女性の転職

面接で「夫(旦那)」の職業を聞かれる理由【なぜ?を解決しよう】

判断

既婚女性が転職やアルバイト(パート)の面接に赴くと、夫(旦那)の職業を問われることがあります。

女性からすると「なぜ?」と疑問を感じざるを得えませんよね。

仕事と関連のないことに関しては、厚生労働省も「就職差別」に該当する可能性から、企業に配慮を求めています。

その結果、一昔前と比較するとプライベートに踏み込んだ質問は減りましたが、現実にはこうした事例はまだまだ残っています。

ここでは、「その行為は問題だ!」などの議論は一旦横に置いて、企業が面接で「旦那さん」について聞く理由を考えてみたいと思います。

  1. 職業(業界・職種)
  2. 年収
  3. 年齢
  4. その他

面接で聞く以上は必ず「意図」があるはずなので、この点を深く探っていこうと思います。

私的な理由で質問している「変態面接官」がいないとも限りませんが、ここでは、そうした人間がいないことを前提に、この問題について言及していきます。

※旦那さん関連で問われるのは①が主で、②~④はレアケースとの認識でOKです!

 

 

1.職業(業界・職種)

職業(業界・職種)を問う最大の理由は、ご主人が「同業他社(ライバル企業)」に勤めていないかを確認するためです。

正社員・アルバイトを問わず、働き始めると会社独自の「技術」や「ノウハウ」に触れることになります。これらの機密事項は「同業他社」に知られるわけにはいきません。

要するに、企業は「同業他社への情報漏洩」を懸念しているんですね。

「そんなことしないよ!」

こんな声が聞こえてきそうですが、実際に近親者に同業他社で働いてもらい、情報を取得する例はいくらでも存在します。

残念なことですが、世の中にはこうした汚い連中がいくらでもいるんですね。

だから、リスクを排除するために「夫の職業」を問うんです。

実は普通のこと!

例えば、正社員として勤務していた会社を退職する際、誓約書にて「同業他社に情報を渡さない」or「同業他社には〇年間就職しない」などを誓わされるのは普通のことです。

情報漏洩リスクの排除が最大の目的ですが、以下のような意図も推測されます。

  • 転勤の可能性を探っている(転勤が多い職業の場合、短期で退職することが考えられるため)
  • 企業の希望通り働けるか探っている(基本、旦那とは休日を合わすでしょうから、いつ休みを取るのか推測している)

この2点はあくまでも可能性ですが、無きにしも非ずです。

いずれにしても、聞かれる側としては気分は良くないでしょうが、「夫の職業」に関しては許容範囲と言えるのではないでしょうか。

ゆえに、ここはあまり深く考えず、「〇〇業に従事しています」くらいは答えても良いのかと思います。

ネット上には、「会社名までしつこく聞かれる」といった情報も散見されますが、それは同業だった可能性がありますね。

この点に関しては難しいところですが、「会社名まで言う必要はない」というのが私の見解です。

 

2.年収

年収に関しては、以下の推測に利用するのが目的だと考えられます。

  • 就業意欲や本気度の見極め
  • 扶養の範囲内での就業かどうか
  • 継続性の見極め

例えば、次のような感じです。

夫の年収が高い

いつ辞めてもお金に困らないので、不都合や不満があると辞める可能性が高い。就業意欲にも疑問。扶養範囲内での就業である可能性が高く、勤務時間が制限される。

夫の年収が低い

お金が必要なので簡単に辞めない。就業意欲が高い。扶養の範囲を超えて働いてくれる可能性がある。

はっきり言って完全なる「偏見」なんですが、こうした推測に利用されている可能性があります。

正社員を志す女性が、面接で「結婚観」や「子供関連」の質問をされて、「長期的貢献の意思」や「短期離職の可能性」を探られるのと同じですね。

 

 

3.年齢

あなたの夫の年齢から、以下のことを探っている可能性があります。

  • 安定性や定着性
  • 継続性の見極め

例えば、夫婦ともども若ければ、大きな変化が起きる可能性も高いので、その点から「定着性」が懸念される。

子供が生まれる(出産)可能性もあるので、短期離職もあり得る...。

そんな感じです。

まぁ、これも偏見ですね。

 

4.その他

その他の要素については限りなく可能性は低いですが、過去の事例をいくつかご紹介しておきます。

  • 持ち家の有無 ⇒ 定着性が探られている?
  • 夫の会社の連絡先 ⇒ 意図不明(答える必要はない)
  • 夫の連絡先 ⇒ 意図不明(答える必要はない)

質問意図が全く理解できないこと、あまりにも理不尽だと思うことに関しては、答える必要はありません。

緊急連絡先などは入社書類に記載するものであって、面接時点で聞くのは常識を逸していますからね。

 

面接で「夫(旦那)」のことをどこまで答えるかはあなた次第!

夫(旦那)のことを含め、面接での質問にどう対処するかはあなた次第です。

  • プライベートなことを聞く企業では働かない
  • 自分自身で許容範囲を定め、範囲内の質問のみ答える
  • 内定獲得重視で全ての質問にやんわりとでも答える

ただ一つ言えるのは、面接の質問には意図があるので、質問を突っぱねるとやっぱり不採用の確率は高まります。

そのため、あなたが許せるギリギリまで許容範囲を広げ、冷静に質問に回答することが、内定を得る上では得策ではないでしょうか。

許容範囲を決めるのが難しい場合は、この件を旦那さんに相談してみるのも一つです!

夫婦の考えを擦り合わせておけば、面接にも安心して臨めますからね。

一つ私の意見を言わせてもらうと、唯一正当な理由がある「職業」だけは許容範囲に入れても良いのではと思います。