結婚出産

転職面接「結婚・出産・子供」に関する質問には大人な対応を!

転職の面接においては、結婚・出産・子供といったプライベートにまで質問が及ぶことがあります。特に女性に対してはその傾向が強いですね。

「結婚のご予定はありますか?」
「出産のご予定はありますか?」
「子供はいますか?」

昨今は、男女雇用機会均等法やセクハラに繋がる行為として聞かない企業も増えていますが、企業にとって気になる部分であることは確かです。それ故に、「採用したら長く働いて欲しいと考えているのですが~」と前置きした上で聞いてくることもあります。

結局、この種の質問がなくならないのは「男性は一生働き続ける」「女性は結婚や出産を機に辞める」という認識がまだまだ根強く残っているからです。もっと言うならば、あながち間違っていない事実でもあるからです。

ただ、これらの質問は「働く上で関係のないプライベートなこと」なので、聞かれていい気分になるはずがありません。働く意思を強く持っている女性からすると、「男女差別だっ!」と叫びたくなるのも分かります。

しかし、ここでは大人な対応を心掛けて下さい! というのがお伝えしたいことです。

何故なら、ここは「選考の場」だからです。

大人な対応とは言い難い「負の感情を露わにした回答」や「回答を拒むこと」は、選考が不利になるだけであり、不採用に直結します。内定を目指して面接を受けているわけですから、それだけは避けなければなりません。(こんな質問をしてくる企業には「入社しない」と決めている場合は別ですが・・・)

ここでは、そんな「結婚・出産・子供」に関する質問について、企業側の意図、回答例を交えて詳しく解説していきます。不採用に直結しない「大人な回答」の参考にして下さい。

 

採用側の本音 ~ここが知りたいポイント~

何故、採用側は「結婚・出産・子供」について問うてくるのでしょうか。まずは、企業の質問意図を把握しておきましょう。

  • 長く働く意思があるのかを探るため
  • 入社してすぐに辞めないかを探るため
  • 今後のキャリアプランを探るため

大前提として理解しておくべきことは、「企業というのは採用した人が長く貢献してくれることを望んでいる」ということです。つまり、入社後すぐに辞められたり、一人前に育ててすぐに辞められると大きな痛手なわけです。新たな人材を雇う必要も出てくるので、経費面においても赤字です。

だから、この種の質問で「長期的な貢献が見込める人物かどうか」を見極めているのです!

企業というのは一個人の為に存在するわけではありません。利益なくして存続もありません。だから、社会人として働くあなたなら、この企業意図は理解できるはずです。

また、あなたに対する興味本位で「結婚(出産)の予定」を聞いているのではなく、結婚(出産)した時に「仕事をどうするのか」を聞いているのです。つまり、あなたのキャリアプランを聞いているわけで、この点を理解した回答を示さなければ内定獲得はありません。

 

 

NG回答例

実際の面接の場でよくある「NG回答例」について取り挙げておきます。これらの回答はマイナス評価となりますから、避けるようにしましょう。

「お答えする必要はないかと思いますが・・・」
 
「仕事と何の関係があるのでしょうか?」
 
「近々結婚(出産)の予定があり、そうなった時は退職する予定です。」

一見すると正論とも思える「答える必要はない」「仕事とは関係ないのでは」といった対抗的な回答は、企業の立場を理解していない人物として見なされ、大きく評価を落とす可能性があります。内定獲得を第一に考えるのであれば、避けるべき回答です。

また、バカ正直に「結婚(出産)したら辞めるつもり」などと回答するのもNGです。まず間違いなく不採用です。結婚や男女間に限らず、「すぐに辞める可能性がある人」を採用する企業は存在しません。

 

OK回答例

どんな回答が適切なんでしょうか。回答例からそのポイントを考えてみましょう。

「今のところ予定はございませんが、結婚(出産)しても家事と育児と両立させ、長くキャリアを築きたいと考えております。」
 
「現在、お付き合いしている人がおり、具体的には決まっていませんが、結婚・出産の可能性はあります。ただ、長くキャリアを積んでいきたいと考えていますので、出産したとしても早期に職場復帰を目指します。」
 
*深く突っ込まれた時、または話に説得力を加えたい場合は「付き合っている人から仕事について(長く働いてキャリアを積むことについて)既に理解を得ている」「親からの育児支援を受けられる」などを追加して語りましょう。

ここで重要なのは、「付き合っている人がいる・いない」「結婚する・しない」「結婚(出産)の予定がある・ない」ということではなく、長期的に働く意思があることを示すことにあります。

たとえそれが本心でなくてもです。何故なら、ここは「選考の場」であり、内定獲得が目的であるはずだからです。それ故に、この種の質問には、「企業が求めている回答」を示せばいいのです。質問が気にくわないと抵抗したり、回答を拒むことは得策ではありません。

少しこずるいことを言うならば、求職者側は会社に入ってしまえば勝ちです。

仮に、結婚・出産・子供のことで辞める必要が生じたならば、長短に関係なく退職すれば良いんです。それはプライベートなことであり、会社がどうこう言える問題ではありません。人生、予定が変わることはいくらでもあります。

また、面接の場において、「プライベート」かつ「働く上で関係のない質問」をされているわけですから、あなたもそんな対応で問題ありません。

この質問に対しては、ムキにならず、内定獲得だけを目指して「大人な回答」を心掛けましょう!

 

 


関連記事


転職サイトランキング