閃き

面接回数が「多い」ことは会社と求職者の双方にメリットが!

基本的に、企業・求職者の双方が「採用活動に費やす期間を短くしたい」と考えています。

企業としては、一刻も早く空いたポジションを埋めて戦力化したいと考えていますし、求職者は一日でも早く転職先を決定したいと考えています。そのため、中途採用の現場においては「面接2回」が主流となっています。

それにも関わらず、面接回数を多く設定(3回以上)している企業があります。求職者からすると、「何故そんなに面接する必要があるの?」となる部分ですが、もちろんこれには「意味」があります。

実は、面接回数を多く設定すると、企業・求職者の双方にメリットがあるんですね。「何回も面接に行かなくてはならないなんてデメリットだ」と考えがちですが、そう考えるのは早計です。

詳しく見ていきましょう。

 


 

面接回数が多いと転職リスクを軽減できる!

転職には実に様々なリスクが存在しますが、このリスクを軽減する最大の方法は、事前になるべく多くの情報を得ることです。そして、転職先の情報を事前に入手するベストな方法は、「その会社に所属している社員の話を直接聞くこと」にあります。

つまり、面接回数が多いということは、その会社の社員と話す機会が増えることを意味するので、転職先の実態を知り得る最大のチャンスと言えるのです。

一部の企業では、このメリットに気が付いてあえて面接回数を増やしています。企業としては、自社の社風、長所・短所、考え方をよく理解してもらった上で入社を決断して欲しいと考えています。

会社の実態を理解しないまま入社すると、全く貢献しないまま、早期に退職してしまうことは珍しいことではありません。早期退職は、企業・求職者の双方にとって好ましくないので、面接回数を増やすことでこのリスクを軽減しているのです。

こうした企業の姿勢は、求職者にとって大いに歓迎すべきことです!!

何故なら、面接回数が多く、包み隠さず自社の実態を教えてくれる企業というのは、入社後も転職者が会社に定着してくれるよう「きめ細かくサポートしてくれる可能性が高い」からです。

ライバルが減る

求職者からすると、面接が3回でも多く感じるでしょうし、応募を躊躇いたくなるレベルかと思います。で、実際はどうなのかというと、転職回数が多く設定されていると、応募を取りやめる人がかなりの数に上ります。

つまり、求職者からするとライバルが減ることを意味するわけです。競争相手が勝手に応募を辞退してくれるわけで、これってあきらかにメリットですよね。通常回数の設定だと応募者が増えるので、面接が2回でも3回でも内定獲得への難易度は変わりません。

また、企業としては、「本気度が低い人」「とりあえず応募している人」を弾けるというメリットがあります。

面接回数に対する正しい考え方

求職者の立場で考えると、面接回数が多いというのはやっぱり嬉しくありません。

ただ、「会社のことをより深く知ることでリスクを軽減できる」「ライバルが勝手に脱落していく」というメリットがあるので、プラスに捉えて活動することが大切です。

絶対にやってはいけないのが、「面接回数が多いので面倒だ」「これだけの回数を突破するのは無理だろう」「最終までいって落とされたら時間の無駄になる」などと考え、志望度が高い企業にも関わらず応募を取りやめることです。

この行為は最終的に「後悔」をもたらします。

なお、注意すべきことは、面接回数そのものだけを会社を評価する材料にしてはいけないということです。面接回数は、企業の様々な事情により決定されます。

ここに、「面接が少ない(1回)会社はダメ」「面接が多い会社は良い会社」なんて法則はないので、面接での説明の姿勢、丁寧に採用プロセスを進めているかなど、総合的に評価することが大切です。

<類似情報>
面接の回数に関する類似情報も提供しています。興味のある方は合わせてご覧下さい。
 
⇒「転職の面接が1回で終了・内定!これってブラック?」ページへ

 


 


関連記事


有益な転職サイト