応募状況

転職面接で「他社の応募(選考)状況」を聞かれる理由と回答例

転職の面接では「他社の応募(選考)状況」について問われることがあります。

  • 他社にも応募されていますか?
  • 他社の応募状況と選考の進み具合を教えていただけますか?

これらの質問を通してあなたの活動状況が問われるわけですが、なぜ採用側は「自社の選考とは直接関係のない他社の応募(選考)状況」を聞いてくるのでしょうか。

応募者からすると疑問を持たざるを得ない質問ですが、この質問にも「明確な意図」があります。そのため、適切な回答を示す上で、質問意図の把握は必要不可欠です。

ここでは、企業の質問意図、NG・OK回答例を交えて詳しく解説しています。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

企業はこの質問を通して何を探ろうとしているのでしょうか。適切な回答を準備する為、まずは、企業の質問意図を把握しましょう。

  1. 自社に対する入社意欲の高低を探っている
  2. あなたに対する他社の評価を探っている
  3. 応募企業に一貫性があるのかを探っている

それぞれを詳しく見ていきましょう!

<質問意図1>
他社の応募状況を確認し「自社に対する入社意欲の高低」を探る意図があります。
 
企業というのは「自社に対する入社意欲が高い人」を採用したいと考えているので、「優先順位が低い」「入社意欲が低い」と連想させる恐れのある回答は避けなければなりません。
<質問意図2>
選考の進捗状況から「あなたに対する他社の評価」を探る意図もあります。
 
例えば、選考の進捗状況を「現在、御社の他にも2社応募しており、1社で最終面接が確定、もう1社は二次面接の結果待ちです」と回答したとしたら、採用側はどのように感じるでしょうか?
 
恐らく、「この応募者は他社でもある程度の評価を得ている人物なんだ」と感じるはずです。仮に、その企業でもあなたに対する評価が上々であれば、「この人に対する評価に間違いはない!」と後押ししてくれることになるわけです。つまり、この場合はあなたの選考に大きなプラスとなります。
 
逆に、「他社の選考は落ち続けている」「御社しか受けていない」と回答すると、プラス要素は一切ありません。
 
つまり、この質問は「私は他社でもある程度の評価を得ている人間なんですよ」を連想させる方が圧倒的に得であり、仮にその事実がなくてもこの方向で答えるべきだと言えます。
<質問意図3>
他社の応募状況から「応募企業に一貫性があるのか」も探っています。
 
応募企業に一貫性がないと、これまでに語ってきた志望動機や転職理由の信憑性を疑われ、「結局はどんな会社(業界・業種)でも良いんだ」と思われる可能性があります。そのため、多種多様な業界・業種に応募している場合は、ありのままを語らない方が良いでしょう。

この3つの意図を意識した回答を準備することが大切です。

 

NG回答例

実際の面接の場でよくあるNG回答例をいくつかご紹介しておきます。

  1. 「第一志望の会社も御社と同様に一次選考まで進んでいます。」
  2. 優先順位の低さが露呈する回答であり、評価が下がることがあっても、上がることは絶対にありません。自ら第一志望でないことを伝えるのはNGです。

  3. 「御社以外に〇〇業の企業2社、△△業の企業2社に並行して応募しています。」
  4. 応募企業に一貫性がなく「何がしたいのか分からない」「何となく自社を受けているだけなのか」と疑われ、評価を下げる可能性があります。

  5. 「現在10社に応募して選考を進めています。」
  6. 応募数があまりに多いと「手当たり次第に応募している」「どの会社でも良いんだ」とマイナスに捉えられます。数を伝える場合は2、3社に留めておきましょう。

  7. 「今まで同業を中心に15社以上応募してきましたが、全て不採用となっています。」
  8. 他社が不採用にした人とマイナスに捉えられる可能性が高いので、過去の応募状況(結果)まで伝える必要はありません。

  9. 「他の会社には一切応募していません。御社一本に絞って活動しています。」
  10. 勘違いしている人も多いのですが、採用側はこの回答を求めているわけではありません。複数の会社を並行して検討するのは当然のことであり、採用側もそれをよく理解しています。一社しか検討していないことは、「視野が狭い」「転職を安易に考えている」と捉えられる可能性があるので避けるべきです。

 
ここで取り上げたNG例は、たとえ真実であっても語るべきでないものになります。何故なら、あなたにとってマイナスにしかなり得ないからです。

マイナスにしかなり得ないことを自ら語る…これは不採用の可能性を高める行為であり、内定獲得を目指す転職活動においては必要ありません。

OK回答例

どんな回答が適切なのかを見てみましょう。

  1. 「私が希望する〇〇の仕事に携われる企業を中心に何社が応募しています。ただ、御社の△△に最も魅力を感じており、御社を第一志望として活動しています。」
  2. 事実を伝えた上で、第一志望であることを素直に伝える内容です。応募数に関しては「実数」で伝えても構いません。

  3. 「私が希望する〇〇の仕事に携われる企業を中心に何社が応募しています。まだ検討している段階なので、明確な志望順位は定まっていません。ただ、御社は△△△でいらっしゃるので(志望動機で語った内容)、非常に魅力を感じています。」
  4. 明確な優先順位を語らない回答例となります。第一志望でない会社や明確な回答を避けたい場合に使えます。

  5. 「同業種の企業2社に並行して応募しており、1社は最終面接が確定、もう1社は一次面接の結果待ちです。」
  6. 質問内容に対して簡潔に事実を伝える回答となります。続けて回答例1、2のように志望順位の文言を付け加えても構いません。

 
この質問の回答は、「NG回答を避けて事実を語る」というニュアンスで準備しておくのが良いでしょう。

第一志望でなくても「回答例1」のように語っても問題はありませんし、印象アップを図るために「回答例3」を使うのも悪くはありません。最も重要なのは「マイナスにしかなり得ない回答を避ける」ということにあります。

 

 


関連記事


転職サイトランキング