アニメーター

アニメーターの給料が安い理由と収入を上げる方法!

アニメーターの給料問題(安い・低い)について考えていきましょう。

アニメーターの給料を考える上での前提知識として、アニメーターは大きく「原画マン」と「動画マン」に分かれるということを知っておく必要があります。

<原画マン>
アニメの設計図である絵コンテを元に、要所の原画を描く人
 
<動画マン>
原画マンが描いた原画を清書し、原画と原画の間に挿入する膨大な数の絵を描く人

一般的に、給料が安く、激務と言われるのは「動画マン」を指します。動画マンは、えげつないほどタイトなスケジュールの中で、気の遠くなるような枚数の絵を描く必要があるのですが、驚くほど給料が安いのが実情です。

この理由に迫ってみましょう。

アニメーターの給料が安い理由

アニメーターの低賃金労働が改まらないのは「供給過多」に最大の原因があります。

一般的に、低賃金でかつ激務の業界(仕事)からは人が去っていきます。人材が枯渇するとビジネスが成り立たないので、会社側は給料を上げます。しかし、アニメ制作業界にはそういった動きは見られません。

何故かと言うと、アニメ業界への就職(転職)希望者があまりにも多いからです。(毎年、約1万人もの新人がアニメ業界への門を叩くと言われている。)

実際、低賃金・長時間労働・無休に耐えられず、本当に多くの人がアニメ業界を去っていきます。(新人アニメーターの約6割が1年以内に業界を去っていく) しかし、毎年それ以上の新人が入ってくるので、人材の雇用に困ることがないのです。

要は、需要と供給のバランスが合っておらず、供給過多、つまり雇う側に超有利な状況(給料を上げる必要がなく、離職率が高くても困らない)なんですね。悪い言い方をすると、動画マンとしての新人アニメーターはいくらでも代えが利くということです。

これが、アニメーターの給料が安い大きな理由です。

 


 

アニメーターの給料を上げる方法

アニメーターのうち「動画マン」は主に新人アニメーターが担当しますが、この「動画マン」はアニメ制作会社と「個人事業主」として契約するのが一般的です。つまり、雇用形態から一般的な会社と異なるわけで、ここにも給料が上がらない理由があります。

その際、給料は完全出来高制で、描く絵1枚あたりの単価は200円が相場です。そのため、1ヶ月で500枚描いたとしても月収10万円にしかならず、完全出来高制なので残業代なんて概念もありません。(新人アニメーターの平均月収が10万円と言われる所以)

だから、この「過酷な労働条件」と「低賃金」に嫌気をさして大多数の人が辞めていきます。しかし、ここを乗り切った先、実力が認められ「動画マン ⇒ 原画マン」の出世を果たした人だけに給料アップが待っているのです

原画マンになると、1カットあたり3000円~5000円が相場となります。そのため、月100カット描けば「30万円~50万円」の収入を得ることができます。

ここまで来て初めて生活が安定するので、可能な限り早く「原画マン」になることが、この業界で生き残っていくための近道です。更に出世して「作画監督」にでもなれば、給料アップはもちろんのこと、自分の作りたいアニメをどんどん作っていくことも可能です。

低賃金の動画マン時代を耐え、出世を意識して猛烈に仕事をこなし、実力を認めさせる!

これが、アニメーターの仕事で給料を上げていく唯一の方法です。

 


 

アニメーターの給料と人生

アニメーターは「仕事」であり、仕事をする上で「給料」はとてつもなく重要です。そして、手にした「給料」で人生を設計する(楽しむ)のが仕事をする目的でもあります。

こんな風に考えた時、アニメーターという仕事は「底辺」に位置します。

  • 超激務
  • 長時間労働
  • 超薄給
  • 休日ほぼ無し

これが事実だからこそ、この業界から去っていく人が多いんですね。

だから、生活するのに十分な給料を貰い、しっかりと休日があり、休日には友人との交友や趣味に没頭して人生を楽しみたい…と考えているのならば、アニメーターを仕事にすることは再考すべきです。

何故なら、これを簡単に実現できる仕事ではないので、辞める可能性が「大」だからです。

逆に、この現状を理解した上で、「何としてでもアニメの世界で生きていく!」「絶対に昇進して給料をアップを実現する!」「いずれは自分がアニメを創る!」といった意気込みがある人は、厳しい状況をも打破でき、成功できる可能性が高いです。

あなたはどれだけの覚悟や未来を見据えてアニメの世界に身を置くことを考えていますか?

 


 


関連記事


有益な転職サイト