心得

転職先で「人間関係」に失敗しない為の4つの行動指針!

転職の人間関係

仕事をする上で人間関係は極めて重要である!

誰もが理解していることだと思います。ぶっちゃけ、自分の望む仕事ができようが、高い給料を貰おうが、人間関係が悪い職場は地獄ですからね。

人間関係は仕事のやり易さに直結する部分ですが、何よりも「心に与える影響が大きい」からこそ重要です。

心の充実なくして、気持ちよく働くことはできません。それだけ重要だからこそ、未知な部分を含む転職の際に悩むのだと思います。

  • 転職したいけど、転職先の人間関係が不安で動けない
  • 人間関係が良好な今の職場を捨てるのは正しいことなのか?
  • 人間関係の改善を目指して転職を考えているが、転職先でも同じ問題を抱えるのでは...

残念ですが、入社前にこの問題を根本的に解決できる方法は存在しません。

人間関係は「入社してみないことには分からない」の代表例のようなものである!

だからと言って、「対処しようがありません」ではつまらないですよね。

そこで、ここでは、良い人間関係を築く上で大切な4つの行動指針をお伝えします。

 

 

謙虚な姿勢で臨む

転職すると年齢や経験に関わらずあなたは「新人」となるので、転職先では全ての人が先輩となります。

転職初期は絶対にこの関係を崩さないことです。

配属先の同僚や上司が年下であっても、全ての人に謙虚な姿勢で接する!

敬語やこちらからの挨拶しかり、謙虚な姿勢で素直に教えを請える人は好感を持たれます。

逆に、社会人としての常識を守れない人は、人間性を疑われ、敬遠される危険性があります。

入社初期に関係を悪化させてしまうと、仕事などあらゆる面に悪影響を及ぼすので、良質な人間関係を築く上でも「謙虚な姿勢」を大切にしましょう。

特に、「過去の職場で部下を率いて働いてきた人」「ある程度の年齢を重ねている人」は注意したいですね。

 

受け入れる心を持つ

転職して会社が変われば、当然、全てが変わります。

  • 仕事の進め方
  • 仕事で使用するツール
  • 事業やプロジェクトの規模
  • 慣習
  • 風土
  • etc...

入社直後は、一旦その会社の全てを、そのまま受け入れましょう!

仕事の範囲や役割も変わるので、想定外の仕事や雑用を任されても、「すぐに貢献できない自分の役割だ」と認識して素直な心でこなすことです。

改善提案や変化は、ある程度仕事を覚え、同僚と関係を構築した後に行うのがベスト!

優れたキャリアを持ちながらも、この種の姿勢で仕事に取り組める人の評価は上々です。

 

 

前の会社と比較しない

前の会社と比較しての発言にも気を付けましょう。

  • 前の会社はこうだった
  • まだこんな古いシステム(やり方)を使ってるんだ
  • 絶対これを使った方がいい

転職先への不満と取れる発言を繰り返すと、壁を作られる原因になります。

前述の内容と同様、まずは受け入れることです。

転職とは、「前の会社の全てを一旦捨てて、新しい会社で再出発すること」を意味する!

これが真なので、前の会社との比較に意味はありません。既存社員からすると「じゃ、なぜ転職したの?」となりますからね。

もちろん、過去の経験を転職先で活かすことは大切です。その点を期待されて採用された可能性もあります。

でも、それでも、決して急ぎ過ぎないことです!

改善提案があれば、それができる環境(立場・期間)が整ってから行いましょう。まずは、周囲が自分を受け入れ、信頼を寄せてもらえるように行動することが大切です。

 

仕事ができる人物を目指す

会社は、仕事を通して成果を出し、その見返りとしてお金を稼ぐ場所です。

ゆえに、「仕事ができない人」というレッテルを貼られると、これもまた「人間関係」を悪化させる原因になります。

  • 冷たくあしらわれる
  • 丁寧に教えてくれない
  • きつく当たられる
  • 期待外れ感を出される

これは人間性の問題ですが、往々にしてよくあることです。

転職者を迎える側というのは、「どんな人なんだろう」と人間性を気にしているのと同時に、「どれくらい仕事ができるのだろう」と仕事力にも注目しています。

そんな中で、以下の状況が見て取れると、「仕事ができない人」というレッテルを貼られます。

  • 仕事を覚えない
  • 主体性がない(指示待ち)
  • 分からないのに質問してこない
  • 仕事が遅い
  • 同じミスを連発する

ゆえに、入社直後は仕事に対して全力で取り組まなければなりません。

仕事においても「ファーストインプレッション」はとてつもなく重要で、入社直後は、新しい環境や人に慣れるだけでも大変な時期ですが、今後のために一層の努力が求められる時期でもあります。

マイナスのレッテルを張られないよう、以下のことを意識して仕事に臨みましょう。

  • 教わったことはその日に復習して身に付ける(帰宅後に復習する)
  • 一度教わった業務には自発的に取り組む(積極性)
  • 不明点は自ら積極的に聞く(早期戦力化を目指す)
  • 全ての業務をスピードを意識して行う

会社は学校ではないので、成果を出さなくてはなりません。その意味で、仕事ができる人と、そうでない人に対する扱いに違いが出るのはある意味当然です。

成果主義の会社はこの傾向が強いですし、プロスポーツの世界なんかも同じですよね。

これが社会の現実なので、自分の仕事の取り組み方に問題がないかを確認しながら働きましょう。

 

 

最後に!

転職先の人間関係に不安を抱いてい場合は、解決できないことを心配をするよりも、この4つの行動指針通りに行動することを誓って下さい。

そうすれば、人間関係は良い方向に進む可能性が高いです。

また、以下の事実もしっかりと認識しておいて下さい。

人間関係は、他者が作るだけでなく、あなたもその要因である!

人間関係が上手くいかない原因を、他者だけの責任にしてはいけないということですね。

逆説的に捉えると、人間関係が悪い会社に(部署)であっても、あなたがそれを変えることも可能だということです。

自信を持った行動で臨めば、人間関係は自然と上手くいきます。

人間関係に関する情報!

人間関係
転職面接「人間関係」の質問意図と回答例

続きを見る

 

20代・若年層向けの特化型エージェント!

第二新卒エージェントneo

第二新卒、既卒、フリーターの転職・就職に特化したエージェント!

一般的なエージェントでは敬遠されがちな「社会的弱者」&「学歴弱者」に強く、親身なサポート(1人あたり平均8時間)を強みにする会社です。

いい就職ドットコム

第二新卒・既卒未就職者・留学帰国者・新卒をメインターゲットとする就職(転職)支援サービスです。

取り扱い求人の「質」にこだわりを持つ会社で、一般的なエージェントとは異なり、事前にある程度の求人の閲覧も可能です。

マイナビジョブ20s

マイナビ唯一の20代専門の転職支援サービスです。

第二新卒・既卒未就職者を中心に、20代の支援に特化しており、この「専門性」にこそ大きな利用価値があります。