面接1分

面接「1分間で、自己アピールして下さい」の回答例文と質問意図!

転職の面接では、1分、3分といったように時間を限定してアピールを求められることがあります。

  • 1分間でご自身をアピールしてみて下さい!
  • 3分間差し上げますので、好きなようにPRして下さい!

企業はこの要求に対してどんな回答を期待しているのでしょうか? この疑問を解決する為、企業の質問意図、OK・NG例文を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

まずは、企業側の質問意図を把握しておきましょう。

<企業の質問意図>

  • 適切に時間を区切ったプレゼンができるかどうかに注目している
  • 自由な時間を有効に使って新たな魅力を示して欲しい
  • 同じことの繰り返しを聞かされるのはウンザリする

 
まず、時間が指定されているわけですから、長すぎず、短すぎず、適切な時間で話すことが求められます。たとえば、1分と言われているのに、ダラダラと2分以上も話す、逆に30秒で終わってしまう、これではやっぱり面接官の心証はよくありません。

一般的に、1分間で話せる文字数は300字前後とされているので、これを目安に回答を準備しておきましょう。また、実際に時間を計りながら練習し、自分の「話す速度」と「話せる文字数」の関係を把握しておくことも大切です。

次に、せっかく自由に自分をアピールする時間をもらえたわけですから、まだ語っていない「新たな魅力」をアピールしましょう。パーソナリティに関連することでもいいですし、仕事へのこだわりや姿勢、応募企業への熱い思いでもOKです。

内容次第で、低調だった評価を逆転することも可能です。

逆に残念なのは、先に語った自己PRや長所などを繰り返してしまうことです。これでは、面接官は「それは先ほど聞いたよね」という感想しか抱きません。

やはり引き出しがたくさんある人の方が魅力的ですし、「準備してきたことしか語れないのかな?」と応用力を疑われてしまいます。

 


 

回答例文(NG編)

実際の面接でよくある「NG」回答についていくつかご紹介しておきます。

「えっ、1分ですか?(動揺していることが面接官に伝わってしまう)」
 
「少し長くなってしまうと思いますが~」
 
「先ほど話したことの繰り返しになってしまいますが~」

時間が限られているのに、本題に入らずグズグズしているのは時間の無駄ですし、聞き手の気分を害してしまいます。また、指定された時間に収める自信がないからといって、言い訳がましい言葉から入ったり、勝手に時間を変更するのは論外です。

前述の通り、同じことの繰り返しは何のアピールにもなりません。マイナスにしかなり得ない回答なのでこれもNGとなります。

回答例文(OK編)

OK例文から、どんな回答が適切なのか探ってみましょう。

お時間をいただいたので、これまでとは別の視点でアピールさせていただきます。
 
私はこのように華奢な体つきをしておりますが、実は心身ともにタフです。学生時代に運動部でならしていたわけではありませんが、社会人になってからランニングを始め、今ではフルマラソンを完走するまでになりました。
 
また、睡眠時間が短い日であっても、業務に支障をきたさず取り組むことができます。元来、クヨクヨと考え込まない性格なんですが、憂鬱なことがあっても後に引きずりません。この切り替えの早さは、他の人に負けない強みの一つです。
 
〇〇は何かと負荷のかかる仕事かと思いますが、これらの強みを活かして御社に貢献したいと考えております。

 
この回答例では、これまでに伝えていない「新たなPRポイント」を語っているので、面接官も興味を持って聞いてくれるでしょう。また、募集職種に求められるであろう「タフさ」というヒューマンスキルをアピールすることで、高評価を得られる可能性が高いです。

この質問の回答ポイントは2つ!

  1. 新たな魅力をアピールして自身の価値を高める
  2. 応募職種に関連するPRポイントだと尚良し

この点を意識して適切な回答を準備しておきましょう。

 

 


関連記事


有益な転職サイト