喫煙

面接で喫煙(タバコは吸いますか)について聞かれる理由と回答対策!

昨今は、職場内における受動喫煙被害などが話題となり、禁煙・分煙を実施する会社が増えてきました。その影響を受け、面接でも「喫煙(タバコ)」に関して問われることが多くなってきました。

  • あなたは普段タバコを吸いますか?
  • オフィスは禁煙ですが大丈夫ですか?
  • 勤務時間中は禁煙ですが問題ありませんか?
  • 職場内に喫煙場所はありませんが問題ないですか?

面接担当者が知りたいのは、基本的に喫煙習慣の有無と程度です。

応募者がヘビースモーカーであれば、勤務時間中でも喫煙のために頻繁に席を外すなど、業務効率の悪さが懸念されます。ましてや職場に「非喫煙者」が多い場合は、業務中の離席への悪感情のほか、服についたタバコ臭が迷惑など人間関係の問題も起きやすいです。

この懸念事項を確認するための質問なので、喫煙者は社会情勢に配慮した回答が求められます。

喫煙自体に否定的な職場なら、面接での禁煙宣言も一案ですが、それ以外のケースであれば「吸いますが・・・」と素直に伝えるほうが得策です。嘘を付いて入社しても、身近な同僚には絶対にバレますからね。

<質問>
オフィス(勤務中)は禁煙ですが問題ありませんか?
 
<回答モデル>
はい、問題ありません。タバコは吸いますが、前の職場でも勤務中は禁煙だったので、休憩時間や勤務時間外に社外でたしなむ程度でした。
 
自分の周囲にも、タバコ嫌いの家族や、禁煙中の同僚が数多くいましたので、嫌悪感を抱かせないようマナーにも常に気を配っていました。
 

喫煙者の場合は、回答モデルのように「程度が軽いこと(ヘビースモーカーではない)」と「過去の経験を踏まえた上での問題なし」を語るのがベストです。

このレベルの回答を示せれば、「喫煙者は絶対に採用しない!」と決めている企業でもない限り、喫煙行為が問題視されることはないはずです。

 


 

非喫煙者の場合も油断は禁物!

喫煙(タバコ)に関する質問は「喫煙者」に対してのものだと思われがちですが、実はもう一つの側面もあります。それは、たばこを吸わない人の嫌煙意識の度合いを確認するというものです。

実際のところ、中小規模の会社では受動喫煙を防止する対策も、まだ完全とは言えない状況にあります。「オフィス内は禁煙」の会社であっても、パーティションで区切られただけの、喫煙場所から煙やにおいが流れてくるような「不完全分煙」もめずらしくありません。

財政力の問題から「完全な喫煙場所」を新設することに手が回らなかったり、年配の経営陣(従業員)の喫煙率が高いことで、分煙にそこまで力を注いでいない、といったケースが存在するからです。

こうした職場では、逆に「非喫煙者」に対して嫌煙意識の度合いを問うているんですね。

その際、化学物質過敏症であるなどの健康上の理由があれば別ですが、「タバコは大嫌いです」「勤務時間中は全面禁煙にすべきです」など強硬な主張をすると、職場環境に溶け込めないと判断される可能性があります

そのため、非喫煙者の場合は「タバコは吸いません」との一言で片付けるのが無難です。

<喫煙(タバコ)に関する質問の回答ポイント>

  • 喫煙者は禁煙・分煙の流れが加速している社会の実状に配慮した回答を行う
  • 喫煙者の「タバコは吸いません」という嘘はバレるので避ける
  • 非喫煙者の場合は、必要以上に「嫌煙権」を主張しない

このポイントを意識した回答をすれば、あなたの評価が下がることはないはずです。こんな質問で採用可否を決定されるのはバカらいしので、適切な回答を準備して面接に臨みましょう。

 


 


関連記事


有益な転職サイト