取り組み

転職面接「今、自分なりに取り組んでいることはありますか?」の回答例

転職の面接では、今現在の取り組みについて聞かれることがあります。

今現在、自分なりに励んでいることはありますか?
昔から継続して取り組んでいることはありますか?

企業はこの質問から何を探ろうとしているのでしょうか。
企業側の質問意図、OK・NG回答例を交えて詳しく解説していきます。
 

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

まずは、企業側の質問意図を把握しておきましょう。

<企業の質問意図>
昨日、今日の話ではなく「継続している努力」について聞かせて欲しい。
もちろん、仕事に全く関係のない話を聞きたい訳ではない。

 
企業側は、何をテーマとして掲げ、どう具体的に取り組んでいるかを知りたいと思っています。例えば、英会話だったとして、「何故、英会話に励んでいるのか」という理由をじっくりと聞きたいんですね。

取り組んでいる期間も大切で、「昨日から始めた」と「5年間継続している」ではやっぱり説得力が違います。ですから、単なる思いつきレベルでは訴求力がありません。また、転職面接ですから、仕事に全く結びつかない趣味や娯楽の話も避けるのが無難です。

ただ、ビジネス系の自己啓発活動がない場合も、面接で「ありません」と答えるのは早計です。

例えば、ジョギングや散歩などの健康増進への取り組みは仕事をする上で重要ですし、休日の趣味やスポーツもストレス解消を促し、「次週の仕事に充実した気持ちで臨むため」というように仕事と結びつけることが可能です。
 

NG回答例

実際の面接の場でよくある「NG回答例」について取り挙げておきます。

「スキューバダイビングのライセンスを取得するために勉強しています。」
 
「ゴルフ検定に合格する為、今、必死に練習に励んでいます。」

趣味、スポーツに関して語るのは問題ありませんが、仕事と結びつかない端的な回答はNGです。

OK回答例

この質問には、どんな回答が適切なんでしょうか。
回答例からそのポイントを考えてみましょう。

今、社会保険労務士の資格取得に向けて勉強しています。というもの、私は現在ウェブの求人広告営業に携わっておりますが、今回の応募も含め、この先は人事関連職に就きたいと考えているからです。
しかし、今は全く経験も知識もないために、人事領域に転身するには、まず理論を身に付けるべきだと考え、一昨年から勉強を始めた次第です。

 
この回答例は最もポピュラーな「資格取得」をテーマにしていますが、明確な理由が添えられており、応募職種の業務にも直結する話なので、マイナス評価となる心配はないでしょう。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  2. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  3. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  4. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?
  5. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  6. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  7. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  8. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!