無視は駄目

転職エージェントからの電話の無視にはデメリットが!

転職エージェントからの電話連絡が煩わしい!

結果、電話を無視したくなる…。
あるでしょう、そういう事も。
事実、面倒くさいことも結構多いですからね。

でも、無視するのはいけません。
これは、電話に限らず各種連絡に関しても同じです。

詳しく見ていきましょう。

 

今後の継続利用に悪影響を与える!

転職エージェントを利用すると、担当者との電話のやり取り、紹介求人への応募是非(応募しない場合は理由を添えるなど)の返信など、何かと接触があります。

その頻度が多くなると面倒なのは事実ですし、煩わしく感じることもあるかと思いますが、該当エージェントを継続利用する意思のある人は絶対に無視してはいけません。何故なら、あなたの優先順位が下がり、今後の支援に影響するからです。

エージェント側の立場で考えてみましょう!

  • 電話連絡したのに返答がなく無視される
  • 求人を紹介したのに無視される
  • 期限を設けて提出を依頼していたものが返ってこない

あなたならこんな求職者を支援したいと思いますか?
絶対に思いませんよね。
 
結局、電話や依頼を無視をすると、「当社を利用する意思がない」「転職する意思がない」「別の媒体で転職先が決ったんだろう」と判断されて優先順位を下げられるんですね。
 
また、社会人としてあるまじき行為(無視)をする人は企業にも紹介できないし、サポートしても時間の無駄だと判断されます。
 
結果、求人紹介の頻度は間違いなく減りますし、いざサポートが必要になっても相手にしてもらえません。

 
これ、今後も継続的なサポートを望む人にとってはあきらかにマイナスですよね。だから、電話や各種依頼は絶対に無視してはいけないんです。

  • 電話を無視してもまた掛かってくるだろう
  • 応募する意思のない求人は無視しても大丈夫だろう
  • 応募しない理由なんて返信しなくても大丈夫だろう

大丈夫ではありません。

無視することは、自ら優先順位を下げる行為です!
無視することは、社会人としてあるまじき行為です!

該当エージェントを利用しないのであれば無視はOKか?

今後、該当エージェントを利用する気がないのなら無視しても構いません!

前述した通り、優先順位が勝手に下がっていきますし、サポート期間もいつか終わりを迎えるので接触は無くなっていくからです。

ただ、暫くは電話連絡が来たり、メールが届いたりするわけで、「あぁ、また来たよ、煩わしいな!」なんてことは感じるはずです。そんな感情にさせられること自体がデメリットであり、その都度煩わしく感じるって最悪ですよね。

だったら、「今後サポートの必要はありません」と伝えて関係をシャットアウトすることです!

これは、あなたの為だけでなく、エージェントの為でもあります。エージェントからすると、利用意志のない人に時間を割くことほど虚しいことはありません。だから、伝えてあげることが親切でもあります。

万一、理由を問われた場合は「別の媒体で転職先が決まりましたので」と伝えればOKです。「無視しているんだから気付けよ!」はやっぱり時間の無駄です。

また、将来的に再転職の必要が生じた時、該当エージェントにデータが残っていることで不利益(利用を断られる)を被る可能性もゼロではありません。未来への保険という意味でも、無視せずに利用の意思がないことを伝えるべきです。

 

転職エージェントの「無視」に対するデメリットは理解いただけたでしょうか。

やっぱり、転職において「社会人としてあるまじき行為」はマイナスになりますし、返答(返信)が無い人を相手にしているほどコンサルタントも暇ではありません。それ故に、継続的なサポートを望むなら「無視」はいけません。

 

 

関連記事

転職サイトランキング