重視すること

面接で聞かれる「転職で最も重視することは?」の回答例と質問意図

昨今の面接では「転職において重視すること」を問われることが増えています。

あなたが転職において最も重視することは何ですか?
今回の転職で絶対に譲れないことはありますか?

企業はこの質問で何を見極めようとしているのでしょうか?

質問意図を知らずして安易に自分の本音をさらけ出してしまうと、評価を落としてしまう危険性があります。ここは、企業の質問意図を満たした適切な回答を準備しておきたいですね。

質問意図、NG・OK回答例を交えて詳しく解説していきます。

企業側の本音 ~ここが知りたいポイント~

適切な回答を準備するため、企業側の質問意図を把握しましょう。

<質問意図>
応募者の本音(本当の転職理由)を探る意図で聞いている。やりたい仕事、就きたい職種について理由と共に語って欲しいと考えている。

この質問は面接の後半で聞かれることが多いです。何故なら、あなたの転職についての本音を聞き出す意図が含まれているからです。たとえば、面接前半で最もらしい志望動機を語り、後半のこの質問に「転職で重視することは給料・福利厚生」と語ってしまうと、後で語った「給料・福利厚生」が本音なんだと捉えられてしまうわけです。

このように一貫性のないことを語ってしまうと、前半で語ったことの信憑性を疑われる危険があるんですね。最悪の場合、前半で語ったことは「虚偽」と判断され、それが原因で不採用になってしまうこともあります。

つまり、本音が「給料」や「福利厚生」であったとしても、素直にそれを語るのはNGなんですね。もちろん、「給料」や「福利厚生」が働く上で重要なことは企業側も理解していますが、それらの要素は仕事上の労務義務を果たしてこそ付いてくるもので、「働く前からその権利を振りかざされても困る」というのが企業側の本音です。

ですから、ここは「やりたい仕事に就けるのかどうか」といった仕事のこと、特に「応募企業の応募職種に関すること」を語るのがベストな回答となります。

 

NG回答例

実際の面接でありがちな「NG回答」についていくつか取りあげておきます。

1.同じように働くのなら高い報酬を得たいので、最も重視しているのは給与です。
 
2.適度な休みがあってこそ質の高い仕事ができますから、年間休日の多さが最も重要です。
 
3.転勤できない理由を抱えていますので、希望勤務地で働き続けることができる環境が重要です。

前述した通り、「給料」や「福利厚生」が前面に出過ぎると、権利意識が高くて「働くことは二の次なのでは?」と懸念される可能性があります。これが本音であっても全く問題ありませんが、それを語ることはNGとなります。

また、3つ目の回答例のような仕事以外のことも避けるのが無難です。たとえ転勤できない理由が「親の介護のため」など、誰もが納得できる内容であったとしてもです。何故なら、働く上では全く関係の無いことであり、会社にとってはどうでも良いことだからです。

これらのNG回答は、評価が下がることはあっても、上がることは決してありません。

OK回答例

OK例文から回答のポイントを探りましょう。

私が重要視しているのは、希望職種である商品企画に就けるかどうか、特に新商品開発に携われるかどうかという点です。(それが実現できるのであれば、前職より給与が下がろうが、労働時間が長くなろうが構いません。)
御社では入社後の一定期間、営業職を経験して現場を体験した後に、今後のキャリアを決めるべく希望職種を選べる制度があると伺っております。私は御社の手掛ける〇〇のようなヒット商品を生み出したいという想いがあります。それを実現すべく、前職のような商品を売る側ではなく、商品企画として商品を創り出す側に回りたいと転職を決意した次第です。

重要視している要件をはっきりと伝えた上で、その理由までしっかりと語ることができています。更に、入社後にその職に就くための道筋もアピールもできており、面接官にその想いがしっかりと伝わる内容です。

この質問の回答ポイントは「仕事に関することを語った上で、重要視する理由まで語ること」となります。また、「それを実現できるのであれば、給料が下がっても良い」といった覚悟を付け加えて説得力を高めてもOKです。

面接で問われることの多い質問ですから、ポイントを意識して回答を準備しておきましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. 転職の考え方

    志望動機で「英語を活かしたい」をアピールすると不採用直結!?
  2. DODA

    エージェント

    DODAの面談を無視することで誘発されるデメリットとは?
  3. リクナビNEXT

    転職サイト

    リクナビネクストでの活動が「ばれる」のを防ぐ方法!
  4. ワンツースリー

    転職の考え方

    配属が「不満」で転職を考えている人に考えて欲しい3つのこと!
  5. ポイント

    面接

    転職面接のポイントと心得を知らずして内定は勝ち取れない
  6. 見抜く

    エージェント

    良い転職エージェントの見抜き方!鍵は「時間」にあり!
  7. 転職したいけど何がしたいか分からない

    転職の現実, 転職の考え方

    転職したいけど何がしたいかわからないあなたに伝えたいこと
  8. リクナビNEXT

    転職サイト

    リクナビネクストはニートでも利用できるのか?その真実に迫る!