アピール

転職面接において「実績がない」と感じる人は〇〇をアピールしよう!

転職の面接では、過去の経験・実績が必ず問われます。中途採用においては、「即戦力の確保」を想定している企業が多い為、入社後に結果・成果が出せることを証明しなければなりません。

たとえば、営業職で特筆すべき成績を収め、「〇〇部門において1位」「社長昇」などを獲得した経緯があれば、その成果と共に、ノウハウや再現性を語れば問題ありません。採用担当者もあなたの能力を高く評価してくれるでしょう。

問題なのは、「自身の市場価値を高めるような特筆すべき実績がない!」といった時です。転職希望者の中には、この問題で悩んでいる人が数多くいらっしゃいます。もちろん、採用側も「優秀な人だけが転職に臨んでいるわけでない」ということは分かっています。

ただ、実績を問われた際に、「特に誇るべき実績はありません」と回答したり、沈黙していては一発アウトです。実績がないと感じている人はどうアピールすれば良いのでしょうか? 回答例を参考にそのポイントを探ってみましょう。

 

「実績なし」は取り組みや安定性でフォローする!

面接で語る「誇るべき実績」がなかったとしても、「ありません」と一言で片付けては内定は勝ち取れません。だからといって、虚偽や実績の脚色をしても、結局は突っ込まれて嘘がバレるのがオチです。

ここは、結果が出なかった要因をしっかりと説明し、主体的な取り組みや地味でも継続できた事柄でフォローすることを心掛けて下さい。企業というのはより優秀な人材を求めるものですが、誇るべき実績がなくとも、安定した結果が残せる人も同じように評価します。

抜きんでた実績を持っていないと採用されない…と考えるのは早計です。

 

<具体的な誇るべき実績がない場合の回答例>
 
残念ながら、今まで私は誇れるほどの実績は残せませんでした。
 
ただ、前職ではノルマを大幅にクリアした翌年に達成率が50%未満になるなど、乱高下する仲間も多かったのですが、私はここ5年間ずっと90%台の達成率で推移し、安定した成績を残してきました。この安定した成績が残せたのは、毎月、結果の分析を行い、次月以降にしっかりと対策を立てて臨んだ結果だと考えています。
 
また、少し言い訳がましくなりますが、部下・後輩の営業同行も週1.5日程度と他のベテラン社員と比較しても多く、そこで獲得した契約はそのまま部下・後輩に付けていましたことも、私の数字が伸びない理由としてありました。

 
この回答例を見て、「この求職者はダメだ!即不採用!」となるでしょうか?

恐らくならないはずです。

何故なら、「誇るべき実績はない」と実直に認めた上での回答なので、「正直な人」「自分自身を客観的に把握できている人」との好印象を与えられ、更に、コンスタントに結果を残せる人物であること、部下・後輩の面倒見が良い人物であることが伺えるからです。

企業によっては十分に内定を勝ち得る回答なのが分かります。自身の実績を虚偽で固め、突っ込まれてボロがでる人物よりも何倍も可能性は高いのです。

  • ありません!の一言で終わらない
  • 実績が出せなかった要因を説明し、取り組み・安定性・継続性などでフォローする
  • 大きな実績でなくても堂々と語る
  • 虚偽や誇大表現は厳禁
  • 実績優秀だけが評価基準ではない

これらのポイントを意識して実績を回答すれば、十分に戦えます。「誇るべき実績がないと不採用確実だ」「自分には何も実績がない」「嘘を付かないと絶対に勝てない」などとは思わないことです。

誇るべき実績がなくても、アピールすべきことは絶対にあります!

 


 


関連記事


転職サイトランキング