休日出勤

面接質問「緊急的な休日出勤に対応できますか?」のOK・NG回答例

昨今はプライベートを重要視している方や、休日には一切仕事に関わりたくないという人も増えているため、面接で「緊急時の出勤可否」について問われることが増えています。

急な休日出勤に対応できますか?
緊急時に休日出勤の要請が稀に出ますが、対応可能ですか?

企業はこの質問から何を探ろうとしているのでしょうか?
応募者はどんな回答をするのが適切なんでしょうか?

この疑問を解決する為、企業の質問意図、OK・NG例文を交えて解説していきます。

 

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

まずは、企業側の質問意図を把握しましょう。

<企業の質問意図>
印象を良くしようと、勢いだけで「対応可能!」とは言って欲しくない。YESの場合は「対応可能」だとする根拠を、NOの場合は「それなら仕方がない」と思えるような理由を聞かせて欲しい。また、裏の意図として「応募者の仕事との向き合い方」について探っていることも。

この質問は「緊急時」というのがポイントで、日常的な休日出勤の対応可否を聞いているのではありません。あくまでも、何らかの問題が発生し、やむを得ず出勤の必要性が生じた場合の話です。ですから、「休日出勤」という言葉に反応して、「えっ!?この会社は休日出勤があるの?」といった否定的な表情を出さないよう注意して下さい。

あからさまに否定的な表情を出してしまうと、「仕事に対する責任感が薄い」「働くことに対する認識が甘い」「自分本位の性格では」とマイナスに連想される可能性があります。応募者が「仕事というものをどう捉えているのか」を探る意図で問うこともありますから用心して下さい。

応募者にもプライベートや日常生活がありますし、休日出勤なんてのは誰もがしたくはないでしょうから、素直に「対応できます!」とは答えにくいのが本音かと思います。また、やむを得ない事情で対応できない方もいらっしゃるでしょう。この質問は、どちらが正解といったものはなく(もちろん、対応可の方が印象は良いでしょうが)、どう答えるかが重要になります。

仮に「緊急時ということであれば対応します!」という姿勢を取るのであれば、一言で片付けるのではなく、過去の経験や具体的な方法論を交えて「対応可」とする根拠を語る必要があります。

一方、休日出勤は難しいという方向性で話すのならば、「対応できないとする明確な理由」を添える必要があります。趣味や娯楽を理由として挙げる人はいないと思いますが、家庭の事情など、面接官が「その理由なら仕方がない」と納得するレベルの理由です。

回答例文(NG編)

実際の面接でよくある「NG」回答について取り挙げておきます。

「はい、もちろん会社のためなら24時間365日いつでも対応します。」
 
「急に言われても対応できない場合があります。」
 
「えっ!?休日出勤があるんですか?それはどれくらいの頻度で~」

胡散臭い勢いだけの回答、明確な理由のない言い切り、休日出勤に対する拒否的反応、前述した企業の意図を理解していれば、これらの回答がNGだと分かるかと思います。

マイナス評価にしかなり得ない回答ですから注意して下さい。

回答例文(OK編)

例文から、どんな回答が適切なのか探ってみましょう。

置かれた状況にもよりますが、可能な限り対応しようと努めたいと思います。そのような命令が下るということは、業務上で緊急性の高い事案が発生したということでしょうから、他の所要よりも優先すべきだと考えます。
私の今までの経験上、そういった緊急性が求められるケースは事前に想定できると考えます。たとえば、前職でのプロジェクトでは、納入後は様々な不具合が出ることを知っていましたので、その時期に限ってはメンバー全員が臨戦態勢を取るようにしておりました。
実際に緊急的に出勤してその場をしのいだ経験もありますから問題はありません。

 
対応しようとする意気込みや具体的な対策(緊急事案発生の想定)について語ることができており、勢いだけで「対応可能」と回答したのではないことが分かります。また、前職の経験を伝えることで「対応可能」だとする裏付けにもなっています。

この内容であれば、プラスにこそなれど、マイナスになることはありません。面接官も語られた内容を素直に受け取ってくれるはずです。

OK例文を参考に適切な回答を準備しておきましょう!

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. vorkersロゴ

    転職サイト

    Vorkersの信憑性は低い!?転職口コミサイトの真実に迫る!
  2. なぜ?

    転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  3. なぜ

    転職活動

    WEB応募と同時に、履歴書・職務経歴書の送付を求められる理由
  4. 印象UP

    履歴書, 職務経歴書

    転職の応募書類は「添え状」を同封して印象UPを図ろう
  5. 転職面接嘘真実

    面接

    転職の面接で話を”盛る”と誰も幸せになれない!?
  6. サクセス

    転職の考え方

    転職のタイミングは〇年目ではなく、仕事をやり遂げたかどうか!
  7. 時間確保

    面接

    面接で「本日の面接の時間はどう確保しましたか?」の質問意図と回答例
  8. DODA

    エージェント

    DODAが「面談してくれない(面談なし)」たった一つの大きな理由!