有利な年齢

転職に有利な年齢は25~28歳!その理由とその他の年齢の現実

転職を実現するにあたり、「年齢」は無視できない要素です。

とりわけ「転職市場における自身の年齢の需要」については気になりますよね。需要が多ければ選択肢や可能性が広がることを意味するわけで、転職の成功と失敗を分ける重要な要素とも言えます。

そこで、ここでは「年齢」から転職の有利・不利について考えていきたいと思います。

転職に最も有利な年齢

転職市場で最も有利なのは、社会人を3~5年経験した25~28歳です!

転職では即戦力性が重要視されるので、「より多くの経験を積んだ人の方が有利では?」と思われがちですが、実はそうでもありません。その理由は、社会人経験が長くなるほどに「染まってしまう」からです。

同じ会社で働くうちに、誰もがその企業文化や仕事のやり方に自然と染まっていきます。そして、染まり過ぎた人というのは、「新しい職場環境に馴染みにくい人材」と捉えられ、企業から敬遠されるんですね。

ここに、第二新卒(新卒で就職して3年前後・年齢は25歳前後)に対するニーズが高い理由があります。第二新卒は「染まりが薄く、自社のやり方や社風に馴染みやすい」かつ「社会人としての基礎はできている」と見なされているわけです。

また、第二新卒よりも更に経験を積んだ社会人経験4、5年(年齢的には27,28歳)の人材は、「完璧には染まりきっておらず順応可能」かつ「社会人として十分な経験やスキルも身に付けており、即戦力としても期待できる」と見なされています。

これが、転職市場で最も需要が高く有利な理由です。

転職活動を始めている人なら分かるかと思いますが、採用条件で「社会人を3~5年経験した25~28歳」が外れていることはないですよね。つまり、それだけ需要が高く求められている年齢なんです。

 


 

25歳未満の年齢について

新卒で就職して2年未満で辞めたケースについてお伝えします。転職市場で「第二新卒(新卒で就職して3年前後)」と言われる属性に満たない人材ですね。

この年齢は「染まり」については全く問題ありませんが、「すぐに辞める人」というレッテルを貼られるのであまり宜しくありません。

一般的に、新卒で採用した人材は3年以上働いてくれいないと「赤字」となると言われています。そのため、新卒で入社して短期間で辞めた人というのは、「赤字を出した人」として敬遠されます。

詳しくは「新卒入社した会社をすぐに辞めて転職するのは不利なのか?」を参照して欲しいのですが、その後の転職活動において100%不利になります。

ただ、若いという大きな武器を持っているので、ポテンシャル採用を勝ち取れる要素を持っているのも事実です。

29歳以上の年齢について

29歳以上であっても転職は可能ですが、この年齢になると「即戦力性」が最重要ポイントとなります。

採用過程では、経験・スキル・実績が深く探られ、年齢相応の能力がないと採用されません。ポテンシャルで採用されることはなく、シビアに「どんな経験を持ち、具体的に何ができるのか」「採用することで自社にどれだけの利益をもたらしてくれるのか」が問われます。

ポテンシャルで採用するのならば、企業は「より若い人材」を採用します。その為、若年層では持ちあわせていない「経験・スキル・実績」を持っているかがポイントになります。このポイントを満たしておらず、高年齢の人は厳しい戦いを強いられることになります。

 

最後に

転職における年齢の有利・不利についてお伝えしてきました。

もちろん、年齢が有利だからといって転職が上手くいくとは限りません。逆もしかりで、有利な年齢でなくても十分にチャンスはあります。むしろ、優秀なリーダースキル、マネジメントスキルが備わっていれば、35歳以上であっても多くの企業から引く手あまたの存在となります。

また、転職で何よりも重要なのは「即戦力性」「仕事力(ビジネススキル)」「人間力」であって年齢ではありません。

ただ、年齢という側面だけで考えるのであれば、有利な年齢に属している人は、需要が多いので転職しやすいことは確かです。もしあなたが有利な年齢に該当しているのならば、一生に一度しかないチャンスを活かして転職を成功させて下さい。

 

 


関連記事


有益な転職サイト