リクナビNEXT

リクナビネクストに登録できない時の4つの対処法

リクナビネクストに登録できない。

その原因として最も多いのが「本登録用のメールが届かない」といった事象です。

基本的に、この種の本登録用メールは自動で返信される為、仮登録を行えばすぐにメールが届きます。
何も問題なければ時間にして1分もかからず、長く見積もっても15分以内には届くのが一般的です。

それでもメールが届かない場合は、以下の可能性が考えられます。

  1. 迷惑メールフォルダに振り分けられている
  2. 受信拒否設定されている
  3. 仮登録した際のメールアドレスに誤りがある
  4. リクルートIDを同アドレスで取得済みである

迷惑メールフォルダに振り分けられている

まず初めに迷惑メールフォルダを確認してみましょう。

基本的にリクナビからのメールは通常フォルダに配信されますが、ご利用のプロバイダやメールサービスの設定によっては迷惑メールフォルダへ自動的に振り分けられる場合があります。

一定時間経過しても届いていない場合は確認して下さい。

受信拒否設定されている

迷惑メールフォルダに無ければ、受信拒否・ドメイン指定受信が設定されている可能性もあります。

何らかのメールの受信拒否を設定している場合は、リクナビネクストからの配信アドレスである「center@next.rikunabi.com」を登録して受信可能にしましょう。

仮登録した際のメールアドレスに誤りがある

仮登録の際に入力したメールアドレスが誤っていた可能性もあります。

一文字違っていたなんてことも良くありますから、入力したアドレスに間違いなかったかを確認して下さい。
その後、面倒ですが再度登録処理を行いましょう。

リクルートIDを同アドレスで取得済みである

リクナビネクストを提供する「株式会社リクルートキャリア」は幅広いサービスを提供している為、以前に同アドレスでリクルートIDを取得している可能性も考えられます。

この手のサイトはメールアドレスをキーにデータを管理していることが多く、データベース上に同一アドレスが存在することで弾かれてしまった可能性があります。

リクルートIDの取得がなかったかを思い出してみましょう。
思い出せない、身に覚えのない場合は、新たにメールアドレスを取得して登録をやり直すことが確実です。

 
本登録用のメールが届かない原因としては以上の4パターンが考えられます。

解決できない場合は、新たにメールアドレスを取得して登録をやり直すことが最も確実な方法です。
「メールアドレスを変えてみたら登録できた」なんてことが多いですからね。
転職専用のメールアドレスだと考え、新たに取得して登録をやり直しましょう。

フリーのメールアドレス取得は「Yahoo!メール」「Gmail」がおすすめです。
 
既に同会社のアドレスをお持ちでも、「Yahoo!メール」であれば複数のアカウントを持つことが可能です。「Gmail」も複数アカウントを持つことは可能ですが、Googleがそれをあまり推奨していませんから、Yahoo!メールが無難な選択でしょう。
 
再登録 ⇒ 「リクナビNEXT」公式サイトへ

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  2. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  3. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  4. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  5. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  6. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  7. 壊す

    2016.07.15 | 転職の現実, 転職の考え方

    転職に対する良いイメージをぶち壊す!それが後悔しない為の秘訣!
  8. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!