロの力」を借りればいいんですね。

転職の面接で自己紹介を促されて、仕事と全く関係のないプライベートなことを述べる人もいます。生年月日、血液型、趣味などもろもろです。これを取り入れるのは問題ありませんが、それだけに終始しては駄目ですよね。ここは転職面接の場であり、企業はそんなことが聞きたいわけではありませんから。

でも、転職素人ではこんなことにも気付けないんですね。正解を知らないわけで、自己紹介と言われれば「それ」だから仕方ありません。

こんな勘違いをしている部分がないか?
自分の語る内容は適切なアピールとなっているか?

こんな疑問を「プロの力」を借りて解決すればいいんです。これも結果的に「内定を採れる体制を整える」「もったいない不採用を防ぐ」に繋がります。

まとめ

ここでお伝えしたい「エージェントの裏の価値」とは以上の3つとなります。

どのように感じたでしょうか?

エージェントの利用に関しては、自分の意思で決めて下さい。私は「絶対に使うべきだ!」と言うつもりはありません。現に私は3回転職を経験しましたが、1度しか利用しなかったです。

でも、一つだけ言えるとするならば「使って損はない」ということです。

私も最初は面倒だと感じて腰が重かったですが、利用してみるとこう感じました。「何でもっと早く利用しなかったんだろう・・・」それは、利用して3つの重要なことに気付き、メリットを享受できたからです。

転職活動の初期に利用していれば、もっと楽に活動を進められただろうに…今振り返ると、強くそう思いますね。

ですから、転職活動の初期に「エージェント」を利用することをおすすめしています。また、初めて転職に臨む人にも利用を推進しています。

是非あなたも、この機会にエージェントの利用を検討してみて下さい。結果的にそれが、「内定を採れる体制を整える」「もったいない不採用を防ぐ」ことに繋がり、活動を早期に終えることにも繋がります。

<価値の高いエージェント>
豊富な実績と圧倒的な求人数で選ぶなら「リクルートエージェント」「doda(デューダ)」抜き出る存在です。
 
利用者満足度・親切なサポートで選ぶなら「パソナキャリア」がおすすめです。ただし、市場価値の低い人は利用を断れる可能性が高いです。

 


関連記事


有益な転職サイト