入社可能日

転職面接の「入社可能日(時期)」の回答例と質問意図

転職の面接では「入社可能日(時期)」について問われることがあります。

いつごろ入社できますか?
当社とご縁があった場合、いつから働けますか?
入社可能な時期を教えて下さい!

実は、この質問には「言葉通りの意味」と「もう一つ別の意図」が隠されています。その為、採用側の質問意図を把握せずに誤った回答をしてしまうと、それが原因で不採用となってしまうことも!

この点を含め、採用側の質問意図、NG回答例、OK回答例を交えて詳しく解説していきます。

採用側の本音 ~ここが知りたいポイント~

何故、採用側は「入社可能日(時期)」を問うてくるのでしょうか。評価を落とさない適切な回答を準備する為、まずは採用側の質問意図を把握しましょう。

<企業の質問意図>

  • 自社の想定している期間内に入社できるのかを確認するため
  • 自社に入社する意思(転職意思)が本当にあるのかを探るため

まず、言葉通り「いつから働けるのか」を確認する意図があります。採用側は配属予定部署の状況から「いつまでに、何人採用する」とある程度決めていますから、想定期間内に入社可能な人物かを確認したいんですね。

一般的に中途採用者を募る転職においては、内定から1ヶ月半以内の入社を想定しています。採用側は「すぐにでも働けます!」という回答だけを求めているわけではないので、あなたの状況を素直に語れば問題ありません。

ただ、想定よりも先の入社となると、状況によっては「不採用」となることもあります。その為、会社をすぐに辞めることができない場合は別として、「退職後にゆっくりしたいから」などの私的な理由で先延ばしにすることは避けましょう。

なお、離職中の方は「御社のご都合に合わせられます」「いつでも入社可能です」という回答で問題ありません。逆にある程度の期間を設ける場合は「理由」を添えて回答することが大切です。

気付き

次に、この質問には「本当に自社に入社する意思があるのか(本気度、転職意思)」を確認したいという裏の意図も隠されています。特に在職中の方に対してはそれが顕著で、「本当に良い会社から内定を得られた場合にだけ転職する」という人もいますから、転職に対する本気度を探られているんですね。

これが企業側の意図ですから、この質問には「すぐに入社することが無理であるならば、その理由と必要日数を具体的に説明すること」が求めらることになります。

つまり、面接を受けるまでに、今勤めている会社の「退職までに必要な期間」を調べておく必要があるということです。回答で具体的な期間を説明できないと、「本気で転職を考えていないのでは?」と疑われ、評価を下げる危険性があるからです。

 

NG回答例

実際の面接の場でよくある「NG回答」をいくつかご紹介しておきます。

「引き継ぎなどもありますので、今の段階では分かりません。」
 
「他の会社も受けているので、選考状況次第となります。」
 
「退職後、少しゆっくりしたいと考えていますので、3ヶ月先の入社となりそうです。」

いずれの回答も、「入社意欲(本気度)が低い!」「入社意思がない?」という印象を与えかねない答えです。企業は、「いつ入社できるか分からない人」「自己都合であまりにも先の入社となる人」は採用しませんから、これらの回答は避けなければなりません。

この質問に関しては、自ら不必要なことを語らず、おおよそでも入社時期を明言した上で、「なぜ、その時期になるのか」について具体的に説明することが大切です。

OK回答例

OK回答例から、どんな回答が適切なのかを確認しましょう。

1.在職中ですので、1ヶ月半後の入社予定とさせていただきたいと思います。現在担当しているプロジェクトの引継ぎと残務処理に1ヶ月強はかかる見込みだからです。ただ、少しでも早く入社できるよう、仮に内定をいただいたならすぐに上司(会社)に報告し、退職日を決定したいと考えています。
 
2.内定をいただいてから1ヶ月後の入社を考えています。1ヶ月後と申したのは、現職の社員規定を確認したところ、退職の場合は1ヶ月前に届け出るようにとの記載があるのを事前に確認しており、引継ぎにも1ヶ月弱は必要だと判断したからです。ただ、もしこの1ヶ月という期間が御社の想定よりも長いようでしたら、もう少し短期間で退職できないか、現勤務先と交渉してみたいと思います。

2つの回答に共通するのが、入社可能な時期(退職にかかるであろう期間)を明確に示し、その理由を具体的に述べているという点です。ここが、この質問の回答として重要なポイントとなります。

また、例文2では、期間を縮める努力を匂わすことで「入社意欲が高いこと」も同時にアピールできています。この質問の回答として最適なものになりますから、在職中の方や、入社時期が1ヶ月半以上先になってしまう方は、このように付け足しても良いでしょう。

この質問は、「採用側の意図」さえ把握していれば簡単に適切な回答を示せます。
そんな質問で評価を下げるのは勿体ないことなので、ポイントを押さえた回答をしっかりと準備しておきましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  2. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  3. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  4. 妥協

    2017.02.09 | 転職の考え方

    転職には「妥協すべき点」と「妥協してはいけない点」が存在する!
  5. 給料下げる

    2016.08.05 | 初めての転職, 転職の考え方

    給料が下がる転職はなるべく若い内、それも結婚前がベスト!
  6. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  7. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  8. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。