答える

面接で聞かれる「仕事で嬉しかったこと・辛かったこと」の適切な答え方!

社会人経験を持つ人物を採用する転職においては、これまでの仕事を通して経験した「嬉しかったこと」や「辛かったこと」を問われることがあります。

  • これまでの仕事を通して嬉しかった経験はありますか?
  • 仕事上で辛かった経験があれば教えて下さい

もちろん、この手の質問にも意図があるので、ただ単純に「〇〇が嬉しかった」「〇〇が辛かった」というだけで話が終わっては何のアピールにもなりません。

ここは、「〇〇の経験は辛かったが、それが大きな教訓となり、その後の◇◇につながっている」というように、経験から何を学び、その後の業務にどう活きているのかまでを語る必要があります。

要するにこの質問は、「求職者が仕事上での経験をどう捉えているのか」「経験をプラスに転換できる人物なのか」「仕事人として成長していける人物なのか」を確認するための質問なんですね。

その意味で非常に重要度の高い質問であることが分かります。

ここでは、「仕事で嬉しかったこと・辛かったこと」に関する質問について、語るべきエピソードの選択方法と伝え方に言及しています。適切な回答を導くための参考にしていただければ幸いです。

 


 

エピソードを選ぶ際のポイント

仕事上での「嬉しかったこと」「辛かったこと」の具体的なエピソードを選ぶ際は、応募するポジションの性格に合わせて選ぶのがポイントです。

たとえば、営業の募集案件であるならば、営業の仕事をして嬉しかったこと・辛かったこと、マネージャーの求人に応募する場合は、マネージャーの立場で経験した過去の仕事で嬉しかったこと・辛かったことを語ります。

また、あまり古い話を選ばず、間近一年(長くても二年)以内の出来事を選ぶことも大切です。「5年前のことなんですが…」という昔話は、同僚と酒を交わしながらするにはいいですが、面接という場では適切ではありません。

更に、この手のエピソードを話す時には、それなりにインパクトのある話を選ぶというのも意識しておきましょう。あまりにインパクトの薄い話だと、「この人は仕事で何も成し遂げていない」「惰性で仕事をしているだけ」などと評価される可能性があるからです。

ベストなシナリオ

前述したエピソード選びのポイントを考慮すると、面接で語るべきベストなシナリオは以下のようなものになります。

  • もう駄目だと誰もが諦めていたことが、苦労や工夫を重ねた結果、成果を出すことに繋がったために非常に嬉しかった
  • もう駄目だと誰もが諦めていたことが、苦労の結果、プロジェクトを立ち上げることができた。しかし、そのプロジェクトは半年で中止となってしまい、これから利益を出せるという矢先のことだったので非常に辛かった

このようなシナリオであれば、嬉しかった経験、もしくは辛かった経験にしても、「諦めずに取り組んだことが、その後の良い教訓となっている」という流れに持っていきやすいです。

あなたも仕事上で類似のエピソードがなかったか、過去を振り返って絞り出してみて下さい。ビジネスには継続性があるため、過去の経験から学べば、失敗であっても「未来への投資」になります。

そして、この「嬉しかった(辛かった)こと」を問う質問は、本人が仕事をどう捉えているのかを確認するための質問です。つまり、どんな経験であったとしても、本人が自己成長のきっかけに出来ていることが分かれば、その人に対する評価は高まります。

これまでの経験を棚卸し、あなた独自の回答を準備して面接に臨みましょう。

 


 


関連記事


有益な転職サイト