大企業

有名企業への「転職」が難しいとされる3つの理由!

今回の転職を機に「有名企業」への入社を目論んでいる…

経営の安定性、報酬の高さ、福利厚生の充実度など、大手だからこその要素が存在するのは確かで、転職先として検討することは間違っていません。

しかし、有名企業への転職は簡単ではなく、非常に難しい!

この事実をしっかりと認識して活動に臨んで欲しいと思います。ここでは、転職市場の実態を交え、「有名企業への転職は難しい」とされる理由についてお伝えしていきます。

 

転職市場には有名企業の求人が少ない!

実は、転職者の比率(全従業員に対する転職者の割合)というのは企業規模によって大きく異なります。

転職市場定点観測調査(37歳時点における転職者の割合を調査したもの)によると、20~49人の企業規模での転職経験者比率が80%を超えているのに対し、5000人以上では40%を下回り、1万人以上では約30%、2万人以上では約20%と推移しています。

つまり、有名大企業であればあるほど、転職者の比率は少ない!

これは、大企業が新卒一括採用を重視し、中途採用が依然として補完的な位置付けにあることの表れです。また、有名大企業はブランド力があり、報酬も高く、福利厚生も充実しているので、会社に在籍し続けたいという社員の思考が強いことも影響しています。

  • 雇用は新卒一括採用を重視
  • 在籍社員の離職率が低い

有名大企業にはこの傾向が強く根付いており、ある程度の離職を想定して新卒も採用しているので、中途採用で人材を募る必要がなありません。つまり、求人を出す企業が少ないことを意味しており、転職を困難にしている一つの要因となっているのです。

有名大企業は競争倍率高く、キャリア採用重視!

有名企業の求人が少ないとは言っても、優秀な人材は常に求めているわけで、求人がないわけではありません。

しかし、有名大企業が一度求人を出すと、とてつもない数の応募者が集まります。その為、競争倍率は何百倍ともなり、採用を勝ち取るのは至難の業です。ここにも、有名大企業への転職を阻む大きな壁があります。(応募過多を防ぐため、エージェント経由で非公開求人として中途採用者を募っていることが多い)

また、新卒採用でフレッシュな人材を大量に雇用するので、ポテンシャル採用(将来性を考慮した若手の登用)は行わず、中途採用で雇用するのは優秀な人材(キャリア採用)のみといった傾向も強いです。

  • 求人が少ない
  • 倍率が高い
  • キャリア採用重視

この事実を踏まえれば、如何に転職が難しいのか理解いただけるのではないでしょうか。これが、有名大企業への転職の実態です。

有名企業を第一目標に定めつつ、幅広い視野で活動しよう!

転職の難しさを理解しつつ、有名企業を第一志望として活動することに問題はありません。しかし、有名企業だけに固執せず、幅広い視野で活動することをオススメします。

何故かと言うと、一般世間に名前が知れ渡っている有名企業なんてのは、社会全体で見ると1%未満に過ぎないからです。つまり、大手に固執する活動は、その他99%以上の会社を捨てる非常にもったいない行為なんですね。。

有名企業がイコールいい会社なんてことも全くもってないですし、無名でも優良企業はいくらでも存在します。あなた自身の可能性を高める意味でも、幅広い視野を持って企業を検討して欲しいと思います。

 


 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  2. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  3. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  4. なぜ?

    2016.07.30 | 転職の悩み, 転職の考え方

    なぜ、転職では「残業が多いから」という退職理由が通用しないのか?
  5. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  6. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  7. 2016.12.29 | 転職活動

    転職活動に疲れた30代に贈る、その疲れを根本的に解決する活動指針!
  8. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?