リクナビNEXT

リクナビNEXT

No.1
求人数
更新日 毎週水曜・金曜日
強み 求人数・転職決定者数No.1、限定求人87%、大企業・優良企業・大量募集求人が多い
弱み 登録者数が多く、ライバルが多い

転職者の8割が利用する転職サイトの最大手

リクナビNEXTは多くの転職希望者が利用する最大級の転職サイトです。
登録必須、そう言っても言い過ぎではありません。

ここでは、その理由と共に、特徴・メリット・デメリットをお伝えします。

リクナビNEXTの特徴

転職者の約8割が利用しているリクナビNEXTの特徴について見ていきましょう。

  • 転職決定数No.1
  • 新着・更新求人が毎週1,000件以上
  • 限定求人が87%

まず、特筆すべきが「転職決定数No.1」という数値です。
実際に転職サイトを使っている人の約45%がリクナビNEXTを介して転職を成功させています(参考ページ「転職決定者シェア」)。この理由は下記のメリットで詳しく解説しています。

但し、勘違いしてはいけないのが「リクナビNEXT利用 = 内定を得やすい」ということではないということです。転職サイトの中で求人数と登録者数が最も多いので、転職決定数No.1は当たり前でもあるからです。内定を得やすいのではなく、チャンスが多いということです。

リクナビNEXT転職決定数

次に、「新着・更新求人が毎週1,000件以上」ですが、これも求職者にとって価値のある要素となります。
転職サイトは、継続的に閲覧していると「価値(新鮮味)」が薄れていきます。
結局、その「価値(新鮮味)」を維持できるかどうかは新着求人にかかっているんですね。
つまり、それが最も多いリクナビNEXTは継続的に「価値(新鮮味)」を提供してくれるサイトなんです。

最後に「限定求人87%」についてですが、これがリクナビNEXTを利用すべき最大の理由になります。
求人が100件あれば、その内87件はリクナビNEXTにしか掲載されていない求人です。
つまり、「リクナビNEXTを利用しないと出会えない求人が圧倒的に多い」ということを意味しています。

転職するにあたって「可能な限り多くの求人に目を通すこと」は可能性を広げる意味でも重要な要素です。
それを真に実現してくれる転職サイト、それが「リクナビNEXT」なんですね。

リクナビNEXTを使うメリット

ここで、上記の内容を含めてリクナビのメリットをお伝えします。

  • 優良企業の求人が多い
  • 採用本気度が高い求人が多い
  • 大量募集の求人が多い
  • 自分の価値を知るのに最適な媒体

リクナビNEXTは最も有名な転職サイトです。
それは求職者にとってもそうですが、人材を募集する企業にとっても同じです。

そんなリクナビNEXTですから、求人掲載料金が非常に高額なんですね。
つまり、経営状態が良好で「採用にお金を使える企業」しか掲載できません。
ここに、しっかりと利益を確保できている「大企業」や「優良企業」が多く集まる理由があります。

また、高額な料金を払ってまで採用を実現したいと考えている訳で、企業側の採用本気度が高いこともわかります。更に、利用者が多いことを企業も知っていますから、大量募集を想定している企業の求人も集まります。

つまり、採用人数が比較的多い大企業・優良企業、大量募集を想定している企業、採用本気度が高い企業、これらが集まるが故に、リクナビNEXTは「転職決定者数のシェア45%」を誇るんですね。

気付き

次に、リクナビNEXTはオファー機能が断トツに優れています。
面接確約のプライベートオファー、提携先のエージェントから届くオファーなど、非常に価値のあるオファーが届くんですね。もちろん、価値のないオファーも存在するんですが、そんなものは無視しておけばOKです。

このオファー機能、実は「自分の市場価値」を知るのに非常に役立ちます。

「今の自分が持つ経験・スキルはどれくらい求められているのだろう?」
「どんな企業から需要があるのだろう?」
「どんな企業なら自分は通用するんだろう?」

これらの疑問を解決するのに使えるんですね。

転職市場での価値を知る!
これに関しては「転職活動の初期にやるべき極めて重要な3つの行動」ページで詳しく解説していますが、転職において極めて重要なことなんです。
リクナビNEXTはオファー機能を使ってそれができる、これもメリットなんですね。

当サイトは求人の豊富さ、質に強みを持っており、転職希望者が最も期待する部分をカバーしています。
更に付加価値としてのオファー機能の利用価値が高い。
これが転職希望者の約8割が利用する理由なんですね。
言うなれば「登録しておいて損は無い転職サイト」という評価が妥当となります。

リクナビNEXTのデメリット

メリットの多いリクナビNEXTですが、もちろんデメリットや注意すべき点はあります。
有効利用する為にもきっちりと把握しておきましょう。

  • ライバルが多い
  • 離職率が高い厳しい会社やブラックの求人も存在する

求人数が豊富で「転職決定者数No.1」を誇るサイトですが、利用者数も多いサイトです。
つまり、「内定を争うライバルも多い」ということになります。

あなたが良いと思った企業はその他大勢も良いと感じます。
人気企業の場合は高い倍率となりますから、それ相応の準備や対策が必要なのは言うまでもありません。
手を抜いた活動での内定獲得は困難ですから、万全の準備で臨むことが求められます。

また、デメリットというか注意すべき点もあります。
それは、「大手サイトだからブラックは無いだろう!」と考えてはいけないということです。
転職サイトは掲載料で成り立っていますから、お金さえ払ってくれれば基本的にどんな企業の求人でも掲載します。要求が厳しい会社やブラックと言われるような会社も普通に掲載されています。

つまり、大手サイトの求人であっても「深い企業研究」が必要だということですね。
この事実はしっかりと認識しておきましょう。

有効な対策は、継続的に求人を見続けることです。
そうすることで、「ずっと求人を出している企業」や「以前にも求人を出していた企業」に気付けるようになります。

求人頻度が高い企業、それは即ち「離職率が高い企業」だと推測できます。
つまり、人が辞めるような「何か」を持っている会社なんですね。
「離職率が高い企業 = ブラック企業」は成り立ちませんが、その「何か」が自分に合うのかを見極めることが大切です。

大抵は超実力主義であったり、ノルマや要求が厳しい会社であることが多いですが・・・。
成果を出す人には高額報酬、出せない人にとっては辞めざるを得ない、そんな会社ですね。

要は「徹底した企業研究」をしてから応募しましょうということです。
これはどんな媒体の求人であっても同じですが・・・。

リクナビNEXTの総評

リクナビは求職者・企業の双方からの信頼を勝ち取っている転職サイトの最高峰です。

そこには最高峰であるが故のメリットが多数存在します。
このメリットを享受しない理由はありませんよね。

前述した通り、「登録しておいて損の無いサイト」となりますから、あなたの転職への第一歩として利用することをおすすめします。

転職において可能性を広げる為に「使えるものは何でも積極的に使う」が大切な考え方になります。
あなたの転職を成功に導くためにも「リクナビNEXT」は外せません。

登録は「リクナビNEXT」公式サイトからどうぞ!
あなたがまだリクナビを利用していないのなら、まずはその一歩を踏み出しましょう。
 
こちら「リクナビNEXTの登録方法(画像付)」にて初期登録の手順を詳しく解説しています。
登録内容や方法を参照しながら登録するのにご利用下さい。

 


転職サイトランキング



人気記事

  1. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  2. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  3. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  4. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  5. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  6. 必ず聞かれる質問

    2016.05.28 | 面接

    転職の面接で必ず聞かれる質問10選(対策必須)
  7. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  8. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!