チェックマーク

転職では「実技試験」が抜き打ちで課されることも!【内容と対策】

転職の採用試験として「筆記試験」が実施されるのは一般的ですが、昨今は「採用リスク」を軽減するために「実技試験」を取り入れる企業も増えてきました。

外部業者を利用した試験の場合は事前に通知されることが多いですが、企業が独自に用意しているものである場合は”抜き打ち”となることも少なくありません。

面接だけだと思って会場に行ってみると、実技試験もあるらしい…不意打ちで気付かされていては、普段の力を出し切れません。面接に臨むにあたっては「試験があるもの」という前提で臨むのが賢明です。

筆記試験に関しては、業務に必須の専門知識を問うものでなければ、極端に悪い点数でない限り採否に影響しないと言われています。一方、実技試験は業務に直結するので、選考に大きく影響します

実技試験を課す企業において、この重要度は極めて高いのが実情です。ここは、実技試験の「目的」や「内容」をしっかりと理解して採用過程に臨みたいところです。

 


 

実技試験の実施目的と内容

実技試験には、入社後に力量不足が発覚するといった「採用リスク」を軽減する目的があるのですが、緊急度の高い「即戦力」を欲している企業でも実施されることが多いです。

たとえば、「急な退職で抜けた人員の業務を、入社後に一早く勤めてもらいたい」といったケースです。このケースに該当する場合は、実技試験で高評価を獲得できれば、内定確率は飛躍的に高まります。

そのため、実技試験が課された場合は、マイナスに考えず、大きなチャンスとして捉えて下さい。ここに、第一候補に躍進できる可能性が眠っています。

実技試験の内容に関しては、以下の3つのケースが代表的です。

<企業独自の実技試験の例>
 
PC操作
応募先企業のPCを利用しての試験で、事務系職種で課されることが多いです。伝票からの入力速度、手書きメモからの商用文書作成、データ数値をエクセルなどのソフトを使って図表・グラフにするなど。
 
ロールプレイング
販売・営業・サービス系職種の接客応対、事務系職種の電話対応、またその変形としてのクレーム対応など、背景となる状況やテーマを与えられて、模擬対応を行う試験です。
 
専門技能
パターンメイク、プログラミング、調理、翻訳など、それぞれの職種の「専門技能」を模擬実務で評価する試験です。工夫やセンス、速度を見極めるシンプルな出題が多い。
 

応募職種によってある程度は試験の内容を推測できるので、自身に課せられる可能性があるものは、軽くでもシュミレーションしておくことをお勧めします。

試験のレベルに関しては、応募条件を満たす応募者であればクリアできるレベルです。そのため、採用試験の場において、普段通り落ち着いて取り組めるかどうかがカギとなります。

 


 


関連記事


有益な転職サイト