転職面接が「上手くいく人」と「上手くいかない人」の考え方の違い!

転職の実現において避けて通れないのが面接で、「合否の90%は面接で決まる!」なんてことも言われますから、採用過程においてその重要度は揺るぎません。

面接に対して、大抵の人が不安、恐怖心、緊張を持って臨んでいるわけですが、結果は「上手くいく人」と「上手くいかない人」に分かれます。もちろん、面接対策にどれだけ時間を掛けたかにも左右されますが、「面接に対する考え方」や「姿勢」が両者を分けることも多いんですね。

簡単に言うとこうなります。

上手くいく人は、面接が何たるかを理解している!
上手くいかない人は、面接が何たるかを理解していない!

その為、面接対策も変わってくれば、結果も変わってきます。

両者にはどんな違いがあるのでしょうか?
この点を詳しくみていきましょう!

 

両者の考え方の違いを知ろう!

面接が「うまくいく人」と「うまくいかない人」にはどんな違いがあるのでしょうか?
転職を成功に導くために、うまくいく人の考え方を取り入れましょう。

<面接に対する認識が違う>
〇「自分を売り込む場だということを理解している」
✕「相手からの一方的な質問に答える場だと勘違いしている」
<面接対策が違う1>
〇「質問に対して適切な答えを返す為、質問意図の把握と徹底した企業研究を行う」
✕「想定外の質問が飛んで来たらどうしようと考え、あらゆる質問の答えを準備する」
<面接対策が違う2>
〇「どう答えれば自分の強みやアピールポイントが過不足なく伝わるかを考える」
✕「どう答えれば無難かを考え、模範解答を詰め込む」
<面接に臨む姿勢が違う>
〇「企業が求める人物像にマッチする人間であることを伝えることに注視する」
✕「相手からの質問に対して、スムーズに回答することに注視する」
<アピールする視点が違う>
〇「自分の採用メリットを伝え、会社に利益をもたらす人間であることをアピールする」
✕「自分の採用メリットを伝えず、会社が何を与えてくれるのか(給料・福利厚生など)を気にする」
<アピールポイントが違う1>
〇「企業に応じてアピールポイントを変更し、各企業のニーズに沿ったアピールをする」
✕「企業に応じてアピールポイントを変更せず、どんな企業でも同じアピールを続ける」
<アピールポイントが違う2>
〇「過去の経験から、何ができるかをアピールする」
✕「頑張った(資格を取った、勉強している)をアピールする」

 
転職面接が「うまくいく人」と「うまくいかない人」にはこのような違いがあり、「面接に対する理解度の違い」がこの差を生み出しているんですね。

転職面接は簡単に言うと、「求人情報から企業ニーズ(求めている人物像)を読み解き、面接で自分がそのニーズを満たした人物であることをアピールする!」これだけです。結果的に、そのニーズを満たした人の中で「最も高い利益を生み出せる人」が内定を獲得します。

でも、面接が「うまくいかない人」はこれを理解していないことが多い!

だから、質問に対してスムーズに回答すればOKだと勘違いして、何のアピールにもならない無難な回答を続けます。新卒採用時と同じように、「頑張った」をアピールします。会社で実績を上げてこその給料や条件であるにも関わらず、自分の都合の良い条件を「会社が与えてくれるかどうか」に注目します。

これでは上手くいくはずがありません。

まるばつ

あなたが採用側(経営者)だったとしたら、どんな人と一緒に働きたいですか?

「入社意欲が高い人」
「会社の社風とマッチする人」
「会社が求める経験を有している人」
「再現性の高いスキルを有している人」
「即戦力性の高い人」
「会社に大きな利益をもたらしてくれる人」

こんな人ではないでしょうか?

採用側の視点を理解し、面接でマッチした人間であることをアピールしてくる人。
「この人はうちの会社のニーズをしっかりと把握している!分かっているな!」と思いませんか。

逆に、採用側の視点を理解せず、当たり障りのない何のアピールにもならない回答を示す人。必要なアピールの前に、「給料はいくら?」「休みは?」「福利厚生は?」と聞いてくる人。この人「何言ってんだ!?」って思いませんか。

転職の面接は、新卒採用時と違って「商談」に近いものがあります。そして、商談の成立には「私を雇うことで御社にこんな利益がありあすよ!(採用メリット)」を伝えなければいけません。

その内容に採用側が納得して初めて「内定」を獲得できます。

この事実をしっかりと理解しておきましょう。

<GOOD>
面接が上手くいく人は、「この会社はこんな人物を求めているはずだから、今日の面接では絶対に〇〇をアピールしよう!」と考えて面接に臨みます。
面接後は、「今日は、自分が伝えたいことを伝えられた!」ということに満足感を覚えます。
 
<BAD>
面接が上手くいかない人は「今日の面接では何を聞かれるんだろう?もし、想定外の質問が飛んで来たらどうしよう・・・」と考えて面接に臨みます。
面接後は、「今日は想定内の質問だけだったので、全ての質問にスムーズに回答できた!」ということに満足感を覚えます。

はっきり言って、この差はめちゃくちゃ大きいです!
当然、同じ満足感を得たとしても、面接を通過するのは圧倒的に前者です。

面接が上手くいかないな・・・と悩んでいる人は、
上手くいかない人の考え方に侵されていないかを確認してみて下さい。

そして、上手くいく人の考えや姿勢を真似て下さい。
それが、あなたに内定を近づけてくれるはずです。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 写真

    履歴書

    書類選考で送付する履歴書には写真を貼るべきか否か?
  2. ひらめきアイデア

    転職の悩み

    転職先で「馴染めない」「歓迎されない」と感じても気にする必要なし!
  3. 何故

    転職活動

    マッチング度の低い求人に応募してはいけない理由とは?
  4. 転職中小企業出身

    転職活動

    転職における中小企業出身者の強みと弱み
  5. 閃く

    職務経歴書

    派遣から正社員に転職する場合の「職務経歴書」記載ポイント
  6. 要注意

    エージェント

    大量の求人を紹介してくる転職エージェントには要注意!
  7. クエスチョンマーク

    30代の転職, 40代の転職

    30代・40代で「マネジメント経験なし」の適切なアピール方法とは?
  8. プライベート

    面接

    転職面接でのプライベートな質問に「お答えできません」は適切か?